おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2018年3月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2018年3月の記事一覧


 30件中1~5件表示  次のページ
  新時代
 毎日新聞には、『<中国>スマホ密輸84億円 ドローンでワイヤ張り巻き取り』と題して、中国広東省深センの税関当局などは29日までに、ドローン(小型無人機)を使って中国大陸と香港の境界を越えてワイヤを張り、大量のスマートフォンを密輸したとして、中国人ら26人を拘束したと発表した。密輸額は5億元(約84億円)にのぼる。新技術を使った忍者のような手口に、驚きの声が上がっている。とある。

 思い付きそうな事だが、やはり有ったかと言う話だ。時代の進歩に、犯罪も進歩する。ドローンを使った犯罪は、個々人で出来る範疇の話だ。従って、これに類する犯罪は、おそらく、今後も出てくるだろう。

 昔は、様々な理由で難しかった事も、今の時代なら、出来る事が有る。私事だが、最近はまっている事で、Z80と言うCPUを使っている。ここに来て、Z80関連のICが相次いで生産中止になった。今市場に出回っているのは、在庫品と言う事になる。

 Z80を使った物と言えば、CP/Mとか、MicrosoftのBASICが定番だった。今では、パソコンの草分けで、骨董的価値しかないかも知れない。だが、大昔には、あこがれの存在だった。そんな憧れを今作るとしたら、大した費用も掛からず、出来てしまう。それが、今と言う時代なのかも知れない。

 ネットを検索すれば、そうした事に必要な情報は、簡単に得られる。秋月で部品をそろえ、CP/Mが走るコンピュータを作ったのは、もう、何年か前の話だ。今は、もっと簡単にできてしまう。

 MicrosoftのBASICは、かつてのNECから発売されたPC-8001などに搭載された。当時欲しくて、20万円くらい使った気がする。そのMicosoftのBASICが、秋月の1000円のボードを使って、部品を合わせて、ネットでBASICのコードを手に入れ、組み込めば、動いてしまう。I/Oアドレスの変更など、ちょっと手を加える必要が有る所が、たまらなく面白い。ビルゲーツの様な才能がなくとも、企業の様な資金が無くても、個人でもそこまで出来てしまう時代なんだと思う。

 こうした事が、個人を超えて、国レベルならどうだろう。国際法を守らぬ、共産国家なら、何かをやらかす。しかも、もっと大規模にだ。核爆弾なんぞは、その良い例かも知れない。多分、作る気になれば、情報も集まるし、今の時代なら、私でも必要な情報を集められそうな気さえする。

 どこかの国の横やりで、日本にばらまかれた核アレルギーは、野党の社会主義的言論統制と相まって、考える事すら、まかりならんとされてきた。所が、こうした時代だから、核爆弾さえ簡単にできてしまう。それを考えると、共産国家が、趣味で原爆を作るまでは、やむを得ないのかも知れない。

 だが、それを使って、恫喝外交をするのは、明らかに犯罪行為だ。厳しく対応しなければならない。犯罪者が、銃を持って脅しているのに、警官が銃を持たずしてどうする。時代に合わせて、日本も何か対応を考える時が来ているのではなかろうか。
posted by おやじ at 2018/03/31 07:05
コメント(0)  トラックバック(0)

  合併交渉
 Bloombelgには、『日産自とルノーが合併交渉、20年にわたる絆固めて単一企業へ-関係者』と題して、仏ルノーと日産自動車は合併し、統合後の新会社を上場する可能性について協議している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

 非公開情報であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、実現すれば、日産・ルノー連合は解消され、単一の法人となる。ルノーと日産自は株式を現在持ち合い、ルノーは日産自の株式の43%、日産自はルノー株の15%を保有する。関係者によると、両社の会長を務めるカルロス・ゴーン氏が交渉を推進しており、統合後の新会社を率いる見通し。とある。

 こうしたニュースに、フランスでは、ルノー株が29日、一時8.3%高と急伸したとある。一方。日本の日産株は、反対にやや値を下げた。3月決算の日産は、配当金額を上げ、53円としている。配当利回りは、4.84%と、高い配当利回りを維持している。この合併、ルノーにとっては、魅力的でも、日産にとっては、メリットは無いと市場が判断しているのではなかろうか。

 合併には、様々な困難が有るとも記事には書かれている。一つは、フランス政府がルノー株の15%を保有している事だ。だが、もしルノーにメリットが有るならば、それは言われている程に、障害にならないのでは無かろうか。

 それに対して、もう一方に対極に位置する日本の政府は、どう判断を下すのだろう。国会では、昭恵夫人が関与したのしないのと、一年も、繰り返し同じ話が繰り返されている。それを追求する野党議員には、偏向報道の為か、マスコミは報道しないが、過去の口利きの黒い履歴が、ネットでは知られている。こっちは、疑いではなく、紛れもなく本物かも知れない。

 まあ、国益を忘れた野党の政治ショーなのだろう。これが続けば、合併にまで気を回せない。北朝鮮問題も、最悪を迎えるかも知れない。

 もっとも、反日とは、日本の国益を毀損する事が目的だからね。民主党の議員が、韓国にわざわざ出かけ、反日デモに参加する。それと同様に、今の野党議員には、こうした事態に、これはこれで、満足なのかも知れない。
posted by おやじ at 2018/03/30 07:08
コメント(0)  トラックバック(0)

 自動車ショー
 TBS NEWSには、『NYで国際自動車ショー始まる、“輸入制限”にメーカー戸惑いも』と題して、華やかな雰囲気の一方で、トランプ政権が鉄鋼やアルミニウムを輸入する際に高い関税を課す措置を発動したことを受け、各メーカーからは戸惑いの声が聞かれました。

 「(関税措置が)我々にどれだけの影響があるか、まだ分かりません」(北米トヨタ ウィリアム・フェイ上級副社長)

 「消費者のことを考えるべきです。保護貿易主義では誰も得をしません」(北米フォルクスワーゲン ヒンリッチ・ヴァッケンCEO)とある。

 早くも、保護貿易主義で、国内から苦言が飛び出している。トランプ氏は、中間選挙に向けて、人気取りの為に保護貿易を掲げたが、どうやら今度は、その目論見は、裏目に出そうだ。

 アメリカにおける自動車産業の比率はどの程度なのだろう。ITやインターネットなど、いわゆるサービス産業が大きい事は分かる。また、農業などの一次産業も大きい。意外と小さいのが、自動車などの第2次産業と言われる分野かも知れない。その大きさを調べていないが、それでも、そこそこ大きいと思う。早くもそこから苦言が出れば、そうした事を無視できなくなる。国内問題に火が付けば、次はどんな思い付きを出すやら、目が離せない。

 話は変わるが、サービス産業の実態を考える時、GDPなどの集計に、農業や工業と同一に考えるべきなのか、ふと疑問に思う。車を運転していて、30分100円の駐車場を目にする。自動車1台分のスペースで30分100円かと。これが農業なら、ネギを作っても、30分100円にはならない。1年間か掛かるからね。

 娯楽番組でひな壇に鎮座する芸人は、30~40万円位もらうと言う。自動車1台分のスペースに30分番組だとすれば、100万円位の計算になりそうだ。ネギも、駐車場も、芸人のお笑いも、GDPとしてカウントすれば、サービス産業が日本を支えているなんて、勘違いをしそうだ。ITやインターネットならまだ分かるが、芸人を増やし、彼らが御殿に住めるように待遇しても、ネギが生産されなければ、国はもたない。

 アメリカには、それでも効率的な農業が有る。日本には、農協様の既得権益で効率的な農業は無い。アメリカ同様に、第2次産業が、中国に行ってしまっている。関税でどうこうできる問題でもない。トランプの思い付き政策も問題かも知れないが、テレビの低俗番組に心を奪われ、問題意識を持たない日本の国民こそ、最大の問題かも知れない。
posted by おやじ at 2018/03/29 07:16
コメント(0)  トラックバック(0)

  佐川氏喚問
 REUTERSには、『焦点:佐川氏喚問、証言拒否多く「疑惑」解明に距離 今後は世論次第』と題して、衆参の予算委員会で27日に行われた証人喚問は、佐川宣寿・前国税庁長官が財務省決裁文書の改ざん理由や経緯について、刑事訴追の恐れがあるとして証言を拒否したため、真相解明にはほど遠い結果となった。野党側は安倍昭恵首相夫人、迫田英典・元国税庁長官らの証人喚問を要求した。とある。

 野党が企画した政治ショーは、誰もが予想した通りの展開となった。そこには何も新しい物は無い。ただ気が付いた事と言えば、佐川氏とは、なかなか賢い人で、それに比べ、野党は、まるで子供。言うなれば駄々っ子に等しい、そんな構図が見えた。

 野党の決めつけ質問やひっかけ質問に引っかかる事もなく、かつ、嘘もなく、返答する。法的に問題が無いとされる「書き換え」を、野党が有ってはならないと騒ぐ「改ざん」と言い換えるかごとき質問も、「刑事訴追の恐れ」と切り抜ける。予想されたと通りだ。佐川氏と質問に立つ野党の差は、脳みそなのかと改めて、野党の無茶振りが露呈した政治ショーだったと印象を持った。

 こんなバカな政治家では、役人任せの政治になってしまう。そもそも、こんな野党が、国会の時間を無駄に使う。こんな野党に投票した有権者は、もっとバカなんだろうねと、その投票行動に問題が有りそうだ。そんな印象すら持った。

 野党は、北朝鮮問題に触れさせたくないのか、国会では連日のようにこの話だけだ。繰り返し繰り返し同じことが、もう、1年も続いている。野党は、偽証だとか、重大犯罪だとか言うが、野党が指摘する関係者に一人として逮捕者が出ていない。これからも出る事は無いだろう。無駄な政治ショーだった。

 逮捕者が出ないのは、そもそも公文書に改ざんは無論のこと、書き換えすら無いからだ。公文書の原本とは、ハンコが押された物。それは改ざんされていないからだ。担当者のパソコンか、それとも誰かのパソコンに残っていた文書なのか、それを説明文書として不要なものを削除する。その理由は、①そもそも、原本ではない。②その文書が、官僚の文書としてのスタイルを満たしていなかった。③説明文書として不要な部分を取り除き、サマリーする事は、以前からあった。そんな理由があったのだろう。野党は、政治問題化するために、無理切りそれに飛びついた。そんな構図が、見えてしまった政治ショーだった。

 さあ、野党は、証拠もなく騒ぐだけで、政治ショーとして見せたい気持ちなのだろう。だが、騒ぐだけの政治ショーならば、ここらで切り上げて、欲しいね。重大な局面を迎える北朝鮮問題とか、関税問題に政府が動ける様に開放すべきだと思う。だが、売国野党と揶揄される連中は、やらないだろうね。むしろ、日本が国難を切り抜ける事を良しとしないからね。売国野党と揶揄される本質が、それだからね。
posted by おやじ at 2018/03/28 07:12
コメント(0)  トラックバック(0)

 中国に電撃訪問
 Bloonbergには、『北朝鮮の金氏が中国を電撃訪問、期間や会談相手は不明-関係者』と題して、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が北京を電撃訪問した。関係者3人が明らかにした。2011年に最高権力者の座に就いて以来、金正恩氏の外遊が伝えられたのはこれが初めて。とある。

 米朝会談を前に、北朝鮮は動き出したのかも知れない。なんの実りもなく、米朝会談が失敗すれば、残るのは、実力行使しかなくなる。そうした事が予測されるからこそ、北朝鮮が、中国の保護を求めた、そんな構図が伺える。

 北朝鮮をさんざん外交利用してきた中国は、保護を求めるられた時、どう対応をするのか、そこが注目される。北朝鮮の核を温存させれば、アメリカの締め付けは、一層強くなる。場合によっては、実力行使も有りうる。

 だが、北は、核を放棄する気はない。中国に外交の一貫性が有るならば、建前は核放棄を迫るが、北の核を容認するのが、本音だろう。中国が、そんな本音を抱えながら、北を説得できる訳もない。両者がつるんで、嘘で固めた共同宣言を世界に発する。例えば、核放棄をするが、プロセスに時間が掛かるとか。むろん、本音は、100年経っても、核を放棄する気などない。

 中国は、各国に配置したスパイ網を総動員して、チャイナスクールたちに、トランプ批判を繰り返させる。むろん政治にも介入するだろう。民主主義の弱点が、マスコミに踊らされ、付和雷同するバカが握る事をよく熟知しているからだ。その数次第で、アメリカと中国の力関係が決まる。事態は、日本にとって、最悪の方向へと進む。そんな危険をはらむ。私の格言、「バカが歴史を作る」。それをまた、目にする事になるかも知れない。
posted by おやじ at 2018/03/27 06:57
コメント(0)  トラックバック(0)
 30件中1~5件表示  次のページ

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog