おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2017年5月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2017年5月の記事一覧


 30件中1~5件表示  次のページ

求人倍率改善の背景
 時事通信には、『求人倍率、バブル期超え=1.48倍、43年ぶり高水準—失業率2.8%・4月』と題して、厚生労働省が30日発表した4月の有効求人倍率(季節調整値)は前月比0.03ポイント上昇の1.48倍となり、2カ月連続で改善した。緩やかな景気回復と人手不足を背景に企業の求人が増えた。求人倍率は1990年7月に記録したバブル期の最高(1.46倍)を超え、74年2月以来、43年2カ月ぶりの高水準。雇用情勢について、同省は「着実に改善が進んでいる」(職業安定局)と分析している。

 総務省が同日発表した労働力調査によると、4月の完全失業率(季節調整値)は2・8%と、3カ月連続で同じ水準だった。

 求人倍率は、ハローワークに申し込んだ求職者1人当たりの求人数を示す。4月は求人数が前月比0.7%増加する一方、求職者数は1.6%減少した。正社員の求人倍率は0.03ポイント上昇し0.97倍に改善。集計を始めた2004年11月以降の最高を2カ月連続で更新した。とある。

 働き口が有る事は、良い事だ。思えば、民主党政権の時は、大学を出ても、就職先が無く、有効求人倍率は、0.7を下回る事すら有った。当時の政権の目は、日本国民ではなく、中国や韓国の為に向けられていたように思う。

 学校を出ても、就職口が無い。やむなく、正社員をあきらめ非正規に身を置く。一度非正規に身を置けば、そう簡単には、正社員にはなれない。求人が無いのだから、中には、非正規にもなれず、生活保護に頼らざるを得ない者が、確か、数の上では、記録を更新したと記憶している。ひどい政権だった。

 民主党は、「沖縄ビジョン」や「政策INDEX」などを掲げ、日本を売り、中国のために沖縄を差し上げますと言う内容だ。極めつけは、鳩山首相の「日本は、日本人だけの物ではない」とか、「法律によって主権を(中国に)委譲」するなどの政策だ。そうした事は、党名を民進党に変えた今でも何ら変わっていない。違いは、議席を減らし、民進党が醸し出す経済への悪影響が軽減した事に有る。

 旧社会党の党員や政治家を中に抱える民進党は、社会主義を目指す政党と言っても良いかも知れない。印象的だったのは、官僚社会主義と揶揄される財務省と消費税増税を目論んでいた時の事だ。1000兆円の借金を抱える財務省は、とにかく金利を低く抑えたい。大量の赤字国債を抱え、その金利返済が多いので、もし、金利が上がれば、返済のために自分たちが使える金が減ると計算した。従って、金利が上がる要素となる経済成長など、以ての外と言う事になる。アベノミクス、黒田バズルカなどを真っ向から否定し、歓迎しなかった。彼らが望んだのは、マイナス金利、増税、景気後退なのだった。それが、結果として有効求人倍率を下げてしまっていた。

 赤字国債の金利が20兆円位だったと思う。確かに大きな額だ。経済成長率が1%改善すれば、金利が上がる。経済成長による税収増よりも、金利上昇による返済金の増える額が大きくなると計算した結果だった。財務省「平成23年度予算の後年度歳出・歳入への影響計算」に、それが示されている。

 当時、この政党は、第三の道とか言って、増税すれば、景気が良くなるとか、国民騙しもいい加減にしろと言いたくなるような事を言っていた。そんな政党が未だに存在している。そればかりか、民主主義を否定し、全体主義を目指すと公言する共産党が、大手を振って存在する珍しい日本の政治に対して、一人の国民として実に情けないと思うね。
posted by おやじ at 2017/05/31 07:15
コメント(0)  トラックバック(0)

 発射継続
 時事通信には、『米中に対抗、発射継続か=北朝鮮、対話の可能性も―米専門家』と題して、米ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究大学院・米韓研究所のジェニー・タウン副所長は29日、東京都内でインタビューに応じ、北朝鮮の相次ぐミサイル発射に関し「技術的な進展を目指す側面もあるが、政治的な理由が反映されている」と指摘、「米中両国の圧力に対する反応であり、米国が強硬姿勢で臨んでも、北朝鮮は脅しに屈しないことを示すため、さらに(ミサイル発射を)続けるのではないか」と述べた。とある。

 米中首脳会談で、習近平氏は、トランプ大統領に対して、100日間の猶予を貰って、北朝鮮に対して、核開発と弾道ミサイルの発射実験を止める様に説得すると約束した。それが、4月8日だったから、100日後とは、7月中旬になる。だが、2カ月を経過し、5月も終わろうとするが、その成果は、何一つ見えない。石油の供給も、相変わらず継続している。

 騙す中国、騙されるアメリカの構図が有るのだろう、一帯一路の会議でも、何一つ触れられなかった。習近平氏の行いは、約束の存在その物がまるで無かったかのような、振る舞いだった。その間、弾道ミサイルの開発完了まであと一歩と言う北朝鮮にしてみれば、100日間の開発猶予を貰ったかの様に矢継ぎ早に、ミサイル実験を繰り返す。

 そのミサイル実験は、やがて、日本列島を超え太平洋上に着水させるミサイル実験を強行する時がやがて来るだろう。その時、日本は何をするのか。ミサイル防衛システムを持ちながら、おそらくは、何もしない。売国野党の民進党がうるさくて、何もできない。それが実態かも知れない。

 だが、その実験が、100日が過ぎていれば、中国に気兼ねすることなく、アメリカがそれを打ち落としてしまうかも知れない。そうした事態が次に何をもたらすのか。もしかしたら、米朝衝突は、やはり避けられない必然だったなどと、歴史に残るのかも知れない。

 ミサイルを落とされたとなれば、北朝鮮は次に何をするのか。と言うよりは、日本の野党は、日本の安全保障に対して、どんな妨害をするのか。日本国民の生命財産をどこまで危険にさらすのか、その観点で用心しなければならない。

 おそらくは、それが高じて、被害が出ても、反撃に対して、あらゆる妨害をして、意味のない「話し合いで」を繰り返すんだろうね。20年以上話し合ってきたが、このざまだと言う事を棚に上げて。日本の真の敵は、野党が抱えるイデオロギーかも知れない。そのイデオロギーの手本は、根っこを辿れば、共産主義に突き当たる。彼らは、北朝鮮や中国共産党のスパイの様な物か、あるいは親戚かと見なせば、彼らの心情が理解しやすい。そう言えば、民進党の党首は、2重国籍問題でもめた人だしね。
posted by おやじ at 2017/05/30 06:56
コメント(0)  トラックバック(0)

  個人情報
 毎日新聞には、『<個人情報>「匿名加工」一律基準なく 利用、企業は二の足』と題して、個人情報保護法(2005年施行)が初めて大幅に改正され、30日に施行される。改正の目玉の一つは、個人情報を誰のものか分からない「匿名加工情報」にすれば自由に売買できるようになることだ。商品の購入履歴などを大量に集めた「ビッグデータ」をビジネスで活用しやすくするのが狙いだが、どこまで加工すれば安全か一律の基準はなく「一般の企業は利用に二の足を踏むのではないか」と指摘する声もある。

 匿名加工情報は、個人が特定できないように加工し、復元もできなくした情報。作成する企業や団体はホームページなどに加工後の情報の項目を公表すれば、本人の同意なく第三者に提供できるようになる。とある。

 個人情報保護法が施行されてから、個人が、これを盾にやたらと個人情報だと主張し過ぎるきらいもある。そんな中、「ビッグデータ」をビジネスで活用しやすくするのが狙いで、個人が特定できないように加工すれば、本人の同意なく第三者に提供できるようにした。

 個人情報が特定できないのだから、自分の情報が使われている事は分からないのだが、「スイカ」の乗降履歴データの様に、日立製作所に販売されれば、苦情は相変わらず、出るのではなかろうか。

 ある団体で、会員の訃報連絡を掲載した事が有る。それを知った遺族の一部から、尋常ならざるクレームを受けた。そのクレームの根拠は個人情報保護法だと言う。死者は個人情報保護の適用外だが、あまりのクレームの異常さに、背景を調べると、相続遺産の問題が絡んでいる様だった。

 遺産をクレームを付けた本人が遺産を相続したが、会員の訃報連絡の掲載を相続権利の有る別の人も見た。そこでもめた訳だ。クレームはその腹いせと言う事らしい。独り占めできたはずの遺産を分割せざるを得なかった。その原因を作った訃報連絡を許せなかったと言う事らしいと知った。

 クレームはすさまじい。考え得るあらゆる通信手段で、時間も相手もかまわず、怒鳴り散らす。しかも一方的に継続する。その時のセリフが、個人情報保護法だった。もう一度書くが、死者は個人情報保護の適用外だ。訃報連絡を掲載する事は、本人が会員になる時に会の規約に書かれており、それに従った手続きだった。最後は、法的手続きを取ると言ったので、どうぞと答えたのを最後に、クレームは終わった。全く迷惑な話だった。

 これと同じような事は、起こりうる。個人情報保護法の条文に何が書かれていようと、個人情報保護と言うイメージが、個人の勝手な解釈によって拡大され、曲げられ、勝手に適用される。これが1人でも大変なのに、複数になったら、手に負えなくなる。それを民主主義とは言わない。

 本当の意味で、個人情報保護法が個々人に理解され、正しい運用の元、社会の利益として還元される日は、残念ながら日本では遠い気がする。その基は、憲法論議と同じで、テレビの伝え方に問題が有ったようにも思う。
posted by おやじ at 2017/05/29 07:17
コメント(0)  トラックバック(0)

 歯周病と安保
 毎日新聞には、『<医療>歯周病はアルツハイマー病の一因か?』と題して、日本人の成人の80%以上がかかっているといわれる歯周病。その原因菌が作り出す「酪酸」がアルツハイマー病を引き起こす一因になる可能性があるという。日本大学歯学部の落合邦康特任教授(口腔<こうくう>細菌学)らの研究チームが5月12日、福岡市で開かれた日本歯周病学会でラットによる実験結果を発表した。歯周病とアルツハイマー病の関連性については、これまでも指摘されていたが、動物の体の中で歯周病とアルツハイマー病の関連を示唆する現象が起きているのを確かめたのは初めてという。とある。

 歯周病とアルツハイマー病の関連性か、これは大変だ。口の中は、虫歯の治療痕の数が多い。歯医者の壁には、80、20などのスローガンが掲げられている。80歳で、自分の歯を20本以上残そうという運動だ。歯医者に行って治療をしても、また、どこかの歯がおかしくなる。その繰り返しだった。20本は大丈夫かな、心配になる。

 そもそも虫歯になり始めたのは、今思えば、歯磨きで、ローリング法なる磨き方を指導され、実践してからそうなった気がする。だが、そう言えば、ここ何年も歯医者のお世話になっていない。歯磨きの方法を変え、歯間ブラシを使うようになってから、歯医者のお世話にならなくなった。

 虫歯が出来ないようになって気が付いた事は、他人の口臭だ。とにかく臭い人が居る。しかも、かなり多い。今までは、あまり気が付かなかった。スポーツジムに通っているが、ランニングマシンの隣にそういう人が来られると、もう地獄だ。場所を変えざるを得ないが、当の本人は、何も気が付いていない。自分が口臭を持っていた時には気が付かない、それが実態だったんだ。そうした事が、アルツハイマー病と関連性が有るのではないかと言う記事だ。

 考えてみれば、ローリング法が僕の虫歯の原因だった。今でも、そんなのを指導している歯医者が居るのだろうね。世の中、理想的な理屈を基に、こうすれば、うまく行くんじゃないかで実践しても、現実は、上手く行かない事が有る。それより、経験値から学び、その中に理論を見出す方が、上手く行く場合が多い。経験が上手く行っているのなら、その理論解釈に多少間違いが有っても、上手く行くのは、当たり前だけどね。

 国の安全保障の分野もそうだよね。理想憲法を掲げれば、平和だよと信じる人が居ても、現実は、アメリカの基地が有り、自衛隊が存在するから平和が保たれる。戦争抑止力を持たなければ、平和は保てない。長い人類の歴史と言う経験値からそう言える。その理論解釈に多少間違いが有っても、上手く行くのは、当たり前だけどね。

 憲法論議すらタブーとする。そんな人の周辺は、きっと赤い匂いがして、臭いんだろうね。
posted by おやじ at 2017/05/28 07:14
コメント(0)  トラックバック(0)

 ロシアゲート
 ロイターには、『米大統領娘婿クシュナー氏、FBIのロシア捜査の対象に=報道』と題して、米ワシントン・ポスト紙とNBCニュースが関係筋の話として伝えたところによると、トランプ米大統領の娘婿であるジャレッド・クシュナー大統領上級顧問が、ロシア疑惑に関する連邦捜査局(FBI)の捜査の対象となっている。

 ワシントン・ポストは、クシュナー氏とロシアの大使やモスクワのバンカーとの接触についてFBIが捜査していると報じた。クシュナー氏は、捜査の重要人物とみなされていることが明らかになった唯一のホワイトハウス現当局者だという。とある。

 大統領選中、トランプ陣営とロシアが協力して、クリントン陣営に妨害工作をしたかどうかを捜査したいのだろう。だが、証拠探しは、現実問題として無理でしょう。おそらく、そうした効果も、必要性も無いからだ。だが、サーバーへの攻撃は、どのサーバーに対しても、各国を偽装した攻撃は、日常茶飯事だ。それを使えば、えん罪作りは、可能かも知れない。

 ロシアが、クリントン陣営のホームページを書き換えたなんて言うニュースは目にしなかったし、パソコンがハッキングされ、情報が盗まれたなどと言うニュースのも目にしなかった。捜査をするなら、そうした被害が本当にあったのか、その証拠固めから入るべきだが、そうした話も聞かない。

 トランプ氏の最大の弱点は、人事が進んでない点だ。役所では、多くがクリントンのために働いた人達で占められている。そんなこんなが、トランプ攻撃の根っこに有るのではなかろうか。

 話は飛ぶが、日本で野球観戦をすると、それぞれのチームのファンが適当に案分され、球場が一つのファンで埋め尽くされるなどと言う事は、そうは、ない。だが、アメリカでは、どちらかに偏る。考えてみれば、当然と言えば、当然かも知れない。地元のチームが有れば、地元のファンで埋め尽くされる。それがアメリカだ。

 人事が進まず、トランプ氏の心境は、アウェイで試合をしている様な心持ではなかろうか。
posted by おやじ at 2017/05/27 06:12
コメント(0)  トラックバック(0)
 30件中1~5件表示  次のページ

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog