おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2014年5月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2014年5月の記事一覧


 28件中1~5件表示  次のページ
 安倍首相の講演
 読売新聞には、『中国軍機の異常接近、米国務省報道官が非難』と題して、米国務省のサキ報道官は29日、東シナ海で中国軍戦闘機が自衛隊機に異常接近したことについて「国際空域での飛行の自由を妨害するいかなる試みも地域の緊張を高め、判断ミスや対立、意図しない事故の危険を増大させる」と非難した。

 米国は、中国が東シナ海に一方的に設定した防空識別圏(ADIZ)を認めない立場を改めて強調。中国に対し、自国のADIZに基づいて行動しないことや、関係国と緊急連絡体制を構築するなど信頼醸成措置をとることを求めた。とある。

 アメリカも、日本の主張に同調した形で、報道官が中国の挑発的行動を諌めた内容だ。

 更に、毎日新聞には、『<安倍首相>中国の威圧「非難の対象」…南シナ海巡り』と題して、安倍晋三首相は30日午後(日本時間同)、シンガポールを訪問し、アジア安全保障会議(シャングリラ会合)で基調講演した。首相は「既成事実を積み重ね、現状の変化を固定しようとする動きは強い非難の対象とならざるを得ない」と述べ、南シナ海でフィリピンやベトナムと対立する中国を暗に批判。「東南アジア諸国連合(ASEAN)各国が航行の自由や飛行の自由を保全しようとする努力に支援を惜しまない」と対中連携に意欲を示した。さらに「どの国も一国だけで平和を守れる時代ではない」と述べ、集団的自衛権の行使容認に向けた安倍政権の取り組みに理解を求めた。ともある。

 経済を中心に据えるアメリカは、中国を大事にしたい所だが、日本のこうした活動に引きずられて、アジアの国々を無視する訳にも行かず、中国を諌める事になる。

 一方の中国は、アホな大統領なら、トップ会談で適当に言いくるめられると考えていたが、アメリカの日本寄りに、どう応えるのか、見ものだ。

 安倍首相の講演は、中国に対して3つの事を述べた。①まず、前提として法による支配。②力による現状の変更は認めない。③紛争は、国際法を元に、平和的に解決する。結果として、名指しはしていないが、いずれも真逆を行なっている今の中国を批判する事になる。

 おそらく中国共産党にしてみれば、これは受け入れられない。そもそも中国共産党は、法治国家ではない。人治国家だ。トップの言葉が、法律だ。法に従うなどと言う習慣すらない。そうして、0.4%の幹部が、富の70%を所有する国家が出来上がった。前首相だった温家宝氏も2000億円程度の蓄財。収賄や横領の罪に問われている薄熙来(はく・きらい)被告が、5000億円と言われる。今を時めく習主席が5兆円と言われる。法なんて守れる訳が無い。

 中国が、日本からここまで批判されながら、今の所は静かだ。周りの国々が、日本に賛同しているからね。何て反論しようか、応戦の為の会議でもしているのかね。
posted by おやじ at 2014/05/31 07:18
コメント(0)  トラックバック(0)

 分党
 読売新聞には、『橋下氏、7月にも結い合流…石原氏は新党結成へ』と題して、日本維新の会は29日、党執行役員会で「分党」を正式に決定した。

 これに先立ち、石原慎太郎、橋下徹両共同代表は、それぞれ記者会見し、新党を結成する考えを表明した。石原氏は平沼赳夫代表代行らと共につくる新党で憲法改正を旗印にする意向だ。一方、橋下氏は結いの党と合流して新党の結成を目指す。とある。

 更に記事では、 石原氏は国会内で行った記者会見で、「野党再編は否定しないが、その相手として結いの党を選ぶことに合点がいかない」と述べた。結いの党が集団的自衛権の憲法解釈見直しに慎重で、石原氏の主張する自主憲法制定にも反対することについて、「大きなそごを感じた」と指摘した。ともある。

 石原氏が、独立国家として、そろそろ自主憲法を自ら考えても良いとするのに対して、結いの党は、自主憲法、すなわち憲法改正には、断固として反対を貫いた。その所で折り合いが付かず、分党と言う事になった訳だ。

 国民として見れば、結いの党が、独立国として日本独自の自主憲法に何で反対しなければならないのか、理解できない。憲法論議で中身の論議で揉めるならまだしも、そもそもいけないとは、社民党か、共産党と同じ考えでも持っているのか。そかも分党と言う事態を招いてまでも。当然にして、支持は出来ない。日本に巣食う売国奴と同類項なのか。

 維新の会も、初めに憲法改正を謳って居たではないか。それが、結いの党と合わさる事で、その看板を下ろした事になる。日本が、独立国として、自主憲法を持つ事は、罪か。そうでは無いだろう。今までは、期待もしていたが、結いの党のテーゼが明確になるに従って、この団体は、日本には必要のない政治団体で、どこぞの国の意向をくみ取って活動する団体だと言う事が、見え隠れしている。とても日本人として、支持出来る物ではない。
posted by おやじ at 2014/05/30 07:27
コメント(0)  トラックバック(0)

 ウクライナに学ぶ
 読売新聞には、『親露派占拠の空港、ウクライナ軍が奪還…内相』と題して、ウクライナ暫定政府のアワコフ内相は27日、親ロシア派武装集団が占拠した東部ドネツクの国際空港について、「軍が完全な管理下に置いた」と述べ、軍が奪還したことを明らかにした。

 軍は、空港を26日に占拠した武装集団に対し、空爆を伴う攻撃に乗り出し、戦闘は27日まで続いていた。
 ドネツク市長は27日、戦闘による死者は一般市民2人を含む40人に上ると明らかにした。このほか、31人の負傷者がいるという。ロイター通信によると、親露派幹部は、死亡した武装集団は50人以上に上ると述べた。

 内務省は、軍側に死傷者はなかったとしている。

 空港近くの道路脇では27日、武装集団のものとみられるトラックが大破して横倒しになっていた。負傷者を乗せて移動中、空から銃撃を受けたとみられる。とある。

 大統領選挙も行なわれ、一応体制が整いつつあるウクライナだ。そうなると、ロシアが関与する大義が無くなる。そうなれば、ロシアを受け入れる為の空港は必要なくなる。なのに、親露派にとって、何の目的を持って、空港を占拠したのか分からなくなるが、占拠を継続して居れば、ウクライナ軍の格好の標的となる。それが、このニュースなのだろう。

 ロシアがウクライナへの内政干渉の大義を見いだせない間に、ウクライナ軍が治安を回復できるのか、主要施設を奪還できるのか、その勢いが早く強ければ、クリミア情勢にもかなりのプレッシャーになる。同じ国籍を持つ者の中から、だれが親露派の売国奴で、誰が国民なのか、見分けが難しい。親露派が主要施設を占拠している間に、そこを攻撃して奪還する。それが、色分けも含めて、大事なウクライナ統一への道筋だ。

 今回のウクライナの事件で、ウクライナの国籍を持っていても、親露派とは、ウクライナから見れば、隣の国に尾を振る売国奴である。国内に売国奴を抱える事の危険性を具体的に見た気がする。この事件を糧に、日本が学ぶべき事は、日本国内に巣食う隣の国に尾を振る売国奴とその協力者の問題だ。尖閣で中国と何か問題が起きた時、「尖閣棚上げ論」などと言う売国政策を掲げる公明党を与党に置けば、尖閣の奪還が難しくなる。

 公明党と言えば、山口委員長が中国にわざわざ出かけ、「尖閣棚上げ論」をぶち上げるた政党だ。「棚上げ論」とは、日本固有の領土である尖閣を、中国の為に日本は領有権を棚上げします、つまり主張しません、ご勝手にどうぞと言う事だ。これを売国奴と言わずに何と表現する。

 自民党がまずすべきことは、グレーゾーンにすら乗らず、国防の妨害をする売国公明党と連立を解消する。ウクライナの例からも明らかだが、売国奴と手を切る事は、日本の国の安全保障を考える時、必要でしょう。問題は、何でも役人任せで、「まぁーまぁーまぁー」が好きな、自民党政治家にそれが出来るかな。
posted by おやじ at 2014/05/29 06:23
コメント(0)  トラックバック(0)

 連立解消
 毎日新聞には、『<集団的自衛権>グレーゾーン結論出ず 与党協議』と題して、政府は27日午前、「安全保障法制の整備に関する与党協議会」(座長・高村正彦自民党副総裁)の第2回会合で、集団的自衛権の行使容認など現行法では十分対処できない可能性がある15事例を自民、公明両党幹部に提示した。安倍晋三首相が目指す集団的自衛権の行使容認に当たり得る活動は邦人輸送中の米艦防護や強制的な船舶検査(臨検)、米国本土が攻撃された際に日本近海で作戦を行う米艦防護など8事例。この日の協議では武力攻撃に当たらない「グレーゾーン事態」2事例をまず議論したが、結論は出ず、与党は次回会合で政府にさらに詳細な説明を求めた。とある。

 結局、公明党が駄々をこねて、先に進まないと言うのが、実態のようだ。日本がグレーゾーンを議論しなければならない事態は、中国に有る。ベトナムの排他的経済水域で勝手に石油掘削を始めた中国だが、ベトナムの石油を盗掘したからと言って、そんな量で、中国の石油需要が、満たされるわけではない。成長を継続するには、とても足りない。

 となると、やがて、日本の尖閣諸島沖にある1000兆円と言われている石油資源をめぐって、日本の領海を侵犯し、石油の掘削を開始する。その目的で、尖閣諸島を侵略する。時間問題だ。

 公明党と言えば、山口委員長がわざわざ中国に出かけ、「尖閣棚上げ論」をぶち上げた政党だ。尖閣を棚上げするとは、日本の固有の領土である尖閣諸島を日本の領土と言わなくても良いですよと言っている事になる。これ程見明確な売国奴はいない。日本の国を中国の侵略から守る為のグレーゾーンの論議など、売国奴にして見れば、もっての外と言う事だろう。初めから予想された事だが、自民党との協議も進まない訳だ。

 ウクライナ問題では、ウクライナ国内に渦巻く親露派が火種となって、ウクライナとしての国の安全保障が脅かされる。ウクライナの国民から見れば、親露派は、売国奴だ。日本の安全保障が脅かされる事の無いようにするには、公明党の様な売国政党をのさばらせては、ならない。明確な話だ。自民党は、売国公明党と連立を解消すべきだ。

 今なら、まだ公明党は、グレゾーン論議を遅らせる妨害行為で済んでいるが、いざ、中国が何か仕掛けて、事が起きた時、公明党は、中国の意を受けて、日本人の味方をするとは限らない。何せ、日本固有の領土を棚上げする売国政党だ。売国政党を与党に置けば、国の安全保障を優先する時、日本国内に火種を抱える事になる。ウクライナに学べ、売国奴を無力化しておかないと、日本の安全保障は、保てない。当たり前の話だ。やってくれるかな、自民党。
posted by おやじ at 2014/05/28 07:04
コメント(0)  トラックバック(0)

 ウクライナ
 読売新聞には、『ウクライナ大統領選、親欧州の元外相が勝利宣言』と題して、ウクライナ大統領選挙は25日午後8時(日本時間26日午前2時)、投票が締め切られ開票が始まった。

 地元メディアの出口調査結果では、菓子メーカーを経営する富豪で元外相のピョートル・ポロシェンコ氏(48)が当選に必要な過半数を獲得する見通しとなった。同氏は25日夜、キエフの事務所で「1回目の投票で選挙は終わり、(決選投票とならずに)大統領が決まった」と勝利宣言した。

 中央選挙管理委員会の集計結果は公表されていない。親欧州派のポロシェンコ氏が勝利した場合、ヤヌコビッチ政権が2月に崩壊し暫定政府の統治下で分裂の危機に陥った国家を再建しつつ、ロシアとの関係構築に取り組むことになる。

 地元テレビが伝えた複数の出口調査では、ポロシェンコ氏に投票したと答えた有権者の割合は55?57%。2位は元首相ユリヤ・チモシェンコ氏(53)で12%だった。とある。

 予想通りと言えば、予想通りである。新しく大統領に就任するポロシェンコ氏は、当選後の対応として、欧州連合(EU)との関係強化を対外政策の基本とする方針を表明。親ロシア派の武装集団が「独立」を一方的に宣言するなど、分離要求が高まる東部地域の安定化に最優先で取り組む方針を示した。親露派と交渉し、投降した人には「恩赦」を与える考えも明らかにした。ただ、「テロリストとは交渉しない」と断言した。

 ロシアによるウクライナ領のクリミア併合については「決して認めない」と述べた。ともある。

 基本路線としてのEUとの関係強化は、実現するだろう。次の、東部地域の安定化は、そう簡単ではないだろう。取締りの為の、警察、果ては軍隊までが、新体制下で機能するのか、それが東部地域で、親露派より力を持つ事が出来るのか、その辺が鍵だ。クリミア併合に関しては、認めないのは分かるが、それに対しての具体的策は、見いだせないだろう。

 警察や軍隊を東部地域に集中させ、東部地域治安を取り戻す。かなりの抵抗は有るだろうが、選挙で選ばれた大統領が政策として進めれば、ロシアも国際社会からの非難を考えた場合、表立った妨害工作は、取りづらい物だ。流血の惨事も有るかも知れない、その覚悟が新大統領に有るかが問われる。

 ウクライナの例を見る限り、問題を複雑にするのは、親ロシア派だ。ウクライナからすれば、自国より、隣の国に目を向ける売国奴と言う事になる。日本にも、中国、韓国に目を必要以上に向ける売国奴が居る。彼らにとって、世界とは、中国と韓国であり、パンダが風邪でも引けは、大騒ぎだ。

 国の安全を考える時、そうした売国奴を事前にあぶり出し、無力化する事が、いかに大事か、ウクライナの例を以って、学習し、対処しなければならない。
posted by おやじ at 2014/05/27 06:39
コメント(0)  トラックバック(0)
 28件中1~5件表示  次のページ

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog