おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2018年9月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2018年9月の記事一覧


 27件中1~5件表示  次のページ
  31倍?高い税
 読売新聞には、『なぜ米国の31倍?高い自動車の税は「矛盾の塊」』と題して、「利用者は世界一高い水準の税金を負担している。今年こそ、抜本的な改正に取り組んでもらいたい」。日本自動車工業会(自工会)の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は9月20日の記者会見で、自動車関連税の大幅な軽減を求める税制改革を訴えた。自工会の試算によると、普通乗用車を13年間使った場合に支払う税金は、米国の31倍、英国やドイツと比べても2倍以上になるという。とある。

 図には、自動車に掛かる税金のイメージと言う事で、自動車所得税、自動車税、自動車重量税、揮発油税など4種類とされる。だが、そこには、車検制度など、日本独特の負担については、含まれていない。それでも、31倍ですか。

 携帯電話の料金が、パリの4倍とか有ったが、そんなもんじゃない。その携帯電話にも税金が掛かっている事を消費者は、知っているのだろうか。

 そもそも日本の税金は、高すぎる。社会主義国を抜き、世界で断トツの一位だ。日本には、役人が、国会の承認なしで使える特別会計と言う物が有る。驚く事にその額は、国家予算として新聞をにぎわす一般会計より、はるかに、はるかにでかい。だが、特別会計が、新聞の記事になる事は、まずない。これに関しては、官公庁に支持基盤を持つ野党は、実に静かだ。

 塩ジーこと、財務大臣だった塩川議員は、国会で議論する一般会計に比べてはるかに大規模で、でかい特別会計をあいつらは、すき焼きを食っていると比喩した事を思いまだす。

 日本のGDPは、大雑把に言えば、540兆円だ。そのGDPの額に対して、日本は、一般会計と特別会計を合わせて、290兆円を超える税金大国と言う事が出来る。それでも不足と、民主党時代に、消費税の増税路線が決まった。これが、世界一高い税負担だと言う根拠になる。

 そもそも日本の財政赤字が累積し始めたのは、くしくも、消費税が導入され、消費税増税で緩んだ税収が財政規律を歪めたのが原因だ。いわゆる、失われた20年の始まりとその後と言える。その失われた20年に、何が増えたかと言えば、天下りで問題とされる独立行政法人と公益法人だ。その数、30000社を超える。ちなみに、町で見かける建設業が、20000社だから、30000社とは、いかに多いかが窺い知れる。

 日本経済の問題は、税金の取りすぎと言おうか、税の無駄使いと言おうか、官僚社会主義と揶揄される国のシステムに問題が有る。1000兆円を超える借金を抱え、それでも役人に財政規律への反省は無い。国会の承認なしで役人が使う特別会計は、国の予算の一般会計をはるかに超える。クールジャパンも、特別会計からの出資だ。これが官僚社会主義だ。

 こうした事の根っこは、さらに遡る。1970年代の学生運動に起源が有る。共産革命を夢見る連中が、当時の学生運動を扇動する。東大安田講堂事件など、記憶に残る。そうした学生は、民間には就職できず、多くが、役人になった。その役人が、役所の中心となる時、これら問題の根っことしてはびこる事になる。

 この役人たちは、自分たちの無駄使いで生じた穴を、官公労の組合組織の票に頼る政党を通じて、消費税の導入を政治に働きかけた。役所も規制を余分に設け、ハンコを一つ余分に押すことで、天下りを促進する機構を作った。消費税の導入が検討され、導入が始まった時期がそれに当たる。

 消費税が導入され、天下り目的のハンコが一つ余分に増えると、産業の活力はそがれ、経済成長が止まってしまった。失われた20年の始まりだった。

 もっとも、猿の惑星と言われる民主主義で、人気投票よろしく選ばれた無能政治家は、何でも役人任せ。できる事と言えば、芸能人の様に自己アピールだけ。役人のおごりを生む原因は、猿の惑星と化した民主主義の必然とも言える。

 国会の承認を必要としない特別会計は、歳出だけを合計すると、なんと500兆円を超え、日本のGDPに匹敵する。本来、使途目的が明確な目的税のはずが、目的以外に使われている実態がそこに有る。ある支出は、別の歳入とされ、目的外に使われる仕組みがそこに有る。これでは、目的税では無くて、ただの役人の無駄使いの税金と変わりがない。特別会計も、国会の承認を受けるべきだ。

 国民がすべき賢明な選択は、政治家は、バカな芸能人の人気投票でも有るまいし、マスコミが褒めちぎり、何かと騒ぐ政治家には、投票しない事だ。
posted by おやじ at 2018/09/30 07:21
コメント(0)  トラックバック(0)

  疑惑裁判
 JIJI.COMには、『米最高裁判事候補、暴行疑惑を全面否定 議会証言で告発女性と主張対立』と題して、米大統領が連邦最高裁判所判事に指名したブレット・カバノー(Brett Kavanaugh)氏(53)は27日、上院司法委員会の公聴会で、自身の性的暴行疑惑について怒りをあらわにしながら否定し、虚偽の告発により指名承認手続きが「国家の恥」になったと批判した。とある。

 事実は、分からない。クリスティン・ブレイジー・フォードと言う女性が、なんと36年前にカバノー氏から性的暴行を受けたと証言した訳だ。まず疑問に思うのは、なんで今なんだ。まさに、米大統領から連邦最高裁判所判事に指名された今なんだと。2つ目の疑問は、それが事実だとしても、なぜ、その当時、事件にならななったのかと言う事だ。

 ブレット・カバノー氏が言うとおり、性的暴行は無かったとするならば、上記に挙げたような疑問は無くなる。さらに言えば、「ばかげた組織的な中傷」であり「計算され、仕組まれた政治的攻撃」と言う主張に真実味が出てくる。個人に対して、中傷と言う組織的な攻撃。フェアーではない。そんな事をする組織は、政治的な意図を持つとすれば、民主党の支持者か、そのものと言う事になる。

 所が、猿の惑星と揶揄される民主主義では、マスコミが取り上げれば、事実がゆがむ。嘘であっても、事実として認定されてしまう。

 日本では、淫行ハゲと揶揄され、16才の少女の性的サービスの客として児童福祉法違反並びに東京都の青少年健全育成条例違反の容疑で逮捕、警察から複数回事情聴取を受ける。その他にも、暴行罪で現行犯逮捕され、後に不起訴処分となる。1997年には、男性の側頭部を蹴り、頭部打撲等のけがを負わせたとして、1999年11月22日、傷害容疑で書類送検された。そんな経歴を持つ御仁だ。そうした事実が有っても、県知事にもなり、今は、テレビで大活躍だ。俳句の盗作疑惑が報じられてもなんのその。まあ、マスコミが扇動する日本の民主主義もそのレベルなんだよね。

 9条が有れば、話し合えば、「反対、反対」。。。 猿の惑星から脱皮できない物なのだろうかね。
posted by おやじ at 2018/09/29 06:58
コメント(0)  トラックバック(0)

  内閣改造
 毎日新聞には、『<内閣改造>野田総務相、石破派の斎藤農相交代へ 来月2日』と題して、安倍晋三首相は26日(日本時間27日)、米ニューヨークで記者会見し、自民党総裁3選を受けた内閣改造と自民党役員人事を10月2日に行う意向を表明した。首相は「しっかりとした土台の上に、できるだけ多くのみなさんに活躍のチャンスを作る」と述べ、閣僚をある程度、入れ替えることを示唆した。とある。

 さらに、首相は野田聖子総務相(58)と石破派の斎藤健農相(59)の交代を検討している。野田氏は総裁選に立候補せず首相支持に回ったが、金融庁に対する情報公開請求の内容を漏えいした問題で所管閣僚として認識の甘さが批判された。ともある。

 野田聖子総務相が情報漏洩問題で大臣を交代させられる。マスコミが、醜態を隠し、次の首相候補などといくら担ぎ上げようと、当然と言えば、当然の人事だ。

 野田聖子総務相と言えば、同盟国のアメリカに行かず、中国詣でに熱心な大臣だ。携帯電話の最先端技術をぶら下げて、その技術を渡すのが目的なのか、ゴマすりに行くのが目的なのか、良く分からないが、中国詣でがお好きらしい。中国が、アメリカとの知的財産侵害で揉めれば、その知的財産の最先端と言われる5G技術、それは中国にない技術で、それをお土産に、日本の総務大臣として、野田氏が中国詣でに出かける。5Gの製品ではなく、5Gの技術を渡す事が、目的でだ。

 中国と言えば、二階幹事長を出さない訳には行かない。その人事はどうなったかと言えば、続投と来た。トカゲのしっぽは切れても、難しいのだろうね。

 二階氏をと言えば、ネットで検索すれば出てくる出てくる、まさに中国の為に働く政治家だ。政府でも無いのに、中国とは2元外交を展開し、3000人を連れて中国詣した事も、その一つだ。ネットでは、「国民が知らない反日の実態-二階俊博の正体」などの良からぬタイトルが並ぶ。その一つを開けば、

 「ガス田を中国に献上しようとする」

 東シナ海の日中中間線でのガス田開発問題では、麻生外務大臣が中華人民共和国によるガス田開発強行に断固対応する姿勢を示すと、この「日本の対応に“こそ”問題がある」、「強硬に対応するなら勝手にやればいい」と述べた。とか、

 「江沢民の銅像を建てようとする」

 和歌山県田辺市の新庄総合公園に、江沢民の揮毫と講話を中国語で刻んだ 

 「日中国交正常化30周年記念碑」

  建立計画が中止に追い込まれた。

  2月21日の県議会での一般質問に答えて、木村良樹和歌山県知事は「計画は白紙に戻す」と表明した。 

  計画は地元選出の二階俊博衆院議員が計画し、
 「日中友好交流推進協議会」を県と市に作って建立資金を集めていたが、  同協議会は解散、集めた資金は返納されることになった。

 こんな記事が山の様に連なる。二階氏とは、まさに中国の出先のような政治家だ。

 中国が他国の政治に干渉するのは、何も日本だけではない。ロイターには、『「中国が米中間選挙への介入画策」、トランプ大統領が安保理で非難』と題して、トランプ米大統領は26日、中国が11月の米中間選挙への介入を画策していると非難した。とある。だが、日本のテレビは、実に静かだ。

 先の大統領選挙でも、マスコミは、トランプ氏のロシア疑惑より、疑惑で無い中国の金が動いたクリントン候補の醜態を報道しない。そんな所が、日本のマスコミの問題かな。日本のテレビは、チャイナスクールの画策で、「日中記者交換協定」を秘密裏に締結した。一言で言えば、中国の検閲を日本のテレビが受け入れたようなもので、中国の気に入らない事は、報道しませんと言う内容だ。マスコミが言う言論自由とは、立ち位置はどこで、そもそもその目的は、何ですか。
posted by おやじ at 2018/09/28 07:23
コメント(0)  トラックバック(0)

  信じて???!
 産経新聞には、『文在寅大統領、慰安婦財団の解散示唆 韓国側の一方的な事情でまた懸案に』と題して、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が25日、ニューヨークでの日韓首脳会談で、慰安婦問題をめぐる日韓合意に基づき設立された「和解・癒やし財団」が韓国国民の反対で正常に機能しておらず「解決する必要がある」と述べ、財団の解散を事実上示唆した。とある。

 また、日テレNEWS24には、『金正恩委員長「我々を信じてほしい」』と題して、アメリカ・ニューヨークを訪れている韓国の文在寅大統領は25日、金正恩委員長が非核化について、「我々を信じてほしい」と述べたことを明らかにした。

 文大統領(金正恩委員長の発言)「今この状況で(世界を)欺いたり時間稼ぎをして我々が得られるものはあるだろうか。我々の誠意を信じてほしい」とある。

 韓国と言えば、韓国側の一方的な事情で約束を反故にすると言うのが、相場だ。北朝鮮と言えば、25年も世界を欺き、時間稼ぎをして来た過去がある。

 その2人が、口を合わせてと言うか、口裏をと言うべきか、「我々を信じてほしい」と言うのだから、失笑ではないか。
posted by おやじ at 2018/09/27 07:16
コメント(0)  トラックバック(0)

  成果誇示
 JIJI.COMには、『対北朝鮮で成果誇示=「非核化まで制裁維持」も―トランプ米大統領が国連演説』と題して、トランプ米大統領は25日午前(日本時間同日夜)、国連総会で一般討論演説を行い、北朝鮮を対話路線に転換させた自らの外交の成果を誇示しつつ、北朝鮮の核問題について「対北朝鮮制裁は非核化が実現するまで維持する」と明言した。とある。

 実際問題、非核化で何が進んだかと言えば、何も具体的な物は、進んでいない。1mmも非核化されていない。にも拘らず、トランプ大統領が成果を誇示する理由は、中間選挙の為だ。ここまでは、誰でも分かる話だ。つまり、トランプ氏の思惑とは別に、彼のやっている事は、何の成果も、何の意味もない。只のピエロを演じているに過ぎない。それでも、その演技に感動を覚える人狙いと言う事になる。

 安倍さんが言うからだろう、制裁は維持すると。その制裁も、中国やロシアが守る事はしない。韓国だって怪しい物だ。制裁の効果は、今となっては、さほど有効とは言えないかも知れない。それでもやらないよりは、マシと言う程度だろう。

 北朝鮮が、恫喝外交から、方向を転換したのは、アメリカの軍事的圧力が高まったからで、他の何物でもない。これもまた、明確な事実だ。トランプ大統領には、それが理解できていないようで、その矛を収めてしまったのだから、非核化は1mmも現実には進展しない。それを成果と言われても、誰もそうは思わないと言う事になる。

 文大統領が、日朝会談実現に向けて動き出した。狙いは、安倍さんの制裁主張を緩めるのが狙いだろう。安倍さんが少しで譲歩すれば、トランプ大統領の制裁発言も無くなってしまう。文大統領を支える民族主義が主張する「核は民族の誇り」が、現実のものになる。文大統領の本音は、そこにある。

 そうした事を知った上で、日本の売国野党と言われる連中が、騒ぐだろうね。文大統領の尻馬に乗って日朝会談を持てとね。
posted by おやじ at 2018/09/26 06:53
コメント(0)  トラックバック(0)
 27件中1~5件表示  次のページ

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog