おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2019年7月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


TV局の偏向報道

 偏向報道
 橋下氏の記者会見が行われた。時間が長いが、内容を素直に聞けば、理論整然としている。マスコミの大誤報と言うが、ゲストを招いての報道は恣意的偏向報道と言った方が適切だ。今回の記者会見でも、TV局は、事実を伝えるよりも、まさに恣意的偏向報道に徹している。事実を知りたいなら、TVを見ずに、ネットで全容を知る事をお勧めしたい。

 慰安婦問題で一番騒いでいるのは、韓国だ。歴史問題での相違点は、①慰安婦を強制連行して確保したのか、それとも、そんな事はなく、元慰安婦の唯の作り話か。②その後、慰安婦は軍によって処刑されたとする。その数20万人だと言う。20万人と言えば、広島、長崎の惨事に匹敵する。これらいずれに対しても、証拠は何もない。まあ、常識的に考えれば、20万人などと、大嘘であることはバカでも分かる。

 なぜ、慰安婦か。今では考えられないが、当時は管理売春は合法だった。それに当時韓国は、日本だった。日本の軍隊が市民に悪さをしないために、慰安婦制度が有った。民間が高額支払を約束して慰安婦を募集した。日本本土と韓国では、経済格差が7倍程度、それに一般の給与の5倍の賃金と来れば、韓国では、2年働けば、一生食えると思える金を稼げた。当然、募集に対して応募が殺到した。強制連行は、証拠もないが、そもそも必要もない。

 戦後、だいぶ経ってから、朝日新聞のねつ造記事が、発行された。慰安婦問題は、そのねつ造記事に便乗する形で、金をせびる構図で始まる。だから、韓国は、日本人から嫌われるのだ。それよりも、韓国人が犯したライダイハンを反省すべきだ。

 以下、ウィキペディアから抜粋。
 ライダイハンとは、大韓民国(以下、韓国)がベトナム戦争に派兵した韓国人兵士による現地ベトナム人女性に対する強姦などの性的交渉によりもうけられた子供のこと。パリ協定による韓国軍の撤退と、その後の南ベトナム政府の崩壊により取り残され、「敵軍の子」として迫害された。ライはベトナム語で動物を含む「混血雑種」を意味する蔑称で、ダイハンは「大韓」のベトナム語読みであるが、卑語であることから「ライダイハン」という語そのものがベトナムの公式文書に現れる例は少ない。韓国では、ベトナム語からの借用語として取り入れられ、「ライタイハン」のように発音される。

 ベトナムと韓国が1992年に経済交流を再開して後に発生した混血児は「新ライダイハン」と呼ばれる。

 ライダイハンの正確な数は、諸説ありはっきりしない。最大3万人(釜山日報)としているものもある。彼(彼女)らの中には父親の記憶を持たず、朝鮮語を話せず、写真だけが唯一残された思い出という者がいる。 原因については韓国軍兵士による強姦、兵士や民間人が「『妻』と子供を捨てて無責任にも韓国に帰国したこと」とする現地婚、「ベトナム人には美人が多いので、女は皆、慰安婦にさせられた。」とする慰安婦(非管理売春)などと複数のことが言われている。

 ただし、南ベトナム解放民族戦線が放送によって、韓国軍による拷問や虐殺事件、あるいは婦女子への暴行事件が連日報じていたことは事実であり、各地の韓国軍による虐殺、暴行事件の生存者の証言に共通する点としても婦女に対する強姦が挙げられている。

posted by おやじ at 2013/05/28 06:03

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=925

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog