おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2019年11月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


南北の壁

  南北の壁
 JIJI.COMには、『「ゴーイースト」 ベルリンの壁崩壊から30年、旧東側へ戻る若者たち』と題して、1989年のベルリンの壁(Berlin Wall)崩壊から何年も、旧ドイツ民主共和国(東ドイツ)の人々はより良い職と機会を求め「ゴーウエスト(西へ行こう)」と唱えていた。だが、壁崩壊から30年を経た今、旧東ドイツ側へ戻り、再出発を目指す人が増えている。

 東側では新たな産業が出現し、多様な職業が選べ、保育も充実している上、住宅も比較的安価だ。若い世代の家族にとって、これらが大きな魅力となっている。とある。

 今は、2019年、壁が崩壊したのは、1989年から30年を経過した訳だ。30年を経過した今、当時とは逆に西から東に向かう人が増えていると言う話だ。逆に言えば、30年も経って、やっと新たな産業が芽生え始めた。そんなに時間が掛かるのかとね。

 韓国の文大統領が、南北統一がしたくて、と言うよりは、反日が高じて、南北で平和経済と称して、合わせた人口が有れば、日本を越えられると考えている。南北統一を目指し、北と南の経済格差が有れば、その統一は出来ると考える。北の核と韓国の経済を合わせた強い朝鮮半島の実現を夢に描く。だが待てよ、文政権は、経済を目指す政権ではなく、イデオロギーの政権では無いか。東西冷戦で分かった事は、イデオロギーでは、国民を豊かにできなかったではないか。

 一方の北朝鮮は、共産主義と言う覇権思想が、他の富や領土を求めて、拡張政策を推し進める機会を伺う。これは、相手が望む方法で無い事から、力ずくでだ。核を背景に力で南を従つわせる。統一後は、共産主義と言う今の体制を維持する。

 統一は、朝鮮半島の人にとって、心の中では、望ましいと思う事かも知れない。問題は、北主導による統一は、豊かな経済を望めず、過酷な労働を強いられたり、場合によっては、その命さえも、党の幹部の気まぐれで失うかも知れない。そんな国の国民にはなりたくは無いと思っているはずだ。それでも統一を望む人が居る事は、自分たちは、共産党の幹部に成れると思っているからだ。事実、彼らの脳みそは、イデオロギーに染まり赤い。

 経済でダメづくめの文大統領に対して、国民の支持率は、40%を超える。これは驚く事だ。文大統領が果たせなくとも、赤化した脳みそを持つ連中が、いくらでも居ると言うことの表れでもある。分かっていない人々、真実から隔離されている人々、うその歴史で反日を教育された人々、いつの日か、朝鮮半島は統一されるかも知れない。この状況が続けば、それが、北主導であろうと、南であろうと、この状況では、大した差は無いかも知れない。

 統一後は、おそらくは、社会主義化した国家の可能性が高い。そうなると、文大統領が夢に見る平和経済が、それなりの効果をもたらすかどうかは、極めて疑わしい。今の北朝鮮の延長かも知れない。発展するとしても、何十年、場合によっては、百年単位かも知れない。

 イデオロギー政権の文政権が終わり、歴史の歪曲を改め、反日などと言う姑息な仮想敵国を設けずとも、経済を中心に据えた政権の元で朝鮮半島が統一されるならば、ベルリンの壁崩壊の歴史に学ぶ事が出来る。それこそ、日本と経済で競う国家になれるのかも知れない。実現しえない夢かもね。
posted by おやじ at 2019/11/11 08:57

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=3128

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog