おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2016年12月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2016年12月の記事一覧


 31件中1~5件表示  次のページ
 配送コスト
 sorae.jpには、『未来すぎ! アマゾン、貨物飛行船からのドローン配達を計画か 新特許判明』と題して、アマゾンといえばイギリスにてドローン配達「Prime Air」を試験的に開始していますが、将来はこんな夢のある計画を抱いているのかもしれません。同社は新たに、「在庫を搭載した飛行船からドローンによって配達を行う(AFCs)」特許を申請しています。

 この特許では、無人、あるいは有人操縦の飛行船が約1万4000mの上空を飛行します。そしてその内部には頻繁に注文される在庫と、ドローン(UAV)が格納されているのです。上の図でも、左側にドローン、右側に在庫が搭載されていることがわかりますね。

 そして「Prime Air」などのドローンを利用した注文が入ると、コンピューターが飛行船の在庫を確認。そして在庫があればそれをドローンに装着し、簡易な翼を搭載したドローンが注文社の家まで滑空して商品を届けるのです。またドローンのプロペラは目標地点に近づいた後に起動され、より正確な移動を可能にします。

 なお荷物を配達したドローンは、在庫を搭載した飛行船には直接は帰りません。地上のステーションに帰還し、小型の飛行船などに商品在庫や燃料と一緒に搭載されて空中の飛行船へと補充されるのです。また、この小型の飛行船は余分な在庫の持ち帰りにも使われます。とある。

 すごい発想だ。だが、日本で使われる事は無いだろう。何故って、電線が、それを阻むでしょう。日本では、空中を走る電線があちこちにあるので、ドローンは実用にならない。そう見るべきだ。

 だが、広い国土を持つ国や、インフラ計画が、各省庁と統一を以て進められる国、行政に無駄のない国、そうしたしっかりとした国や都市は、しっかりした都市計画が有って、それに則る形で作られているだろうから、こうした事が実現出来るかも知れない。別の見方で言えば、配送コストが安くすむ。

 配送コストに関して、国土が広ければ、高くつくだろうと考えていた。所が現実は、そうでもない。アメリカのほぼ中央辺りに居た時だ。休みにが近づけば、クーポンがびっしり手に入る。どこの国も似た様なもので、消費者は、安く買いたいのだ。買い物に出かければ、実に多くのものが、輸入品だ。日用品のほとんどが、輸入品と言って良いかも知れない。それ位多い。中には、日本で見る物と同じものが、目につく。むろん、日本でも輸入品だ。

 所が、価格がまるで違う。広いアメリカなら、配送コストがかかるであろうに、安い。それも半端な安さではない。ほぼ半額だ。関税とか、そうした物が値段を押し上げるから、全部が輸送コストではないかも知れない。ガソリンが3分の1、その差は、税金。大型トラックを使って大量に運べる。それも規制の差かも知れない。それに関税が安いのだろう。それも税金だ。電信柱は無い。それは、行政に無駄が無い事を思わせる。結局は、税金の違いが、配送コストの違いを、物の値段の違いを生んでいる気がする。云わば、物が高ければ、それも税金と言う事になる。

 アベノミクスやトランプ効果で、円安に変わった。現在は、倍の違いを実感させる事は無いだろう。だが、前の民主党政権は、ひどいものだった。
posted by おやじ at 2016/12/31 07:51
コメント(0)  トラックバック(0)

 株式市場
 産経新聞には、『東京株終値も256円安と大幅続落 円高警戒で3週ぶり安値』と題して、29日の東京株式市場は大幅続落した。日経平均株価の終値は、前日比256円58銭安の1万9145円14銭。終値としては今月9日以来、ほぼ3週間ぶりの安値水準となった。

 終日軟調。午後に下げ幅が拡大し、309円安の1万9092円まで値下がり。そのまま大幅安が続いた。

 このところ117円台を中心に安定していた対ドル円相場が午後に一時116円半ばまで円高に振れた。今月19日以来10日ぶりの円高水準とあって、警戒した投資家が利益確定売りの材料と判断して、売りが加速した。とある。

 トランプ氏が次期大統領として、決まると、円安が進行し、それにつれて株価が上がった。その為替も、117円付近で止まっても、しばらくは株価は上昇した。トランプ次期政権の人事も主要メンバーがほぼ決まり、期待感から現実感への移行し始めた為か、為替は、116円台へと円高に振れ始めた。為替に引っ張られる様に、株価が下がった。そんな印象を受ける相場だった。

 だが、取引総額がそもそも少ない。クリスマスの後、海外勢はお休みに入る。その影響とも取れなくもない。今日の相場も、海外からの応援は期待できない。となれば、取引総額も大した事は無いだろう。

 さて、来年の1月以降は、上がるのか下がるのか。。。  分かる訳がない。だが、その準備は進んだのか。売るべき株は、手放し、キープすべき株と峻別は出来たのか。それが問われる今ではないかと思う。

 キープすべき株として、判断したのが、配当の良い銘柄だ。配当履歴が堅実で、手に入れた時の価格が手ごろだった。その後高値が付いたが、それでも、その額でも高配当の部類に入れられる。しばらくは、配当を楽しむ。そう決めた。おそらくは、来年になれば、値が下がるかも知れない。だが、高配当が見込める間は、持ち続けた方が良いと考えた。

 妄想癖の為か、こんな事を考える。宝くじに当選したとする。金額を10億円。人は、そんな金額が手に入ると、なんに使おうと考える。たちまちにして、親戚や知人や業者から、たかりの洗礼を受けるだろう。気がゆるみ、金がみるみる減ってゆく。20年もすれば、おそらく何も残らない。

 もし、10億円を高配当の株に投資したとする。探すと、5%も夢ではない。年間にして5000万の配当を手にする。5000万は、十分すぎる金額だ。20年経てば、10億円を使ったことになる。だが、20年経っても、株は残る。

 そうした事は、10億円でも、10万円でも基本は変わらない。売るか売らないかの判断は、今の株価に対して配当がどうなのか、それで決まる。そうしている。むろん、損切はしない。株は安く買って高く売ると言う大原則に反するからだ。そうした考えが良かったか、どうかの結果は、10年位したら、分かるかも知れない。
posted by おやじ at 2016/12/30 08:14
コメント(0)  トラックバック(0)

近視を抑制
  Impress Watchには、『バイオレット光が近視進行を抑制、慶應大が発見』と題して、慶應義塾大学 医学部眼科学教室(坪田一男教授)、光生物学研究室(主任研究員:栗原俊英特任講師)の鳥居秀成特任助教らは26日、ヒヨコを用いた動物実験とヒトの臨床研究を通じて、波長が360~400nmの光(バイオレット光)が近視進行(眼軸長伸長)を抑制することを世界で初めて発見した。とある。

 記事では、バイオレット光を浴びると、ヒヨコの目の近視進行を抑制する遺伝子として知られている「Early growth response 1(EGR1)」が上昇するそうだ。

 同様に、ヒトの臨床研究からも、バイオレット光を透過するコンタクトレンズを着用している人の方が、透過しないコンタクトレンズやメガネを着用している人よりも眼軸長伸長が抑制されているともある。

 まず、ホントかいな、と疑いたくなる。何故って、360nm~400nmとは、すでに紫外線だ。目に良くないと言われている領域だ。白内障を進行させてしまう。実験内容が近視の減少だけでなく、メカニズムとして事実であったとしても、白内障とトレードオフでは、使えそうに無い。

 記事では、最後に、ちなみにPCやスマートフォンを使用していて、疲れ目の原因になると言われる「ブルーライト」の定義上、波長が380nm~500nmの光とされており、バイオレット光の波長の一部もこれに含まれることになる。疲れと近視進行はトレードオフの関係にあるとも言えそうだ。と結んでいる。

 自分が近眼になったのは、何時だったか、高校1年の時は、眼鏡を掛けていない。3年の卒業時はどうだったか、アルバムの写真を見る限り、掛けていない。大学受験で、遠くのものが見えずらく感じたが、眼科に行って、目薬で近眼予防をした記憶が有る。

 大学の時は、眼鏡をしていない。近視は、就職してからだね。丁度、コンピュータが普及し始めて、膨大な量の出力された紙に目を通すようになった。受験勉強でもここまでは、目を酷使はしなかったと思う。それが、近眼の原因ではないかと、今になって思う。

 近眼の良い所は、年齢が進んでも、眼鏡を外せば、近くが良く見える。本を読む事に苦労はしない。遠くは、眼鏡が必要だが、すでに慣れた。近眼も無く、目の調節機能が衰えた人は、近くを見る時は大騒ぎだ。眼鏡の習慣に慣れて無い為だろう。

 それでも、うらやましく思う人が居る。目の機能が衰えないように努力して、メガネが無くても、生活できる人だね。近視の場合は、目に良いとされる目の体操をしても、遠くを眼鏡無しではっきり見る事が出来ない。すでに眼球の筋肉の問題ではなくなってしまっている。目の構造上の問題にまで、変化してしまった。手遅れと言うやつだね。そうした目を光の波長で改善できるのなら、すごい研究だと思うけどね。きっと、ダメでしょう。
posted by おやじ at 2016/12/29 08:12
コメント(0)  トラックバック(0)

 最後の首脳会談
 産経新聞には、『安倍晋三首相とオバマ米大統領が最後の首脳会談 日米同盟のさらなる深化で一致』と題して、安倍晋三首相は27日午前(日本時間28日午前)、オバマ米大統領とハワイ・オアフ島の米太平洋軍司令部で会談した。両首脳は日米同盟をさらに強化していくことが重要との認識で一致したとみられる。

 安倍首相とオバマ氏が首脳同士だったのは4年間。オバマ氏は来年1月に退任するため、この日が両首脳の最後の会談となる。首相は「ともに努力し、日米同盟は安全保障、経済、人的交流を含む幅広い分野で協力が深化した」と謝意を伝える考えだ。

 また、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)について、トランプ次期米大統領が離脱を表明しているものの、自由貿易を後退させないとの決意を表明。とある。

 だが、オバマが中国の影響を受け、安倍首相を「歴史修正主義者」としたレッテルは、オバマ政権内でさらなる深化をとげ、政権の中枢まで染み渡り、修正される事は無かった。そうした関連記事も見受けられる。

 口ではチェンジと言いつつ、変わる事が出来ないオバマ政権。北野武のコピーじゃないが、「変われない自分に バカヤロー」と、オバマ政権の外交は、アメリカ史上特筆すべき無能(バカ)外交と評価される。ISを生み、東シナ海・南シナ海で中国の国際法を無視した現状変更を許している。

 こうした無能と評価される外交は、クリントン時代に遡る。クリントン夫妻は、中国企業と深い関わりを持つ。中国政府もそれを知って、選挙では、資金的な援助をしたとも言われる。クリントン政権時代、大統領は、同盟国である日本にも、韓国にもよらず、中国に9日と言う異例の長さで滞在した。日本嫌いと言われるクリントンは、「アジアの事は、中国に任せてしまえ」と言う考えを表明したと言う。

 今回の大統領選挙でも、クリントン大統領の奥さんが、ポストオバマの大統領候補だが、オバマ政権下の国務長官の資格で中国を訪問した時には、南沙諸島、西沙諸島問題には、ただの一言も触れなかったとされる。

 そうした中国からの金は、オバマ大統領出馬の時にも引き継がれた。そればかりでなく、オバマ自身も中国からの金を直接もらったと言われている。その返礼なのか、オバマは、国家情報会議の委員長にチャス・フリーマン氏を任命した。この職種は、アメリカ国家の中心になるスパイの総元締めだ。そこに事も有ろうに、中国の手先と言われる人物を据えた。このネタは、NHK特派員であった日高氏の日高レポートからだ。

 今回も、トランプと戦ったクリントン陣営の選挙資金は、中国の裏金だ。その選挙資金は、約43億8000万円と報告されている。さらに、これとは別に、政治資金団体「スーパーPAC(政治活動委員会)」は、5200万ドル(約54億3000万円)を用意しているとされる。およそ100億円の内、どこまでが中国からの裏金なのか、どこまでが善意の資金なのか、トランプ氏の選挙資金と比べると、殆どが裏金と言われても仕方がない。

 膨大な資金がヒラリー陣営に流れ、それを寄付をした中国人の住居を実際に訪問すると、「リストにある住所と名前が一致しなかっただけでなく、一致した人物ですら寄付をした覚えばないと言った」とされる。ニューヨークタイムス記事とその記者の話だそうだ。

 トランプが勝利した事で、日本にとっては、中国からの脅威は減ったと評価されるかも知れない。「アジアの事は、中国に任せてしまえ」などと言う話は消えるだろう。だが、トランプ政権の人事には、アジア外交の専門家がいない。一人もいない。ある意味で、日本の事は、日本任せだ。日米同盟の安全保障は、どこまで通用するのか、日本自身の努力が求められることは、確実なのだろう。

 チェンジが必要なのは、今度は、日本の番だ。歴史修正主義者のレッテルは、そうした事を嫌う中国の差し金に他ならない。日本の政治家が、そうした中国の工作資金に汚染されないように、国民が、良く見なければならない。
posted by おやじ at 2016/12/28 07:51
コメント(0)  トラックバック(0)

  不正処理
 産経新聞には、『経産省の「繊維流通統計」でデータの不正処理が大量発覚 関係者を処分、統計自体も廃止へ』と題して、経済産業省は26日、繊維原料や糸、織物の国内流通量を表す繊維流通統計で、回答数の減少を補うために過去のデータを長期間にわたって流用を続け、実態と乖離(かいり)した統計結果を公表していたと発表した。データの不正流用は、少なくとも文書保存期間の平成24年3月まで確認されている。統計の必要性も小さくなっているとして来年1月から廃止する。

 同統計は昭和28年から開始され、繊維原料や糸、織物の毎月の取引量や月末在庫数量を示したもの。経産省が、調査の集計を請け負った企業に対し、回答しない企業について、過去の回答データをそのまま流用するよう指示していた。データの流用は文書保存期間が経過した24年2月以前は確認できないとしている。

 さらに、データ流用を解消するため、25年4月以降、数値を徐々に減少させて、31年までにゼロにする不正な処理を行っていた。

 直近の28年9月分では対象733社中、回答数は約260社に止まり、純綿糸の在庫数が実数と4倍以上の開きが出るなど、実態とのかけ離れた結果が出ていた。とある。

 一言。呆れるね。税金泥棒とは、こうした行為を言うのだろうね。
posted by おやじ at 2016/12/27 08:03
コメント(0)  トラックバック(0)
 31件中1~5件表示  次のページ

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog