おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2015年7月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2015年7月の記事一覧


 31件中1~5件表示  次のページ
 会員情報流出
 毎日新聞には、『<シャトレーゼ>会員情報流出か…最大20万人以上』と題して、菓子製造販売のシャトレーゼ(甲府市)は30日、同社が運営するウェブサーバーに外部から不正アクセスがあり、ウェブ会員約450万人のうち最大で20万9999人の個人情報が流出した可能性があると発表した。ユーザーIDやメールアドレス、電話番号や誕生日などで、13人は氏名と住所が含まれるという。とある。

 顧客情報の流出は、社員などの内部犯行ではなく、外部からの不正アクセスだとある。だが、具体的な方法は、書かれていない。

 年金情報流出事件では、時間設定のミスとか、中国でしか使われない漢字などを根拠に、中国による情報流出事件と言えた。だが、今回は、その点も書かれていない。

 となると、Updateを怠った事などによる一般的なメンテナンス不足に起因する、脆弱性を付かれた事件の可能性かも知れない。

 サーバーには、450万人分の情報が入っており、その内の20万人分が流出したとある。犯行は、27日夜に開始され、28日午前に確認をした。一晩掛かって20万人分と言う遅さから、誰かのパソコンを踏み台にした犯行なのだろう。踏み台にされたパソコンは、Microsoftのサポートが打ち切られたXPかも知れない。

 電源を入れっぱなしの古いパソコンが狙われた、その可能性があるのではないかな。Windows10をきっかけに新しくして欲しいですね。
posted by おやじ at 2015/07/31 06:12
コメント(0)  トラックバック(0)

  脅威を指摘
 産経新聞には、『安倍首相、中国「名指し」にシフト 国民理解へ身近な“脅威”指摘』と題して、安倍晋三首相は29日の参院平和安全法制特別委員会で、「中国の力による現状変更の試みに対しては、事態をエスカレートすることなく、冷静かつ毅(き)然(ぜん)として対応していく」と述べ、中国が東シナ海や南シナ海で進める強引な海洋進出を抑止していく必要性を指摘した。同時に「戦略的互恵関係の考え方に立ち、関係を改善していく」とも述べ、対話の重要性も強調した。

 首相は外交的配慮もあり、衆院審議では中国の名指しには慎重だった。ただ、前日の答弁でも同様に中国を牽制(けんせい)しており、国民に身近な“脅威”を強調することで、法案への理解を広げる狙いがありそうだ。

 一方で首相は「集団的自衛権行使は戦争参加ではないか」との民主党の主張に反論。国連憲章で戦争は違法化されているが、集団的・個別的自衛権の行使などは例外だと指摘したうえで「戦争参加との表現は違法行為を日本が率先して行うと誤解されかねず、極めて不適切だ」と批判した。

 維新の党の対案については「提出されれば真摯(しんし)に対応したい。早期の提出を期待する」と述べた。とある。

 諸外国が、中国の蛮行に対して「中国」と名指しをしているにも関わらず、日本だけは、何故か名指しを避ける。何故かの理由には、外務省に、どこの国益の為に働いているのかわからぬ、いわゆるチャイナスクールが居るためだ。その力関係が、やや変化したのか、首相の答弁の中に「中国」の名前が、出たと言う話だ。

 だが、外務省にあって、チャイナスクールは、依然として勢力を保っているとみられる。中国政府が、抗日戦争勝利記念行事に安倍晋三首相を招待した事に対して、未だに出席しないと言えないのは、その辺に事情がある。

 かつて外務省に席を置いていたチャイナスクールの役人はTVで言うには、出席すれば良いと言った。バカを言え、日本を仮想敵国に仕立てた軍事パレードに出席しろとは、驚きだ。これが他所の国の国益のために働く日本の外務省の役人の実態だ。

 中国の全人代に招待され、演説をぶつなら良い。そうした中国の軟化が先ではないか。だが、日本を仮想敵国に仕立てた軍事パレードには、出席すべきではない。バカでも分かる話だ。

 記事には、さらに、民主党が主張する集団的自衛権行使は、「戦争法案」ではないかとの批判に触れている。中国の軍事予算は、日本の3倍を超えた。しかも毎年2ケタの増額を図っている。中国公船による領海侵犯は、毎日の様に継続している。自衛隊機によるスクランブル発進は、943回も有ったとのニュースも、新しい。日本一国では、中国の力による現状の変更に対応するのは難しい。このままでは戦争になってしまう。

 そこで、日本の国民の生命財産に危害が加わる恐れがある場合に限り、集団的自衛権を行使する。それによって、戦争抑止力を高める。そう言っている。だが、民主党は、他国と組んで戦争抑止力を高めることをとんでもないと言っている訳だ。

 では、民主党は、どうやって中国のは蛮行から、日本の国民の生命財産を守るのか。これに関しては、対案も何もない。誰の為だか分らぬが、ただ、反対をするだけだ。

 民主党と言えば、「沖縄ビジョン」が挙げらる。そればかりか、民主党は、政権担当時代、日米中の関係を正三角形と言葉で言い、米国抜きの東アジア共同体構想を提唱する。驚くことに、アメリカ抜き、中国参加のアジア共同体が実現した暁には、「主権の委譲」と称して、「通貨の発行権その他の国家主権」を法律によって中国に委譲すると書いた。「沖縄ビジョン」と発想が似ているが、これは、売国行為のど真ん中でしょう。

 これを聞いて小躍りたのは、中国の胡錦濤国家主席と聞く。一方、苦虫をかみつぶしたのは、アメリカであり、蚊帳の外に置かれたのは、日本の国民だった。幸い、インドがアジア共同体への参加を強く望んだことで、中国は、アジア共同体での独占的地位を失う事になるので、アジア共同体への興味を急速に失う。それで事なきを得た。

 安保法制とは、すでにある法律のグレーの部分をつなぐ目的の法整備だ。自民党案が必ずしも万全とは言えないかも知れない。その意味で、大いに中身の議論を進めて欲しいが、国会の閉会間際に対案を出す維新の党も問題だが、何も出さない民主党よりはましかも知れない。

民主党の沖縄ビジョン:
1.沖縄を本土から自主・独立させる
2.一国二制度とする(法律を分ける)
3.アメリカ軍の基地を外へ
4.円ではなく、沖縄が決めた通貨
5.中国語の受け入れ
6.アジアの特定の外国人3000万人の受け入れなど
posted by おやじ at 2015/07/30 06:39
コメント(0)  トラックバック(0)

 Update
 マイナビニュースには、『Android端末の95%に凶悪な脆弱性 - MMS受信だけで乗っ取られる危険性あり』と題して、モバイルセキュリティ企業の米Zimperiumは7月27日(現地時間)、Androidのメディア再生エンジン「Stagefright」の脆弱性を悪用するMMS(マルチメディアメッセージングサービス)メールを受信すると、Androidデバイスが他者から操作可能になる問題があることを公式ブログで明らかにした。同社によればAndroidバージョン2.2から5.1.1までの95%に脆弱性が存在し、Googleには報告済みだと説明している。

 ユーザーがビデオを含んだMMSメールを受信すると、Androidのサンドボックスを経由せずにStagefrightの脆弱性を利用してコードを実行し、この時点でAndroidデバイスのストレージやカメラ、マイクなど大半の機能がリモート操作可能になる。さらに攻撃者は送信したMMS自体を削除できるため、ユーザーが目を離した隙に、あるいは寝ている時間帯などを狙って、Androidデバイスを乗っ取られる危険性がある。とある。

 MMSメールとは、何かと調べると、「iPhone の携帯電話としての最大の弱点、それが携帯メールでした。
しかし2009年6月、その欠点を解消すべく「MMS」が導入されました。」と言うのがまず目に入った。これってiOSの話ではないのか。

 そこで、Androidを付加して検索すると、「Android のハングアウトでのテキスト メッセージ(SMS と MMS)の送信」と出て来る。アプリのハングアウトの事か。そこで脆弱性が見つかったと言う記事だと分かる。その脆弱性は、メールを受信するだけで、遠隔操作をされてしまう。

 ハングアウトに似たアプリは、LINEなどがある。こちらは大丈夫なのか、気になるところだ。

 さて、話は変わるが、Windows10が配布される日が、今日のはずだが、朝時点で何も変わらない。Windows10のアイコンは、未だに予約何がしのままだ。

 検索しても、Preview版のダウンロードが未だに健在だ。もっとも、Preview版は、10月1日まで有効とある事から、その日までは使えるのだろう。

 更に探すと、Microsoftのページには、Windows10に関する説明が出て来る。そこには、「しかし、これは一度Windows10へアップグレードすると、ダウングレード不可能になる不可逆的なプロセスである。従って、その前に、無料でWindows 10をダウンロードする必要があるかどうかは現在のWindowsユーザに対して主要な関心事である。これから Windows 10の新機能をチェックしましょう:」ともある。

 Windows10がどのように入手できるのか、慌てずに対応する必要がありそうだ。Windows10のアップグレードが、コードとしてダウンロードができ、DVDなどに書き込めるなら、万が一の為に、書き残してからアップロードすべきでしょう。

 それが、通常のUpdateの様に、半ば自動でUpdateが進むならば、万が一の為に大事なデータのバックアップは、取って置くに限る。ついでに、今使っているWindowsのイメージバックアップの取って置くに限る。
あと、Windows10に変えてから、何かの都合で再インストールが必要になった時、ダウンロードできたDVDを使って再インストールが可能なのか、そこも重要なポイントだ。

 こうした点を頭に入れながら、どんな形でアップグレードが進むのか、慎重に対応した方が良さそうだ。
posted by おやじ at 2015/07/29 06:54
コメント(0)  トラックバック(0)

 内閣支持率
 読売新聞には、『内閣支持率が初めて逆転、政府・与党に衝撃』と題して、読売新聞社の全国世論調査で、安倍内閣の不支持率が初めて支持率を上回ったことに、政府・与党は衝撃を受けている。

 安倍首相が成立に意欲を示す安全保障関連法案への支持は広がっておらず、27日からの参院での審議を通じ、法案への理解を粘り強く訴えていく構えだ。

 自民党の高村正彦副総裁は26日、支持率低下について、「謙虚に受け止めなければならないが、支持率のために政治をしているわけではない。法案は国民に必要で、理解してもらえるよう取り組むしかない」と語った。

 世論調査では、法案に関する「政府の説明は不十分」との回答が目立つため、政府・与党は参院審議で、与党の質問時間の割合を増やそうとしている。衆院審議での与野党の質問時間は、与党が15時間12分、野党が93時間46分で、おおむね1対6の割合だった。谷垣幹事長は「衆院時と異なり、質問配分も変わるので丁寧に説明していく」と述べた。とある。

 支持率低下の原因を安全保障関連法案の不支持によるものだとしている。不支持の原因は、説明不足で内容の理解が得られていないからだともしている。

 これに対して、与党、野党の国会での時間が、1対6の割合で、与党の説明時間が不足したためと分析しているようだ。

 野党の質問のほとんどは、憲法論議などの手続き論で、安全保障関連法案の内容に関して突っ込んだ質問はまるで無かった。国会での質問は無いが、町の街頭では、徴兵制度が行われるとか、戦争法案だとか、宣伝カーまで繰り出し、有りえぬ「恐れ」を連発して、国民の不安を煽った。

 そうした状況を朝日やTBSは、野党の立場に立って繰り返し報道したが、国民の理解が進むための番組は、企画されなかった。そうした事が、支持率低下の真の原因だとしても、否めないのではないか。

 そもそも国会で何が審議されているか、国民はTVを通して知る事が殆どだ。そのTVが、何の目的を以てそうするのか、偏向報道を繰り返す。多数決を強行採決と烙印を押す。これが強行採決と言うなら、民主党は政権担当時には、質問も受け付けず、20回以上も問答無用の強行採決を行った。そうした事をなぜ、報道しない。

 衆議院での反省をもとに、参議院で与党の説明時間を多くしようが、そんな国会は、TVの偏向報道の前にあっては、無力だ。そもそも意図を以て偏向報道を企画する側に立てば、国会中継をそもそも報道さえしないかも知れない。何が話されようが、国民の茶の間には届かない。

 安全保障関連法案は、中国の脅威から日本国民の生命財産を守るのが目的と言って良い。日本の尖閣を南沙諸島、西沙諸島の様に、中国が力による現状の変更を試みた時、日本だけの一国では、日本人の血が流れるだけだからだ。集団的自衛権をもってすれば、中国は多数の国を敵に回すことになる。力による現状の変更にブレーキが掛かるのは当然であり、これが政府の言う戦争抑止力の強化と言う事になる。戦争抑止が効けば、日本人の血は、流れない。野党の言う事は、ウソと言う事になる。

 TVも野党も、国民に嘘をついてまでなぜ反対をするのか。

 TVに関して思い当たるのは、「日中記者交換協定」だ。記者を北京に派遣するにあたって、中国の意に反する報道を行わないことを約束したものだ。NHKをはじめ主要TV局は、チャイナスクールの圧力で、アンバランスな取り決めがなされた。

 ネットでもウィキペディアでも調べれば分かる。ウィキペディアには、『なお、この1968年(昭和43年)の記者交換協定の改定は、北京で改定交渉に当たった田川誠一・衆議院議員らと中華人民共和国政府との間で「結論は一般には公表しない」ことが決められ、その内容も報道されなかった。この不明朗な措置は、後に「一部の評論家などから、日中記者交換協定が、中国への敵視政策をとらないという政治三原則に組み込まれ、報道の自由を失っているとの批判を招く」一因になったとされる。』と結ぶ。要は、TV各局は、中国のプロパガンダ放送局となったと言う話だ。

 次に民主党などはどうだ。民主党と言えば、「沖縄ビジョン」が挙げらる。そればかりか、民主党は、政権担当時代、日米中の関係を正三角形と言葉で言い、米国抜きの東アジア共同体構想を提唱する。驚くことに、アメリカ抜き、中国参加のアジア共同体が実現した暁には、「主権の委譲」と称して、「通貨の発行権その他の国家主権」を法律によって中国に委譲すると書いた。「沖縄ビジョン」と発想が似ているが、これは、売国行為のど真ん中でしょう。

 これを聞いて小躍りたのは、中国の胡錦濤国家主席と聞く。一方、苦虫をかみつぶしたのは、アメリカであり、蚊帳の外に置かれたのは、日本の国民だった。幸い、インドがアジア共同体への参加を強く望んだことで、中国は、アジア共同体での独占的地位を失う事になるので、アジア共同体への興味を急速に失う。それで事なきを得た。

 次は、国民だ。パンダが風邪でも引けは大騒ぎする国民は、なぜ生まれたか。思い当たるのは、スパイによる情報戦だ。

 1972年の日中国交樹立の時に、中央大学院大学の西内雅教授が入手した「國民新聞社」に中国共産党秘密文書「日本解放第二期工作要綱」なるものがある。そこには、「我が党(中国共産党)の日本解放の当面の基本戦略は、日本が現在保有している国力の全てを、我が党の支配下に置き、我が党の世界解放戦に奉仕せしめることにある」。とある。

 「日本解放第二期工作要綱」は何かといえば、ウィキペディアには、中国共産党による対日工作活動が記されているとされる文書。日本を赤化し中国の傀儡とすることを目的とした工作作戦要項である。「第一期」、「第三期」の文書は確認されていない。と続く。日本への工作の基本戦略として、「日本が現在保有している国力の全てを、我が党の支配下に置き、我が党の世界解放戦に奉仕せしめることにある」と書かれている。日本は、中国共産党の先兵として、世界侵略の手先に使われると言う事だ。そこには決して平和などない。

 中国は、「日本解放第二期工作要綱」が示すところの「群衆掌握の心理戦」を行う。野党議員がTVに出て、選挙で名前を連呼するか如く目立つ様に「総理、総理、総理」などと連呼をする。TVの低俗番組に笑顔を絶やさぬ国民は、TVで言われれば、ゴキブリだって食しかねない。そんな人たちは、何となく、ムードで、そうかなと思う人も現れる。これが、「群衆掌握の心理戦」と言われる実態だ。

 TV、媚中派の野党議員、情報戦。参議院の時間配分を変えたくらいでは、実態は、何も変わらない。そう思うね。

民主党の沖縄ビジョン:
1.沖縄を本土から自主・独立させる
2.一国二制度とする(法律を分ける)
3.アメリカ軍の基地を外へ
4.円ではなく、沖縄が決めた通貨
5.中国語の受け入れ
6.アジアの特定の外国人3000万人の受け入れなど
posted by おやじ at 2015/07/28 07:04
コメント(0)  トラックバック(0)

 機密メール問題
 読売新聞には、『クリントン氏メール問題、機密含まれていた疑い』と題して、2016年米大統領選の民主党指名候補で本命候補と目されているヒラリー・クリントン氏(67)が国務長官在任中、公務に個人用メールアドレスを使用していた問題で、一部のメールに「機密指定」に該当する情報が含まれていた疑いのあることが明らかになった。

 情報機関の監察官が調査したメール40通のうち4通に含まれていたという。監察官は連邦捜査局(FBI)に対し、情報の取り扱いで問題がなかったかどうか調査するよう要請した。

 クリントン氏はこれまで、メールに機密情報は含まれていないと繰り返し説明してきた。ただ、長官在任中の2009〜13年に公務でやり取りしたメールは3万通以上もあるため、機密を含む疑いのあるメールが今後、さらに見つかる可能性も出てきた。とある。

 アメリカでは、公務で使うメールは、やはり別なんだ。倫理規定として、使い方を厳しく分けているのだろうね。それが守れないと、政治家としての資質を問われる。そう言う事なのだろう。

 もっとも、機密情報を含む内容を個人用のメールで送っていたとされる問題だが、メールを受け取った相手が居るはずで、受け取った人間からすれば、「あら、まぁー」と言う事で、分かっているのだろう。だが、口を閉ざす。それもアメリカの政治環境と言う事なのだろう。

 日本の場合は、倫理規定も糞もない。民主党時代だが、衆院議員の公務用パソコンや衆院内のサーバーが今年7月以降、コンピューターウイルスに感染し、議員ら衆院のネットワーク利用者のIDとパスワードが盗まれた疑いがあることがわかった。少なくとも約1カ月間、盗んだ側が議員らのメールや文書を「盗み見」できる状態だったというから驚きだ。

 ウイルスは外部からメールで送り込まれ、外交や防衛など国政の機密情報が狙われた。衆院議員の一人が7月末、お友達から届いたメールの添付文書をパソコンで開いたことがきっかけで感染した。問題のウイルスは「トロイの木馬」と呼ばれる種類で、中国国内のサーバーからパスワードなどを盗み出すプログラムを呼び込む役割を果たしたと言う。

 アメリカでは、当然名前が公表されるのだろうが、日本では名前が公表されなかった。ある中国大好き議員が、自身が関係する中国人と情報の交換をしていた。中国人は、その議員の漏洩情報だけでは満足せず、媚中議員へのメールに「トロイの木馬」を仕掛けた。

 知ってか知らずか、平和ボケでノー天気のサーバー保守は、ろくな対策もしておらず、まんまと国家機密情報を盗まれた。そんな話だ。いつもの通り、日本では、何故か、民主党の重大欠点は、たいしたニュースにもならない。

 パソコンにスパイウェアを仕掛ける。今では、中国の専売特許みたいなもの。百度(バイドゥ)」と言えば、中国検索最大手が開発した日本語入力ソフトを思い出す。使用するとパソコンに入力した全ての文字情報が同社のサーバーに送信されることが分かり、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)や文部科学省は、中央省庁や大学、研究機関など約140機関に使用停止を呼びかけた事件も記憶に新しい。スマホ版では、Simejiがそれに該当する。

 中国製スマホにスパイウェアがプリインストールされていると、ドイツのセキュリティソフト会社G Data Software(G Data)が、公表しているが、ビヨーン・ラップCEOは、中国で組み立てられた物を買う時は、「スパイウェアが仕込まれている可能性を想定した上で」購入する必要が有るとまで言っている。組み立て段階で仕込まれた物は、アンチウイルスソフトでは、検出も取り除く事も出来ない。

 日本で販売されているパソコンで、中国で組み立てられた日本向けパソコンのレノボには、組み立て段階でボットネット・マルウエアがプレインストールされる事が、マイクロソフトの調べで明らかになった。マイクロソフトのホームページにも掲載されている。

 ノー天気の平和ボケ、日本では、Simejiですら1400万件使われているそうだ。ニュースにしても、「ブルータスお前もか」と言う所なのだろう。今では、中国だろう、珍しくもない。議員の名前が公表されなかった背景には、マスコミに何故か、そう判断されるのかも知れない。
posted by おやじ at 2015/07/27 07:29
コメント(0)  トラックバック(0)
 31件中1~5件表示  次のページ

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog