おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2018年9月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


期限付き違法状態

 期限付き違法
 産経新聞の記事だ。『一票の格差 「0増5減」先行を確認 与党方針に野党が反発』とある。内容は、自民、公明両党は27日、幹事長・国対委員長会談で、衆院選挙制度改革に関し「一票の格差」を2倍未満に収めるため小選挙区定数を「0増5減」する公職選挙法改正案について、選挙制度の抜本改革より先に今国会で成立させる方針を確認した。

 しかし、野党は「弥縫(びほう)策」(江田憲司みんなの党幹事長)と反発、法案が参院で否決される可能性があるなど、国会内の混乱は収まりそうにない。とある。

 時間が限られた中で進めるには、「0増5減」先行は、現実的な選択だろう。それをベースに他の議案もある事だから、優先順位を付けて、議論を進めたらよい。

 単純に数字が均されれば、それで良しと考える。それで取りあえずは良いのではないか。野党の希望で、そこまで真剣に一票の格差を考える時、地方と都会、地域による投票率の差、年齢構成など、どうするのだ。結局は、これらすべてを無視して、単純に数学的平均値で合えばそれで良いのか。主張内容に疑問が生じないか。それでは、結果として、所定の時間内では、解決できそうになくなる。もっとも、野党はそれが狙いかも知れぬが。

 民主党が政権を持っていた時にこの問題を解決せず、選挙を実施した。政権が交代してから、その選挙を問題が解決していないから無効とする判決は、それも可笑しなものだ。

 違憲状態は、民主党時代からで、今回無効とした判断は、「より踏み込んだ判決」とされるが、そもそも法の適用をころころ変えて良い物だろうか。そこにも問題はあるのではないか。どっちを向いても尋常では、ないな。さっさと片付け、違憲状態を解消するのが、先決だ。

posted by おやじ at 2013/03/29 06:36

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=865

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog