おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2018年9月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


 大麻入り?!
 JIJI.COMには、『コロンビアのコカ畑面積、最大に=麻薬経済回帰に懸念―国連』と題して、国連薬物犯罪事務所(UNODC)は19日、南米コロンビアで昨年、麻薬コカインの原料となるコカ葉の栽培面積が過去最大の17万1000ヘクタールに達したと発表した。とある。

 地理的に見て、最大の顧客は、アメリカ何だろう。その下には、やはりJIJI.COMで、『米コカ・コーラ、大麻入り飲料参入か=カナダ企業と共同開発へ-報道』と題して、カナダの放送局BNNブルームバーグは17日、米清涼飲料大手コカ・コーラが、大麻成分の入った飲料分野への参入を検討していると伝えた。大麻を生産するカナダ企業オーロラ・カナビスと共同開発に向けて協議しているという。とある。

 アメリカでは、州によっては、州法で大麻を違法薬物に指定していないとか。そんなアメリカを代表する米コカ・コーラが大麻入り飲料参入を検討しているのか。アメリカに日本のしょうゆを持ち込むときに、成分はなにかと大変苦労をした話がテレビになっていた。だが、国の安全保障をアメリカに依存する日本は、米コカ・コーラが大麻入り飲料を持って来ても、アメリカで販売しているのだからと言われれば、そのまま入ってしまうのかも知れないね。

 米コカ・コーラとは、儲けると言う金の為には、そこまでするのかと言う見本のような会社かも知れない。

 昔、アップルが、コカ・コーラから社長を迎えた。スカリーと言ったかな。スカリーは、儲けると言う金の為に、創業者のジョブスを追い出し、経営の実権を握る。だが皮肉な事に、業績は芳しくなく、どうにもこうにもならない状況になった。

 そこで働く他の経営者が、ジョブスに反旗を翻した。スカリーによって追い出された創業者のジョブスを社長に向い入れたのだ。それから、次々とヒット商品が生まれ、今のアップルが出来上がった訳だ。

 何が違うのか。経営哲学かな。儲けると言う金の為に会社を経営するのか、消費者に、「気が付いたか、君が欲しかったものは、これだ」と、気づきを売れる会社を経営するのか、そんな違いがあるように思える。儲けは、良い仕事をした結果に過ぎないと。

 それが、日本に入って来たら、テレビがいくらコマーシャルを流そうと、用心したいね。
posted by おやじ at 2018/09/21 07:15
コメント(0)  トラックバック(0)

 パリの4・2倍
 読売新聞には、『携帯料金、東京が「世界最高」…パリの4・2倍』と題して、総務省は19日、携帯電話の通信サービス料金に関する国際比較(2017年度)を発表した。調査したニューヨークやロンドンなど世界6都市の中で、東京が月額7562円と最も高かった。最も安いパリ(1783円)と比べると4・2倍に達した。

 スマートフォンで国内シェア(市場占有率)1位の企業について、一般的な5ギガ・バイトのデータ容量を使う料金プランを比較した。とある。

 管轄は、総務省。大臣は、野田総務大臣。昨日のブログにも書いたが、同盟国のアメリカに行かず、中国詣でに熱心だ。携帯電話の最先端技術と言えば、5Gと言う通信方式の技術が有る。中国にはそれが無い。アメリカとの知的財産侵害で揉めれば、その5Gの技術をお土産としてぶら下げて、日本の総務大臣の野田氏が中国詣でに出かける。5Gの製品ではなく、5Gの技術を渡す事が、目的だ。

 野田総務大臣は、国民の高負担には興味が無いらしく、動かざる事山の如し。そんな大臣に業を煮やしたか、大臣を飛び越え、菅官房長官、携帯利用料4割減に意欲=「大手は過度な利益」』と題して、菅義偉官房長官は21日、札幌市で講演した事も昔ではない。

 野田氏と言えば、金融庁に対し、野田氏の事務所が違法性を指摘されている会社の関係者を同席させ、同庁の担当者に説明をさせた際の面会記録の開示を求めた事件が有る。無能説も否定できないが、業者との癒着は、想像以上かも知れない。

 文春オンラインには、『「デート商法」業者が野田聖子総務相に“脱法献金” 元暴力団員夫が監査役』と称して、仮想通貨問題に関与した野田氏の夫とGACKT。二人を繋いだのが、ジュエリー会社社長の中野猛氏だ。かつて“デート商法”で業務停止命令を下された中野氏だが、今も若者に高額アクセサリーを販売している。夫の人脈を拒否できない野田氏に浮上した新疑惑。 ともある。

 そう言えば、アマチュア無線の免許を持っているが、そんなアマチュアに税金を掛ける総務省。バカヤローだね。

 野田聖子総務相は、辻本議員と同様、マスコミが絶え間なく話題を提供する人物だ。やれ、首相候補だとか、女性初の首相になるとかならないとか、彼女らが起こす事件の醜態よりも、根拠のない好意的な記事が多い。そこに異様なものを感ずる。まあ、どこぞの国の回し者かと思ってしまうが。本当に、日本にとって、必要な事をしているのかと考えると、理解不能だ。そんな2人をマスコミが絶え間なく担ぐ。そこが、問題なのかも知れない。

 まあ、携帯料金が、海外並みになるなんていう事は、野田氏が総務大臣の間は、有り得ないね。そう思っていた方が、精神衛生上、良いかも知れない。
posted by おやじ at 2018/09/20 06:46
コメント(0)  トラックバック(0)

  対米報復関税
 TBS NEWSには、『中国、600億ドル分の対米報復関税を発表』と題して、 アメリカと中国は2回にわたって互いに関税を上乗せする報復合戦に突入しています。そして今回、アメリカが第3弾となる制裁関税を24日から発動すると発表。中国も18日に報復関税を発表し、応酬はエスカレートしています。

 かつて前例のない2000億ドル分、日本円にして22兆円規模の中国からの輸入品に対して、10%の追加関税を課すと発表したトランプ大統領。対象となる品目には米や豚肉のほか、家電など消費者に身近な製品も含まれています。とある。

 中国の知的財産権侵害を理由に始まった関税だ。それに対して、中国が対米報復関税を発表する。中国は、関税の影響を少なくする目的から、為替操作も行っている。これでは、アメリカは、手を引く理由も機会もない。

 元々、知的財産は物では無いので、盗んだ知的財産を返せば済むと言う話でもない。中国が、すみません、もうしませんと折れれば、事が済む話かも知れないが、共産党国家とは、嘘を付く国家で、それが出来ない国家だ。

 中国がしている事は、引き続き知的財産権を侵害し、為替を操作し、報復関税を行い、同時に、情報操作を本格化するだろう。マスコミを動かし、このままでは、君たちに被害が及ぶと騒がせる。中国の金で動く民主党の議員を擁して、政治的圧力を掛ける。だが、アメリカは、景気も良く、中国への関税で変わる物はなさそうだ。この記事では、それが、今までは、見えないだけと言う解説だ。

 影響は、アメリカより日本の方が大きいかも知れない。日本には、チャイナスクールがいる。ウィキペディアによれば、日本人でありながら、彼らは、日本の国益より中国を優先する。それが、チャイナスクールの定義だ。彼らは、今では、深く政治に関与し、自民党の二階幹事長などは、その代表格と言える。3000人を引き連れ、中国詣でをした。政治では、政府でもないのに、中国と2元外交を繰り広げる。お陰で、中国の産業は、知的財産権侵害どころか、日本の産業技術で出来上がっていると言っても過言ではなさそうだ。

 中国の一部に組み込まれた日本のチャイナ色の部分は、アメリカの関税による影響と、中国の為替操作による影響を受ける。日本の国益とは何か。

 たまたま、今開いているページには、8月に、次のような事を書いたページだった。

 確かに、諸外国と比べると、日本の携帯電話は高い。倍はする。管轄は、総務省だな。野田総務大臣がそれを言わず、菅官房長官が指摘する所が、奇妙と言えば奇妙だ。考えられる理由は、いくつか有るが、①それを指摘してもやらない。人望も、能力もなくやれない。中国大好きの二階幹事長が押す大臣だが、中身は、無能と言うの能力説。②業者とのしがらみで、手が出せない。理由は、そんな所かな。

 野田氏と言えば、金融庁に対し、野田氏の事務所が違法性を指摘されている会社の関係者を同席させ、同庁の担当者に説明をさせた際の面会記録の開示を求めた事件が有る。無能説も否定できないが、業者との癒着は、想像以上かも知れない。

 その野田氏、先日も同盟国のアメリカではなくて、中国詣から帰ったところだ。中国は、アメリカとの知的財産権問題で、貿易戦争のさなかだ。そんな中国が、日本の最先端技術に触手を伸ばす。それに答えてか、野田聖子総務相が、お土産を持って中国に渡る。身近なものでハイテク関連製品と言えば、携帯電話を上げる事が出来る。

 だが、もはや日本で生産したのでは、採算が合わない。それでも、5Gなどと言う通信方式は、中国にないハイテク分野だ。その5Gの技術をお土産としてぶら下げて、日本の総務大臣の野田氏が中国詣でに出かける。5Gの製品ではなく、5Gの技術を渡す事が、目的だ。

 野田聖子総務相は、辻本議員と同様、マスコミが絶え間なく話題を提供する人物だ。やれ、首相候補だとか、女性初の首相になるとかならないとか、彼女らが起こす事件の醜態よりも、根拠のない好意的な記事が多い。そこに異様なものを感ずる。そもそもどこぞの国の為に忖度政治をしている事は分かる。

 テレビではないマスコミとして、文春オンラインには、『「デート商法」業者が野田聖子総務相に“脱法献金” 元暴力団員夫が監査役』と称して、仮想通貨問題に関与した野田氏の夫とGACKT。二人を繋いだのが、ジュエリー会社社長の中野猛氏だ。かつて“デート商法”で業務停止命令を下された中野氏だが、今も若者に高額アクセサリーを販売している。夫の人脈を拒否できない野田氏に浮上した新疑惑。 ともある。

 だが、日本にとって、必要な事をしているのかと考えると、理解不能だ。そんな2人をマスコミが絶え間なく担ぐ。NHKを筆頭に、チャイナスクールの圧力で締結した「日中記者交換協定」が有るために、そうなのか。不思議な話だ。
posted by おやじ at 2018/09/19 07:22
コメント(0)  トラックバック(0)

  内部情報流出
 ウォール・ストリート・ジャーナル 日本版には、『アマゾン従業員、賄賂受け内部情報を流出か』と題して、アマゾンの従業員が、主に仲介業者を通じて機密情報を外部に提供していることが分かった。これらの情報はアマゾンで製品を販売する独立業者にとって強みになる。データの売り込みを受けて購入した販売業者やデータを提供する仲介業者、内部調査に詳しい関係者の話で明らかになった。

 こうした関係者の一部によると、社内の規則に違反するこうした行為は中国で特に目立つ。中国で業者の数が急増していることが理由だという。また中国国内のアマゾン従業員の給料は比較的安く、それがリスクを冒す原因になった可能性がある。とある。

 企業の従業員が、顧客の情報を流出させる。有り得る話だ。Googleをはじめ、個人情報は、集めればある時点から膨大な金を生む投資対象となる。それは、何も犯罪組織に限らない。Amazonの従業員が、そうした事を知って、顧客の情報を売ってしまった。そうしたニュースだ。売った事がバレないケースも有るのだろう。あるいはまた、そうした事を初めから組織ぐるみで行っているかも知れない。

 毎日、山のように来るスパムメール。いったいどこで私のメールアドレスを入手したのか。どこの時点か、どこの場所から、そうした情報が漏れ、売り買いされ、やがて、怪しい組織が手にして、スパムメールとして戻ってきた。そんな経緯があるのだろう。

 日本でトップを走ると言っても良い、大きなプロバイダーの話だ。携帯電話のメールアドレスを登録したら、数日もしない内に余計なメールが入り始めた。これなんか、もしかしたら、初めから販売目的で情報を収集していたのかも知れない。

 スパムメールの中には、でたらめなメールアドレスがある。私宛で無いのに、なぜか、そのプロバイダーは、私のメール受信箱に放り込む。そうしたメールには、必ずと言って良いほどリンクが付いている。マウスでリンクにカーソルをかざすと、アドレスの後に、「?」が付き、そこには隠しデータが仕込まれている事が分かる。うっかりクリックでもしようものなら、その隠しデータから、「私」が特定される仕組みだ。

 情報は売っていないが、受信箱にスパムメールを放り込む。個人情報は売らないが、個人情報を集めるなら、そちらでどうぞとでも言う仕組みなのかと疑いたくなる。

 メールのプロパティまで偽装しているのかどうなのか、それは分からないが、私宛のメールで無いのに、こうしたメールを受信箱に入れてしまうプロバイダーは、どうかと思う。大手なので使わざるを得ないが、根っこの底では、信用したくない。

 そう言えば、このプロバイダーと機器のレンタル費用で揉めた事が有る。額は月で30円位の話だが。返却をしたのに、調べたら、リース料金が落とされていた。それを通知すると、返却した証拠を求めてきた。半年前の送り状を示すと、引き落としは止まった。だが、半年間の過剰な引き落としに関しては、何度メールを打っても、返事すらない。これが、大手プロバイダーの従業員教育かとあきれる。結局、額も額なので、根気負けだ。だが、このプロバイダーを信用しない。
posted by おやじ at 2018/09/18 06:54
コメント(0)  トラックバック(0)

  70歳以上
 産経新聞には、『5人に1人は70歳以上 総務省、高齢者の推計人口を公表 女性の高齢者は2000万人超』と題して、「敬老の日」を前に総務省は16日、65歳以上の高齢者の推計人口を公表した。人口減少が進むなか、高齢者は9月15日時点で前年同期を44万人上回る3557万人となり、総人口に占める割合は28.1%と過去最高を更新した。70歳以上は2618万人に上り、全体に占める割合は初めて20%を超えて20.7%となった。また、女性の高齢者が初めて2000万人を超えた。とある。

 団塊の世代が、70歳代に入り、5人に1人が、70歳以上となった。その比率は、さらに上がる。人口統計だから、確度が高い。

 目を下に移すと、『「私は優先席を譲りません!!なぜなら・・・」優先席めぐり大炎上 けしからんのは若者か老人か』と題した記事が目に入る。

 確かに、妊婦にすら席を譲らない若者が居れば、元気な老人も居る。こうした人の組み合わせでは、いろいろな事が起きそうだ。

 この記事を読んで、私自身が経験した実際に有った事を思い出す。席は、優先席ではない。駅に着くと残り少ない空き席をめがけて、乗客が乗り込んできた。良くある光景だ。その中の一人が、席を確保できずに、私の前に来た。その人は、身障者手帳を出すと、私の顔面の前に突き出し、顎でどけと指図する。礼儀を知らないやつだと思いつつも、身障者ならと席を譲るが、後味の悪かったことで、記憶に残る。

 そんな事が有って、何かとハンデキャップを負った人を見る時は、その記憶が伴う。今までは、見過ごしてきた彼らの態度も、見てしまう。好きでハンデを追っているのではない。そんな態度が見えてしまうと、距離を置きたくなる。

 サンデル教授の白熱教室では、才能を持って生まれてきた人は、社会に還元する必要がある。その逆も真と考えれば、ハンデを追って生まれた人は、社会から支えられる必要がある。だが、才能を持って生まれても、それを鼻にかけ、人を小ばかにすれば、嫌われる。ハンデを負ったからと言って、周りが尽くすのが当然と感謝を忘れれば、嫌われる。同じではなかろうか。

 さて、若者が、老人に優先席を譲らない。そっちの記事を読み進めると、気になる言葉が出てきた。共産党が好きそうな、平等主義だ。同じ運賃を払っているのだから、譲る必要はない。などの考え方だ。日教組が、教育現場に持ち込んだ、間違った平等主義だ。サンデル教授に言わせると、間違った平等だと、ちこちゃん並みに叱られるかも知れないね。
posted by おやじ at 2018/09/17 07:02
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog