おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2018年11月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


  新定義
 共同通信には、『「日本国キログラム原器」を公開』と題して、重さの単位キログラムの定義変更が国際度量衡総会に諮られるのを前に、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)は12日までに、現在の基準となっている金属製分銅「日本国キログラム原器」を報道陣に公開した。新定義でも1キロの重さは変わらないが、定義の変更が決まれば、来年5月でお役御免となる。とある。

 さて、その新定義だが、ニュースを聞いても、良く分からない。もうちょっと分かり易い解説はないかと調べて見た。新しい基準の候補としては、2つの案が有った様だ。一つは、特定の元素を特定の数だけ集めた質量を1Kgと定義するやり方だ。特定の元素と来れば、炭素原子C12と言う事になるのであろう。特定の数となれば、アボガドロ定数と言う事になる。これら2つの数字を使って1Kgを定義する方法だ。

 もう一つは、今回決まった方法で、プランク定数が出てくる。ニュースを聞いても、それがどうしたと言う事で、ニュースで聞く限り、良く分からない。そこで、今一歩踏み込んでこれを調べる切っ掛けとなった訳だ。調べると、この定義は、アインシュタインの相対論と光電効果に関係するとある。光電効果も、アインシュタインの業績で、ノーベル賞は、相対論にでは無く、光電効果に与えられた。

 アインシュタインと言えば、E=mc2が有名だ。その公式には、続きが有って、E=mc2=hvともあらわされる。このmが質量で、公式を見る限り、質量は別の定数を使う事で定義出来る。vは、周波数で、hが、プランク定数となる。このプランク定数が、ニュースで定義として流れた訳だ。

 私が不思議に思う事は、初めの候補のアボガドロ定数も然りだが、神が世界を作った時、原子にばらつきは無かったのか。ばらつきとは、人間が物を作る時、品質が一定せずばらつき、不良品を含んでしまう。その観点で考えると、なぜ、原子にはばらつきが無いと言えるのか、不良品が無いのか、不思議でならない。いや、実はあるが、小さいので、検知できないのかも知れない。見つけたら、ノベル賞だな。

 2つ目は、今回の定義だ。質量を定義するのに、プランク定数と言う非常に小さな値を、光速の2乗と言う非常に大きな定数で割る。なんじゃそれはと、誤差はどうなっているのかと気になるが、正確性を求める原器に使うと言うのだから、単純に驚く。そうなのかとね。ならば、原爆も水爆も、実験せずとも、理論計算で、作れそうだと。確認の為、実験は、1回か、2回すれば良いと言う事になりそうだ。現代物理とは、精度を競うような、そう言う世界なんだろうね。
posted by おやじ at 2018/11/13 07:05
コメント(0)  トラックバック(0)

  あきれた話
 YAHOO!JAPANニュースに、『日本が失った天才、金子勇の光と影」と題して、イノヴェイターとして脂ののった時期にWinny事件で逮捕され、紆余曲折を経て無罪を勝ち取ったものの、あっという間に他界した不世出の天才。金子勇がたどった無念の生涯は、「出る杭が打たれる」の典型といえるだろう。とある。

 パソコン好きなら、誰でも知っている事件だ。Winnyの開発者を京都府警が逮捕した事件だ。Winnyとは、ファイル交換ソフトだ。交換されるソフトに、一部のユーザーが違法に入手した映画や音楽などが含まれた。そこで、京都府警は、開発者を「著作権法違反幇助」の嫌疑で2004年に逮捕、起訴した。一部のユーザーではなく、交換ソフトの開発者を逮捕した。

 なんて馬鹿げた話だと思うが、役人組織は、走り出したら止まらない。パソコンにコピーコマンドが有るが、それを使って、一部のユーザーが違法に入手した映画や音楽などが含まれたら、MS-DOSの開発者のビルゲーツを逮捕する。そんな判断に似ている。

 記事ではそれをYouTubeに著作権違反の動画がアップされるたびに、YouTubeの経営者が投獄されるようなものである。と表現している。確かにそうだ。

 当時の技術水準では、Winnyは、最先端を走る技術と考えと実に惜しい事をした。コンピュータの世界で日本が失った損失は、京都府警のお偉いさんの首を一つ二つ飛ばした位では、収まりがつかない。もっとも、彼らは、責任すら取らないし、感じもいない。法律の暗記は得意でも、そもそも技術など理解すらできないからだ。

 日本には、こうしたあきれる様な話が数多くある。CPUの開発の話。WindowsのOSの話。すべて日本発だったはずだが、京都府警のバカみたいな人が居たおかげで、日本では、芽が摘まれ出せなかった。

 話は変わるが、ボランティアで、どうも引っかかる事が有った。ある行事をした後、次の行事に向けて話し合う。それぞれが役割を受け持ち働く訳だが、当然、改善すべき点が生じる。そして改善の提案がなされる。それに対して、最近、我々のボランティアに参加したばかりで、これと言って役割を持たぬ人が、そうした提案に真っ向から反対をする。なんだこいつは。そこが引っ掛かった。

 と言うのは、その前も、事案の検討と言う事で、数人が集まり、検討した結果を報告する。すると、そういつは、反対だと騒ぐ。なんだこいつはと。何かの役割を以てボランティアに参加しているのではなく、そうした話し合いの場に出てきては、反対をする。まるで、日本共産党の野党政治だな。

 ボランティアって何だ。役割を持たぬ者が、話し合いの場にだけ、のこのこ出てきて反対を論じる。こいつは、それをボランティアだと勘違いをしている様だ。日本には、そうした人間を排除する文化が無いのか。何か、Winny開発者を逮捕した京都府警は、こうした人間と同類なのか、そんな事を考えてしまった。
posted by おやじ at 2018/11/12 07:39
コメント(0)  トラックバック(0)

  米国議会
 読売新聞には、『一帯一路に対抗、米がインド太平洋に6・8兆円』と題して、ペンス米副大統領は、パプアニューギニアで17日から開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で、インド太平洋諸国を中心とした社会基盤(インフラ)整備のため、最大600億ドル(約6兆8000億円)の支援を行うことを表明する。米政府関係筋が明らかにした。

 ペンス氏は首脳会議で演説し、米中間選挙後のトランプ政権の対中国政策として、日本や豪州と連携し、中国主導の巨大経済圏構想「一帯一路」に対抗する考えを打ち出す見通しだ。とある。

 下に目を移すと、「トランプ政権に痛手、予算伴う政策は困難に」などの表題が目に入る。まさに、中国の「一帯一路」に対抗する約6兆8000億円の支援は、予算を伴う政策だ。

 日本のテレビでは、対中国政策では、民主党は反対しないだろうと言っている。果たしてそうだろうか。先の大統領選挙で戦ったクリントン候補は、中国の金で大統領選挙を戦った。オバマ大統領のそうだった。クリントン候補の夫であったクリントン大統領も、中国の金に浸った。民主党議員やそのご子息は、中国企業などから、ポストを与えられ、中国との関係が切れない連中が多い。日本のテレビが言うように、彼らが、果たして、中国関連のこうした予算をすんなり通すだろうか。そこが疑問だ。

 クリントン夫妻で言えば、中国企業とも深い関係が有り、クリントン候補が、オバマ政権下の国務長官の資格で中国を訪問した時には、南沙諸島、西沙諸島問題には、ただの一言も触れなかったとされる。自宅にメールサーバを置くなど、要人として禁じられた行為をどんな必要性が有って、行っていたのか。これを考えると、中国と知られずにメールを交わす必要性が有った。そう考えられなくもない。

 夫であるクリントン氏が大統領の時には、9日間と言う異例の長さで、中国を訪れ、同盟国である日本にも、寄りもしなかった。この時、中国が欲しがっていたロケットの姿勢制御技術を渡したとされる。おかげで、以降、日本は中国の核弾頭の標的としておびえる事になる。日本の姿勢制御技術は、アメリカが出さなかったので、独自開発した技術だ。

 オバマ政権でも、中国との関わりが深く、利益供与を受けていたとされる。トランプ氏と大統領選挙を戦った奥さんのヒラリー・クリントン候補は、資金のほとんどを中国人の寄付によって賄われたとされる。前の選挙では、その選挙資金は、約43億8000万円と報告されている。さらに、これとは別に、政治資金団体「スーパーPAC(政治活動委員会)」は、5200万ドル(約54億3000万円)を用意しているとされる。膨大な資金がヒラリー陣営に流れた。それを寄付をした中国人の住居を実際に訪問すると、「リストにある住所と名前が一致しなかっただけでなく、一致した人物ですら寄付をした覚えばないと言った」とされる。ニューヨークタイムス記事とその記者の話だ。

 民主党のクリントンだけが、中国から利益を供与されている訳ではない。民主党の議員自身や、議員のご子息を含めると、笑えない現実がそこに有る。クリントン候補を応援した連中を解説者に呼び、トランプ批判を繰り返す日本のテレビが、そうした事を知っていながら、何故そこに切り込まないのか、それの方がニュースバリューとしたら、上かも知れない。
posted by おやじ at 2018/11/11 07:20
コメント(0)  トラックバック(0)

   見送り論
 JIJI.COMには、『日韓会談、見送り論強まる=国際会議で、徴用工判決影響』と題して、日韓両国の首脳が来週そろって出席する一連の国際会議で、2国間会談を見送るべきだとの声が日本政府内で強まってきた。

 日本企業に元徴用工への賠償を命じた韓国最高裁判決後、韓国政府が日韓関係改善に向けた動きを示していないためだ。とある。

 日本と韓国の間では、1965年の日韓請求権協定が成立している。にも拘らず、慰安婦問題で味を占めたのか、徴用工問題でも蒸し返しを図ろうとする。その為なのだろうか、韓国政府は、何かを待っている、そんな兆候だ。

 慰安婦問題では、反日デモに参加する民主党の様な売国野党と言われる連中が、韓国の意を受け、国内外で騒いだ。朝日新聞は、日本を貶める目的で、作り話を掲載した。慰安婦問題のねつ造記事だ。そうした状況の下、お坊ちゃん育ちの当時の河野官房長官が、いわゆる河野談話を発表する。そこには、韓国に寄り添った談話をしてくれれば、この問題は収まると韓国側から言われ、見事に騙され、歴史がねつ造された。世間知らずのバカと言えば、その通りだが、それで済まないのが、国際政治だ。

 今、韓国は何かを期待して、待っている。立憲民主を待っているのか、他の野党の協力を待っているのか、おそらく、今盛んに対日工作が行われているはずだ。日韓会談、見送りなどの兆候が強まれば、売国野党が動き出すはずだ。朝日系マスコミが、再び、ねつ造記事まで書くかどうかは分からぬが、騒ぐかも知れない。そうした圧力は、今でも、日本政府に圧力を掛けているに違いない。

 日本の政府がやるべき事は、まずは、国際司法裁判所への単独提訴に訴え、日韓会談をするなら、そうした環境を整えてからするべきだ。バカが言う無手勝流の「話し合い」は、国際社会では、何の意味をなさない。日本がすんなり単独提訴に出れないのも、韓国の為に働く、売国政治家が居るからに他ならない。国民は、そんな政治家を国会に送ってはならない。
posted by おやじ at 2018/11/09 07:30
コメント(0)  トラックバック(0)

 共産主義の実態
 JIJI.COMには、『食い物にされる北朝鮮女性たち、公務員による性的虐待が横行』と題して、北朝鮮では警察官や当局者による女性への性的虐待が横行しているにもかかわらず、罪に問われることがほぼ皆無だとの報告書を、国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(HRW)が1日、発表した。広範な人権侵害をめぐって国連を筆頭に多くの非難を浴びている北朝鮮だが、性的虐待に関する実態が表ざたになることはまれだ。とある。

 記事には、中国で買い付けた物品を密輸入して北朝鮮政府の認可を受けた市場で売っている行商人の女性たちは、国営企業の幹部たちや「警察官、検察官、兵士、鉄道の検札官」など移動中や市場の出入りの際に出くわす公務員たちから賄賂を要求され、性的な接待も強要されると報告書は指摘している。ともある。

 共産主義国家で、独裁政治ならば、そうだろうな。当然と言えば、当然なのかも知れない。今更、共産主義国家に人権が有ろうはずもなく、そうした被害を訴える事も出来ない。全体主義と言えば良いのか、社会主義と言えば良いのか、国家や社会が優先で、個人は、そうした社会の為に存在する。社会の仕組みの中で、役割を果たす役人など権限を付与された者は、当然にして、国民個人より高い地位に就く。ある意味、階級社会で、上の者は、ルールを決める。その言葉は、法律に匹敵する。だから、共産主義国家は、人治国家とも言われる訳だ。

 その意味では、中国も同じ。毛沢東は、自分の権力基盤を確かなものにするために自国民を1億人も殺したと言う。今の中国ですら、毎年、理由が公表されずに、政治に不都合と見れば、1万人近くが粛清されていると言う。ポスターにインクをかけた女性は、それがニュースに流れたので、すぐに粛清とはいかず、精神病院へ入院と言う事なのだろう。それが今の現に起きている中国の現実だ。

 確かに、民主主義体制は、完全なものではない。猿の惑星の様なことが起きる。バカがよりバカを騙し、当選する。そんな仕組みが、捨てきれないのが民主主義だ。それでも、社会主義や共産主義より遥かにましだ。

 所が、騙されるバカが多いせいか、共産党に4~5%、社会主義を標榜するような政党にこれまた4~5%、そんなのが幾つも目立つ。合わせると、民主主義を標榜する政党を超える事すらあり得る。そんな連中が、2大政党などと嘯く。なんと恐ろしい事か。それが今の日本だ。

 日本で見れば、民進党の支持母体である日教組は、暴力で共産革命を夢見る中核派や革命的労働者協会や社会主義学生連盟などと共闘している。彼らは、まさに、民主主義国の日本で、共産革命を起こし、共産主義と言う社会主義国家の樹立を成し遂げようと運動している。共産主義とは、民主主義を否定し、共産党の一党独裁国家を目指しているものだ。民主主義国に有って、民主主義を否定しているのだから、存在そのものが、憲法違反と言って良い。

 不幸にしてと言うのか、幸いにしてと言うのか、日教組と言う組織は、先生のネットワーク故、全国組織だ。どこどこ地方で独立運動などと言う訳にも行かずに済むのだろう。そこが幸いしている。だが、一企業の労働組合と違い、全国組織を持つが故、連合などの労働組合の組織では、少数の日教組の連中が、大きな組織を牛耳る事になっている。

 全国組織で無ければ、沖縄や北海道にその要素が内在している。この地区から選出される政治家は、社会主義のイデオロギーに染まり、人々を騙して国の姿を変えようとする。野党政治の悪い所だ。

 当時の民主党は、今でも民主党は有るが、メンバーを考えると、今の立憲民主と言った方が良いのかも知れない。中国の為に掲げる「沖縄ビジョン」や、裏マニュフェストと言われる「政策INDEX」、「外国人参政権」、鳩山元首相の「日本は、日本人だけの物ではない」発言を裏付ける、「主権の委譲」と称して、「通貨の発行権その他の国家主権」を法律によって中国に委譲すると書いた政策。当時の玄葉外相と言えば、沖縄県の尖閣諸島について「中国に差し上げればいい」と非公式な場で発言したとの記事が、10日発売の週刊新潮に掲載されること。そうした事を挙げれば切りがない。

 彼らは、どうして、民主主義でなく、社会主義や共産主義を選択するのだろう。北朝鮮の国民の様になりたいとは、思わないのが、普通だけどね。まあ、自分が権力者になれると、それが確実ならば、他の人がどうなろうと、共産革命も悪くはないかも知れないけどね。野党の政治家は、人々を欺く笑顔とは別に、心の中は、きっとそれだな。
posted by おやじ at 2018/11/08 07:02
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog