おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2016年8月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2016年8月の記事一覧


 30件中1~5件表示  次のページ
  日本は安い
 SankeiBizには、『「Japan is cheap」 破格に安い日本人の給料…人材流出が心配』と題して、

 「Japan is cheap」

 この言葉は、「日本は安い」という意味ですが、私の昔からの知り合いで著名な日本人の株式投資家の方がおっしゃっていたものです。

 日本はここ20数年、企業などが国内で生み出す付加価値(売上高-仕入れ)の合計である名目GDPが全く伸びず、物価などが諸外国に比べてとても安いのです。

 例えば、500円くらいでも日本ではそこそこ満足できる昼ご飯を食べられますが、欧米で5ドルや5ユーロ程度でまともな昼ご飯を食べられるということはまずありません。私は、今日夜からオーストラリアのシドニーに出張ですが、シドニーでは普通のレストランで昼ご飯を食べても2000円程度はします。まさに「Japan is cheap」です。

 それに呼応して企業価値も長らく安く放置されている企業も少なくないというのです。

 私はこの「Japan is cheap」というお話を聞いて、とても興味深かったのですが、その際に、優秀な人材もとても安いのではないかと考えました。とある。

 物価の例では、昼飯を上げているが、給与の面でも例を挙げて説明が続く。著者の憂いは、「とくに若いビジネスパーソンは、外資に引き抜かれ、余計に日本企業が弱くなるのが心配です。」とか、「いずれにしても、日本経済が成長しないのが一番の問題だと私は考えています。そのためにも、アベノミクスは金融緩和や財政出動のようなカンフル剤だけでなく、本物の「成長戦略」が必要なことは言うまでもありません。」と言う言葉で結ばれている。

 日本と言う国は、実に重大な問題を抱えている国だ。安倍首相がアベノミクスを完遂させるために、企業に対して賃上げをするように勧告すれども、労働組合は、民進党への政治的配慮から「アベノミクス反対」を掲げ、賃上げ要求を本気で戦わない。「Japan is cheap」の原因を作っている。

 企業は、お陰で使い道のないお金を内部留保として溜め込む。調べれば、『総額550兆円。。「内部留保」上位45社』などと言う見出しが目に入る。

 アベノミクスに対しても、金融緩和や財政出動のようなカンフル剤だけで、本物の成長戦略がないと指摘する。本物の成長戦略を掲げるには、規制緩和が必要になる。官僚社会主義と揶揄される日本は、それが出来ない事情を抱えている。財政出動は、そうした環境の産物でしかない。

 そもそもGDP540兆円の日本で、一般会計と特別会計を合わせて290兆円を官僚が使う。この比率の高さは、まさに世界1で、日本特有の事情と考えなければ、失われた20年も、長きに渡る円高や、デフレすらまともに説明できない。

 失われた20年で何が成長したかと言えば、役人の天下り先とされる独立行政法人と公益法人だ。その数、約30000社。290兆円は、こうした30000社を通じて使われる。日本にある建設会社が20000社であることを考えれば、30000社と言う数は、いかに必要以上に多く、ずばり言えば無用で、いかに多いかが窺い知れる。まさに官僚社会主義と言われる所以が、ここにある。

 経済の成長は、民間企業が給与を払い、設備投資や生産性の改善を通してできる話だ。役人が、天下り目的で規制を設けハンコを一つ余分に押すから成長するものではない。その意味で、本物の成長戦略には、規制緩和と言う役人にとっての痛みを伴う。官僚社会主義体制下では、民主革命でも起きない限り、日本は、それが出来ない。そこが問題だ。

 日本の物価が安いのは、円高にも原因が有る。その円高は、赤字国債が原因となれば、これも官僚社会主義が生んだ副作用でしかない。市場には、80兆円の貨幣が流通しているとされる。為替は、円とドルの交換比率で決まる。80兆円の市場に、40兆円もの赤字国債を流し込めば、ドルと交換できる円が減り、円高となるのは、当たり前だ。日本の長きに渡る円高は、官製円高と言わざるを得ない。

 人々の豊かな暮らしを支えるのは、経済だ。資本主義陣営と社会主義陣営の冷戦で、経済で成功したのは、計画経済の社会主義ではなく、資本主義だった。こうした対立は、国家間ばかりでなく、日本の場合は、官僚と民間の間にもそうした冷戦構造が、有るのではないか。官僚社会主義と民間の自由な経済を標榜する活動だ。残念ながら、日本の場合は、官僚社会主義思想が勝っている。それが原因で、経済成長できないと言う問題が生じてしまう。経済対策と言えば、計画経済の様な、既得権益者の為の、公共事業と相場が決まってしまう。

 先の経済対策でも、中国大好きの二階幹事長を中心に決まったことが、時代錯誤の28兆円もの公共事業だ。日本国内の官僚社会主義を変えるには、国民による民主革命しかない。選挙では、民進党には投票しない。与党でも、チャイナスクールには投票しない。有名でも無能が故、役人べったりにならざるを得ない候補者には投票しない。こうした心掛けが、豊かな日本を作ると思うね。
posted by おやじ at 2016/08/31 07:13
コメント(0)  トラックバック(0)

 世界の日本基準
 毎日新聞には、『<国交省>自動運転に「日本基準」 世界標準狙う』と題して、国土交通省が、自動運転の国際基準作りに乗り出すことが28日、分かった。自動運転は日米欧の自動車メーカーやIT企業の開発競争が激化しているが、どのような技術や規格に対応すれば安全かといった規制や基準は整備されていない。国交省は、日本の技術を背景とする国際基準を世界の標準にすることで、国際競争力を高めたい考えだ。とある。

 日本案が、国際社会の場でどこまで俎上に残れるのか、見ものだ。ビジネスの世界での経験だが、国際会議での日本は、実におとなしい。原因の一つは、語学と専門知識のバランスにある。語学が堪能な人は、中身がない。中身がしっかりしている人は、概して語学力に乏しい。両方持ち合わせている人は、実に少ない。会社が選ぶのは、2者選択の場合、語学に対する劣等感がそうさせるのか、年配者の外人に対するコンプレックスがそうさせるのか、語学力を優先する事になる。結果は、日本の負け。そんな所に原因が有る。

 語学が堪能な人は、中身がない。中身がしっかりしている人は、概して語学力に乏しい。両方持ち合わせている人は、実に少ない。そんな所は、海外でも、事情は似ている。だが、2者選択の場合、中身を優先する。語学力ではない。

 そんな人が、国際会議で大いに発言する。英語と母国語と混在させながら、一生懸命に訴える。そもそも会議には目的が有る訳で、そんな英語でも、何を言いたいのか、自ずと分かる。

 会議は、当然にして専門家の集まる会議だ。そんな所に、語学が堪能だからと言う理由で、専門知識を持ち合わせない者が出席しても、会議を思い通りにリードなど出来やしない。当たり前の話だ。日常会話では出てこない専門用語の数々に圧倒され、語学が堪能でも、自ずと口数が減る。元気なのは、会議が終わり、パーティぐらいの話だ。

 日本には、優れた技術を持ちながら、そうした優れた技術も理解されず、結果として、それが国際標準にはなりえず、後塵を拝した例は山とある。過去のそうした同じ轍を踏まぬように関連企業や国交省のハンドル捌きに注目したい。
posted by おやじ at 2016/08/30 06:33
コメント(0)  トラックバック(0)

  中国メディア
 時事通信には、『「常任理事国入りが目的」=日本の影響力警戒―中国・TICAD』と題して、中国メディアでは、初めてアフリカで開かれたアフリカ開発会議(TICAD)首脳会議について「日本の国連安保理常任理事国入りに向けた支持獲得が目的だ」との見方が出ている。

  中国はアフリカ各国と関係を深めてきており、日本の影響力拡大を警戒しているようだ。

  27日付の中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報は、ケニア・ナイロビでのTICAD開催を「安倍首相の派手な援助ショー」と批判的に報道。国営新華社通信も28日、専門家の分析として、常任理事国入りのための協力、資源や軍事拠点の確保を狙った「経済、政治的な『雑念』と軍事拡張の野心を隠し難い」と伝えた。とある。

 まあ、勝手な解釈を吹聴する中国の目的は何か。アフリカの資源の独占だ。アフリカに対して、日本は長きに渡って、人道上の観点から、対価を求めず、支援をしてきた。そうした環境に対して、近年になって中国は、独裁政権を中心にアフリカの資源獲得を目的に、武器の供与やわいろを使いその存在感を増し、ついには影響力の一番手にのし上がった。

 こうした事を憂い、日本が支援の形をアフリカの人達の教育や人作りに力点を置き、アフリカ人自ら立ち上がり、国作りに貢献できるように方向転換を始めた。

 アフリカ人が、自らの意志で立ち上がる事に危機感を感じたのか、中国は、日本のそうした活動に横やりを入れるべく、歴史歪曲と同様に、勝手なプロパガンダを始める。中国による宣伝戦だね。おそらく、中国のやる事は、これだけでは無いはずだ。日本国内に居るチャイナスクールや媚中派、親中派を動員して、有らぬ嘘情報をばらまき、日本国内に賛否の波風を立てる。民主主義国の弱点は、バカの存在だからね、それを活用するだろう。

 別の記事に目を移すと、AFP=時事には、『消えたユニホーム問題でケニア五輪委員会を家宅捜索、幹部3人を逮捕』と題して、リオデジャネイロ五輪の開会式で、ケニア代表の選手たちの手元にユニホームが届かず、そろいの格好で開会式に臨めなかった問題で、ケニアの警察当局は27日、同国五輪委員会(NOCK)の事務局へ家宅捜索に入り、数十箱の衣料品が押収された。同日には、委員会の幹部3人が逮捕されている。とある。

 要は、オリンピック選手のユニフォームを転売目的で横領した。そんな記事だ。それがアフリカ。中国が、武器やわいろで資源を獲得しようとする訳がそこにある。

 こうしたアフリカに対して、人を殺してはダメですよ。物を盗んではダメですよ。などと言う民主主義の基本を浸透させることが、日本の人材育成の基礎になる。中国は、共産主義の国だから、民主主義には興味がない。有るのは、自分たちの利益だけ。そうした自分たちの利益の為に、こうした日本の活動に反対し、政治的な意味合いで、嘘のプロパガンダを吹聴している事になる。

 日本の良識ある国民が見守るべきは、中国の情報戦に踊らされたバカとか、日本の国益より中国の国益を優先するとされるチャイナスクールの挙動を良く見る事だね。きっと、例によって、護憲派とか、そう言った連中と結びつきマスコミが煽り、騒ぎが起きる。情けないかな、これが日本だ。具体的に誰がそう言う人なのか、よく覚えておく事が大事かも知れないね。
posted by おやじ at 2016/08/29 06:32
コメント(0)  トラックバック(0)

 アフリカ支援
 時事通信には、『3年で33億ドル資金供与=アフリカ開銀と協調―政府』と題して、 政府は26日、アフリカ開発銀行と共同で、2017年から3年間で30億ドル(3000億円)規模の資金協力を実施すると発表した。

  うち日本は15億ドルを拠出する。これに加え、日本独自で火力発電整備に関する特別枠3億ドル(300億円)を設定。日本単独で計18億ドル(1800億円)の円借款を供与する。アフリカ諸国の経済成長と貧困削減を支援するのが狙い。

  日本政府は、電力普及や道路整備などの社会インフラに加え、保健や教育、栄養面での改善を進める事業の推進を後押しする。27日から始まるアフリカ開発会議(TICAD)に先立ち発表した。

  支援は、アフリカ開銀と設けた民間支援の枠組み(EPSA)を通じて実施。対象はアフリカ各国政府と現地民間企業で、国際協力機構(JICA)が資金を供与する。同開銀との協調融資でインフラ事業や、医療・保健の受診向上に向けた取り組みなどを支援。同開銀は日本の円借款を原資に、民間企業にも出融資する。とある。

 植民地化が目的で欧米諸国がアフリカ進出を進めた歴史とは異なり、日本はアフリカの発展のために人道的立場に立った巨額の援助を長年に渡ってしてきた。

 所が、中国がその基盤を奪うか如く、植民地化とは別のやり方で、アフリカの資源を目的にアフリカ利権をむさぼりつくしている。

 その多くは、独裁政権に対して、武器援助や多額のわいろを使い、その見返りとして資源を得ると言う方法だ。インフラ整備も進めるが、受注するのは、中国系企業であり、作業をするのは、中国人であり、それを機にアフリカ国内にチャイナタウンを建設する。そうした中国に対して、さすがの独裁政権も、これでは中国による事実上の侵略と変わらないと分かり、中国以外の援助を求め始めたと言うのが、背景だ。

 日本の援助は歓迎される。だが、日本の援助が、結果としてアフリカにチャイナタウンを増やすことになっては、アフリカの為になっていない。これからは、一方的援助ではなく、アフリカと日本のWin-Winの関係を考慮した投資がアフリカ発展のためになると、日本政府が方向転換を図った。

 こうした方向転換に対して、これからの注目点は、中国大好きな二階幹事長と政府のやり取りだ。両者の意見は必ずしも一致しない。日本の国益を考える政府と中国大好きな幹事長の間で、どんな駆け引きが展開されるのか、そこが注目だ。

 日本は、中国の様に武器を輸出して見返りに資源を得るようなことは、しない。アフリカの事はアフリカ人が出来るように、人材育成を中心に据え、育ったアフリカ人が起こす企業との関係でWin-Winを目指す。それが、援助ではなく、方向転換した投資の意味であり、考え方だ。

 だが、こうしたやり方は、独裁政権にとって都合の良い物では無い。日本国内にも意見の相違を抱え、はたして、どこまで受け入れられるか、難しさが残る。自民党には、中国大好きな、東京都のドンの様な人が生まれたからね。安倍さんも、大変だね。
posted by おやじ at 2016/08/27 06:42
コメント(0)  トラックバック(0)

 異常気象
 レスキューナウニュースには、『〔大気不安定〕あす27日にかけて北日本で大雨 土砂災害などに警戒を(8/26)』と題して、気象庁は26日05:01に、「大雨と雷及び突風に関する全般気象情報 第2号」を発表しました。オホーツク海の低気圧から南西にのびる寒冷前線が、きょう26日の朝には北日本へ進み、あす27日は北日本から西日本に停滞するでしょう。このため、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、北日本では27日にかけて、大気の状態が非常に不安定となる予想です。気象庁は、低地の浸水、河川の増水やはん濫、土砂災害に警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風に注意するよう呼びかけています。とある。

 台風が、3つも来る。しかも、今度来る台風は、その進路から迷走台風と言っても良いかも知れない。こうした異常気象は、温暖化が原因と言えるのではないか。となれば、CO2ナンバーワンの排出国の中国が原因と言えなくもない。まったく、共産党と言う社会は、実に迷惑な存在だ。

 今回の台風が影響したのか、それとは別なのか、分からぬが、我が家の柿木の幹が折れた。大きく育った柿木だったが、水を吸いすぎたのが原因なのか、風による枝への負担が原因なのか、大きな枝の根元から、幹を3つに割くような折れ方をした。
posted by おやじ at 2016/08/26 06:10
コメント(0)  トラックバック(0)
 30件中1~5件表示  次のページ

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog