おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2019年11月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


日中首脳会談

 日中首脳会談
 『<日中首脳会談>見送りへ…11月のASEM』、当然だろう。毎日新聞には、11月5、6日にラオスで開かれるアジア欧州会議(ASEM)首脳会議に合わせた野田佳彦首相と温家宝首相の日中首脳会談が見送られる方向になった。沖縄県・尖閣諸島の国有化で生じた両政府の溝が埋まらず、政治レベルでの対話の糸口はつかめていない。
 玄葉光一郎外相は30日の記者会見で「首脳会談を行うかどうかはタイミングが非常に大事だ。ASEMがそのタイミングなのか、まだよく分からない」と慎重な姿勢を示した。中国外務省の洪磊(こう・らい)副報道局長は29日の会見で「現在のところ予定はない」と述べた。とある。

 中国漁船が、日本の領海を侵犯し、海上保安庁の船に体当たりをして事件では、民主党の対応は、腰抜け、売国対応だった。全共闘で共産革命を夢見た仙石官房長官が、菅総理を支えたが、世界にその腰抜け振りを曝した。あんな間抜けな外交を二度と演じ欲しくない。中国人船長を逮捕するときのビデオは、その時の命により未だに公開されない。

 今度も、領海を侵犯し、ちょっかいを出しているのは、中国側だ。日本から歩む寄る必要はない。そん事よりも、一人っ子政策で、将来の無い中国よりも、人口で中国を抜くインドや、人件費と治安の良いカンボジアや教育もしっかりしているタイへの投資を奨励すべきだ。世界の動向に遅れを取るぞ。それを阻む、チャイナスクールの官僚、政治家の売国的政策に振り回される必要はない。外交も彼らに振り回され、売国外交を展開する必要は全く無い。

 日本側は「会談を求められれば拒まないが、こちらから頭を下げる話でもない」(外務省幹部)と首脳会談の開催に消極的。と官僚は、変化を見せたが、チャイナスクールの田中真紀子を入閣させる野田首相や、玄葉光一郎外相は30日の記者会見で「首脳会談を行うかどうかはタイミングが非常に大事だ。」と中国に気を使い模索する玄葉外相は、未だに、売国外交を展開する気で居るのか。

 「近い内に」と8月8日に発言してからは、野田政権は、いわゆるレームダックとなり、外交では、対等の交渉は難しい。諸外国の党首が変わる中、レイムダックのままで、何時まで、日本を外交に不利益を与える気だ、野田政権は。何回うそを付けば済むのか、野田政権は、早く国民に信を問え。

posted by おやじ at 2012/10/31 07:00

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=716

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog