おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2019年11月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


 香港の完全支配
 Newsweekには、『香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っている』と題して、香港の暴力的な衝突は、急速に激しさを増している。それだけでも十分恐ろしいのに、事態はさらに悪化するかもしれない。

 10月末に開かれた中国共産党第19期中央委員会第4回全体会議(4中全会)終了後のコミュニケを読むと、中国の習近平(シー・チンピン)国家主席は香港への支配を強めようとしている。しかしそのために習は、かなりの代償を覚悟する必要がある。とある。

 記事では、つまり中国政府は、1997年に香港が中国に返還されたときに鄧小平が50年間維持すると約束した「一国二制度」モデルを事実上放棄することを決めたのだ。とある。その方法は、具体的には、まだ不明の様だが、中国が、香港の指導層を直接任命し、司法の独立性を排除するというやり方の様だ。香港の人の自由は、無くなり、政治的な問題に対して、反対はできない状態を作り出す。まさに共産党の国家だ。そうした流れに、中国が国際社会から反発を食らい、とりわけアメリカからは、中国への封じ込めが増すだろうと言う事らしい。

 所が、事はそう単純でもなさそうだ。自由民主主義の看板を掲げる日本に日本共産党があるように、企業の経営者の中には、これからは、中国だと逆に向かう者が出てくる。彼らの考え方は、アメリカが中国を締め付ければ、中国は、日本に近づく。今まで何かと不都合な中国の法律も、徐々にだが緩和され、ビジネスがし易くなる。中国に投資を進めるべきだという。

 また。アメリカでも、中国との関係が深い政治家は、反トランプで結束して、中国への締め付けを変えようとしている。むろん、中国はそうした動きを逃さず、クリントンに実体のない中国人が数十億と言う巨額な寄付をしたように、裏金を投じて応援しているのだろう。

 共産主義vs.自由民主主義。一方は、法律に縛られ、愚民と揶揄される国民の理解を前提に事が進む。それに対して、命がけの出世競争でトップに上り詰めた指導者が、その脳みそで、人治国家を動かす。普通に考えれば、民主主義の負けだ。愚民を100人集めても、一人の優秀な頭脳には、かなわない。10,000人集めても、天才と言われるアインシュタインが考えた一般相対性理論を本当の意味で理解できる人は、いないといわれている。

 民主主義が、自由の無い共産主義に勝てる方法があるとすれば、愚民と揶揄される国民が、少し賢くなり、それぞれの英知で考え、多様性という自由で闊達な社会を構築すれば、その活動は一人の天才よりも大きな仕事をなしうることは、分かっている。そこだな。野党が、政治の混乱を目的に、桜を見る会は、怪しからんとプロパガンダを発しても、それ一色に染まることなく、予算員会をないがしろにする野党は、もっとけしからんと国民が言えば、民主主義は保たれる。そこだな。
posted by おやじ at 2019/11/19 09:42
コメント(0)  トラックバック(0)

  情け容赦無用
 JIJI.COMには、『ウイグル人に「情け容赦は無用」、中国政府の内部リークで新事実明らかに 米報道』と題して、中国・新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)の少数民族ウイグル人に対する弾圧の新たな事実が、中国政府関係者が米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)にリークした大量の内部文書によって明らかになった。NYタイムズ(New York Times)が16日付の紙面で報じた文書によれば、習近平(Xi Jinping)国家主席はウイグル人の取り締まりに「情け容赦は無用」とハッパを掛けていた。とある。

 さらに、ウイグル自治区莎車県の責任者だった王勇智(Wang Yongzhi)氏は、収容施設に拘束されていたウイグル人計7000人以上を自らの判断で釈放したが、党の指示に背いたとして2017年から18年に取り調べを受け、処罰対象となった。ともある。

 目を下に向けると、AFP BB NEWSには、『文革50年、語られぬ「人肉宴席」 中国』の見出しが目を引く。政敵を倒すために毛沢東が始めた文革で、1億人が殺されたとされる。暴力による支配を正義とする共産党では、人肉事件くらいは、有り得るだろう。

 これも、記事では、1968年には、中学校の生徒たちが地理の講師を殴り殺した後、遺体を川辺に運び、別の教師に強要して心臓と肝臓を取り出させる事件があった。学校に戻った生徒たちは臓器を焼いて食べたという。人肉宴席の一つでしかない。食べなければ、ウイグル人を釈放した王勇智氏のように、今度は、自分がやられる。それが共産党支配の政治だ。

 記事では、「掘り下げた歴史分析を中国政府が頑として容認しない現状では、何らかの教訓を得たと言うことは不可能だ」と鄭氏はAFPに話した。と括られる。中国は、そんな毛沢東思想を踏襲し、毛沢東の肖像を紙幣に印刷している。中国とは、今なお今日でも、変わらないのが、共産党体制で、ウイグル人に対して、習近平国家主席はウイグル人の取り締まりに「情け容赦は無用」とハッパを掛けていた事が、発覚した。そういったニュースだ。

 そうした恐ろしい共産党政治に憧れてか、日本には、日本共産党と言う政党が存在する。自由な民主主義を否定し、大企業を目の敵にすることから、彼らが目指す共産党は、中国型よりは、もっと恐ろしい北朝鮮型の統治を目指しているようだ。幹部が、言えば、言われた側は、いわれの無い理由で、命さえおぼつかない。幹部に成れれば、共産党も面白そうだが、その数は極めて限られる。まず無理でしょう。それでも、国民の4%位は、そんな政党に投票するというのだから。バカか、共産党の実態を知らない余程のノー天気な国民なのかも知れない。9条が有れば、平和だなんて言っている連中でしょうね。ノー天気と言うより、どちらかと言えば、バカかも知れませんね。

 そんな共産党と手を携えて、国会を空転させるしかやる事がない政党と言えば、立憲民主党だね。幹部には、かつて学生時代に共産革命を夢見て活動していた連中だ。イデオロギーでは、何か、通じるものがあるのでしょう。そんな立憲民主にも、国民の4から5%位は、投票するからね。
posted by おやじ at 2019/11/18 09:36
コメント(0)  トラックバック(0)

  香港の「私了」
 産経新聞には、『香港で「私了」が横行 中国本土留学生ら脱出』と題して、香港政府や中国共産党への抗議活動が続く香港で、反政府デモを批判したり、親中派や中国本土出身者とみなされたりした人物への暴力が相次いでいる。出張中の日本人男性がデモ隊に暴行されたのもこのケースで、深まる香港社会の分断が背景にある。中国人留学生たちも香港を脱出し始めた。

 在香港の日本総領事館などによると、50代の日本人男性が11日、繁華街でデモ隊の写真を撮っていたところ、突然、若者に暴行された。この日本人は短髪で、中国人に間違えられた可能性が高い。デモ参加者は、身元を特定するためデモ隊を撮影する中国の公安関係者らを警戒している。とある。

 記事には、「私了」とは、問題が生じたとき、警察に通報せず自分で解決する」といった意味だ。デモが本格化してからは「私刑」に近い意味で使われている。ともある。

 深刻で、簡単に収まりそうにない様子だ。誰でもが考えることだが、気になるのは、こうした状況に、中国はどう出るのか。共産党は、決してあきらめない。決して、自由な民主主義を認めない。毛沢東の言葉でないが、「政権は、銃口から作られる。」に従えば、共産党にとって、暴力は、単なる手段でしかない。中国の自治区といわれる地域では、実際にそうだった。この状況が収まらなければ、何人であろうと、香港の人を殺すだろう。今しないのは、国際社会が注目しているからに他ならない。それがいつになるのか。

 国際社内の関心が薄れるとき、中国の力による鎮圧が始まるのだろう。その銃口で、香港の騒ぎが収まれば、次はどこだ。いつかは、そうした中国の派遣が、日本にも迫る可能性は、否定できない。沖縄が最初になるのか、立憲民主党の地盤とされる北海道がそうなるのか、或いはまた、「中国核は、暖かい」などと言った日本共産党の手引きで日本全体がそうなって行くのか、ノー天気の日本人には、関心すら無いかも知れない。「報道」などの腕章もつけず、デモ隊を写真撮影する。今の日本人を代表する姿かもしれない。香港の人の切実な訴えすらも、観光旅行のついでの見世物にしか映らない日本人にとって、「備える」などと言う事は、笑いごとと映るかもしれない。
posted by おやじ at 2019/11/15 10:36
コメント(0)  トラックバック(0)

  対日「戦争」
 夕刊フジには、『韓国・文政権、対日「戦争」の準備開始か 国防費、日本の防衛費を上回る 国家の流儀』と題して、韓国の国防費が、日本の防衛費を上回った。そんな衝撃的なデータが公表された。

 河野太郎防衛相が10月28日、自らの公式サイトに、日韓両国の国防費をドル換算で公表したのだ。そのデータによれば、2010年時点では、日本は419億ドル(約4兆5800億円)に対し、韓国は352億ドル(約3兆8477億円)だった。

 ところが、経済不況に苦しんでいるにも関わらず文在寅(ムン・ジェイン)政権は国防費を増やしており、昨年(18年)、日本は494億ドル(約5兆3999億円)に対し、韓国は506億ドル(約5兆5310億円)と、ついに追い抜かれてしまったというのだ。

 しかも、韓国の国防費は、今後も急増する見込みだ。

 河野氏は、《日本の中期防(中期防衛力整備計画)では毎年の当初予算の防衛予算の伸びは1・1%と閣議決定されています。韓国の国防部による「2020-2024国防中期計画」によれば、毎年の伸びは7%ちかくになります》と説明する。とある。

 また、NEWSポストセブンには、『韓国が原潜保有を準備 識者は「日本が狙われる可能性」指摘』と題して、韓国が、攻撃型の原子力潜水艦(原潜)を保有しようとしている──10月10日、韓国の沈勝燮(シム・スンソプ)海軍参謀総長は、海軍に対する国政監査の場で、「北朝鮮および周辺国に対する抑止戦力として原潜の有用性と必要性を認識し、原潜の保有の準備を進めている」と述べた。それまで噂されていた原潜の建造について、公式に認めたのである。

 さらに、韓国紙・朝鮮日報(2019年10月30日付日本語版)は、米ワシントンで開催された専門家討論会で米海軍関係者が〈「米国は韓国が同盟国だとしても(原潜)技術を渡さないだろう」と語った〉ことを伝えている。アメリカは韓国の原潜建造に技術供与しないということだが、記事はこう続いている。ともある。

 記事では、通常潜水艦と原子力潜水艦の違いについて解説し、韓国が、何の目的で攻撃型原潜を建造するのか、それを以下のように述べている。すなわち、「日本との衝突に活用しようと考えている可能性はあります。太平洋に進出して日本の東側から脅威を与えるためには、是非とも長距離巡航ミサイルならびに小型弾道ミサイルを搭載した攻撃原潜が必要になります」と専門家の意見を掲載している。文政権は、そのイデオロギー故に、南北統一を北主導でも構わないと考えており、韓国は、作り上げた原潜に北の核を積み、日本に挑む。目的は、竹島の次、対馬かな。

 真実の歴史まで歪曲して、反日教育を続ける韓国、日本の問題は、そんな韓国と仲良くしろとか、9条があれば、根拠もなく平和だとか、核はとにかくだめだなどのアンチ核などが、日本を悪くする。

 東日本大震災で福島が、原子力事故を起こしたのも、その問題を掘り下げるとアンチ核派がその根っこにあったではないか。福島より震源に近く、福島より高さの高い津波を浴びた女川の原子力発電が無事で、福島がダメだったのは、アンチ核を唱える連中が原因だった。

 東京電力の役員を訴えた彼らは、奇しくもその裁判で、女川と福島の違いを具体的に引き出すことになった。女川は、アンチ核派に秘密裏に安全対策工事を進められたが、目立つ福島は、それができなかった。工事を持ち出せば、核は安全でないから工事が必要なのだろう。そんな工事はさせないと。

 事実、当時の福島知事は、そうした反対派の声を受け、東京電力が進める工事に道路使用許可を与えないなどの処置をとったとされる。これが、マスコミすら、彼らが怖くて、報道しない自由を行使せざるを得ない事実ではないか。

 韓国は、隣国だから仲良くしろとか、なんだそれは。言うべきは、反日を掲げる隣国に注意しろでしょう。彼らの仮想敵国は、日本がどんなに好意を示そうと、彼らの政治の都合でそれは、日本だということを忘れてはならない。
posted by おやじ at 2019/11/14 07:45
コメント(0)  トラックバック(0)

  日本の行政
 Newsweek日本版には、『霞が関が支配する日本の行政、シンクタンクに存在意義はない?』と題して、シンクタンクと言ってもさまざまだ。シンクタンクをめぐる状況は日本、アメリカ、欧州、中国、ロシアでそれぞれ異なり、それに応じて果たす役割も変わってくる。

 日本では政府の諸省庁が、それぞれの担当分野で最大のシンクタンクとなっている。官僚は国家試験で採用され、年功序列の終身雇用(内部の競争は熾烈だが)であり、アメリカのように政治任用で民間と政府の間を出入りすることはほとんどない。

 だから、いくつかある国際関係についての民間シンクタンクは、政治家や官僚、財界、マスコミのOBをトップに頂き、若手は大学などでの安定した職を求めつつ、数年間ここで研鑽に励む──となりやすい。では、日本のシンクタンクの存在意義は薄いのか。とある。

 記事での印象的な一文は、実際の政策というものは、ナタで手術をするようなもので、メスで細かい作業をやっている時間はない。大まかな方向を決めたら、政治家や官僚の仕事のほとんどは既得権益集団の説得、その手段としての予算の獲得、与野党内の根回し、マスコミの抱き込み、少々の出血は致し方ない......となる。かな。

 ここでの辛口ブログでもそうだが、日本は自由民主主義を掲げながら、その実態は、官僚社会主義と揶揄され、国民不在の役人天国だとも揶揄される。中国が社会主義の看板を掲げながら、中身は拝金主義と言えばよいのか、資本主義と言えばよいのか、赤いリンゴに例えられる。外だけ赤く、中は別だという例えだ。その例えに従えば、日本は、皮の部分は白いが、役人が決めた規制ばかりが、はびこり、中身は社会主義と変わらないではないかとなる。それを表すような適当な果物が浮かばないが、例えるなら、おいしく食べられるような果物では、比喩にならないだろう。

 役人が大ナタを振るう。良かれと思うから何回もたくさん振る。規制だらけの日本が出来上がって行くことになる。それを揶揄して官僚社会主義だと言われるが、大ナタのためか、肝心の必要とされる行き届いた規制がころりと抜ける。まさに、これが、日本の行政だ。

 どこの国も似たような所は有るのだろう。だが、それを埋めるのがシンクタンクに期待するとなるのだろう。そう想定できる。所が、現実は、各国もそれぞれの事情があり、どれも問題を抱えているようだ。結局、俗にいう人間関係のパイプ繋がりで大事なことは決まって行くようだ。そこには、民主主義などというシステムとは、かけ離れた政治の世界が、繰り広げられる。記事に書かれた内容に、私が目を引かれたのは、そうした現状に、一脈通じる何かを感じたからだ。

 科学の進歩で、世の中が変わる。そのインパクトは、だれも止めることができない。所がだ、未だにガラ携を手に、連絡は電話でくれと言うおっさんが、パイプの通りを悪くしている。ネットもダメ、メールもダメ、朝日新聞とテレビが情報ソースで、自分が誰よりも正論であると、自負する。こちらとしては、こういうおっさんは、時間が掛かるし、めんどくさいから、近寄りたくはない。でも、そうした人が、まだ多いのではないですか。

 今日は、水曜日。有害ごみの収集日だ。民間委託された業者が、汗をかきながら収集にあたる。みんなが選んだ野党議員は、行政上の役割も持たず、国会を空転させるだけで飯を食う。彼らは、何事にも反対と言う既得権益を武器に、俺を説得して見ろと、鎮座する。役人からすれば、めんどくさいが、無視もできない。パイプに詰まったごみでしかないが、その為に時間も掛ける。規制に無駄な修正も加える。社会主義にあこがれる連中が、野党議員と相場が決まっている日本では、そうした議員に手を焼く官僚が、社会主義化したように見えるのも仕方がないことかも知れない。
posted by おやじ at 2019/11/13 11:12
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog