おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2019年11月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2019年11月の記事一覧


 15件中1~5件表示  次のページ
 韓国企業に激怒
 石川テレビには、『韓国企業に知事激怒「泥棒の開き直りだ」韓国船が港の施設“破壊” 修理費払わず血税投入の事態に』と題して、誠意のない対応に谷本石川県知事が激怒です。去年、韓国の貨物船が金沢港の大型クレーンに衝突し故障させた事故で、船を所有する企業が修理費3億円余りを未だ支払っていないことが分かりました。

谷本石川県知事:
「泥棒が開き直るのはありえない…」

 石川県12月補正予算案の記者会見。谷本知事が思わず怒りをあらわにしました。

 去年12月、金沢港に着岸しようとした韓国の貨物船が強風にあおられ、コンテナを運ぶガントリークレーンに衝突。クレーンは損傷が激しく、今も使えない状態です。

 このクレーンを所有するのは石川県。県は船を所有する韓国の企業に修理費3億5000万円の全額負担を求めました。しかし…。

<韓国企業側の弁護士>
「保険の範囲でしか支払えない」

 企業側の弁護士が示した金額は保険で支払うことができる1億円ほど。石川県が要求している額の3分の1にも届きません。

 交渉は平行線をたどったまま、事故から1年がたとうとしています。とある。

 韓国ね、まさに「泥棒の開き直り」と表現されても、仕方ないでしょう。韓国の言い分は日本は元より、国際社会でも通じない屁理屈ばかりを並び立てる。保険の範囲内と言うなら、例えば、自動車保険で支払金額1000円の保険に加入したとする。とんでもない事故を起こしても、保険の範囲内でなどと言う理屈は通らない。様々なニュースを通して感じることは、これが、彼ら民族のDNAなのかと、思ってしまう。

 GSOMIAで分かった事ですが、韓国に甘い顔をしたら付け上がる。アメリカは、その点明確で、理屈に合わなければ、ガンと出る。日本も、それが必要ではないでしょうか。日本の政治家で、どこの国のために働いているか分からぬような人は、アメリカには居ないでしょう。関連する話で、天皇陛下に謝れと言った韓国の韓国国会の文喜相議長が提唱している提案を、日韓議員連盟の河村建夫幹事長(自民党)が、評価すると言っているが、バカを言うんじゃない。その提案とは、日本企業に寄付をさせると言うものではないか。寄付をしなければ、税務監査などと言う因縁を付けられ、韓国市場から締め出される。寄付とは名ばかりで、事実上の企業制裁ではないか。こんな政治家がいるから、韓国と日本の関係はダメになる。

 韓国との関係は、普通で良い。特別などと考えることが、そもそも間違っている。国際間の約束は守れと、韓国だから国際間の法は守らなくてよいなどと言う理屈はない。日韓議員連盟の河村建夫幹事長は、なぜそれが言えないのだ。きぜんと構え、対処する。それが何故できない。日本国民の税金を使って、韓国のために働く政治家がいるから、日韓関係は、いつまで経っても改善しないのだ。ちゃんとした国同士の関係として、付き合うべきでしょうね。
posted by おやじ at 2019/11/27 12:15
コメント(0)  トラックバック(0)

  中国のスパイ
 JIJI.COMには、『中国から亡命希望の元スパイ、豪に膨大な情報を提供 報道』と題して、香港と台湾、オーストラリアで中国のスパイ活動に関わっていた男性がオーストラリアへの亡命を希望し、中国の政治干渉活動に関する膨大な情報を豪当局に提供していたことが分かった。豪メディアが23日、伝えた。とある。

 スパイと言えば、映画の中のWO7だが、中国のスパイは、どんなことをしているのか。しかも、フィクションではなく、本物だ。記事によれば、

1.まず、潜入工作や妨害工作に関与しとあり、
2.反体制的な人物の拉致も含まれて、。。これでは、北朝鮮と変わりはない。
3.中国政府が複数の上場企業をひそかに支配し
4.反体制派の監視と調査分析
5.報道機関の取り込みを含む諜報活動の資金
6.大学や報道機関への潜入など
7.上場企業を隠れみのにした諜報活動
8.香港のすべての大学に潜入し、反体制派に対するバッシングとサイバー攻撃を実施するよう指示
9.地方選と来年の総統選への干渉工作

とまあ、盛りだくさんだ。結びは、中国が「水面下で狡猾」に組織的なスパイ活動と利益誘導を駆使してオーストラリア政治体制の「乗っ取り」を企てていると警鐘を鳴らしていた。とある。

 これが現実の姿なのだろう。こうした活動は、オーストラリアだけに限った話ではない事は、容易に想像がつく。野党の反対で、スパイ防止法が作れない日本では、スパイ天国と揶揄される実態がある。オーストラリアの政治体制の「乗っ取り」という言葉を振り返れば、もう、事すでに遅しと言う事ではないか。しかも、ずいぶん前に。日本共産党なんぞは、中国の核は、暖かいなどと言っていた訳だから、ずぶずぶの関係なのだろう。中国スパイ支社となっているのかも知れない。

 思い出せば、そもそも自宅サーバーを持って、辛口ブログを始めた理由は、大手のプロバイダーにブログとして中国批判を乗せた事が切っ掛けだ。そうした記事は、削除され、しまいには、何を書いても削除だ。自由民主主義の看板を掲げ、言論の自由を唱える日本で、それがすでにできない。アメリカに対して、強烈な批判を書くことができても、中国に対しては、当たり障りのない事だけを書かざるを得ない。時々は、パンダはかわいいねとか。それが、まさか自分の身に起きているとは、信じがたかった。だが、それが現実だった。17年も前の話だ。

 当然にして、それに甘んずる訳に行かない。そこで、自宅に、自分のブログ用にサーバーを立てる事にしたのだった。サーバを立てても、訪問者は、来なかったが、徐々にアクセスが増え、ブログに対する共感者も増えてきた。それに比して、ログを分析すると、半分以上が中国からのサイバー攻撃だった時もあった。今は、手口も巧妙化され、IPアドレスを偽装する攻撃に変化してきている。私は、この記事を信用するよ。中国には、そうした面が有り得るだろうね。私のネットを通しての経験が、そう言っている。
posted by おやじ at 2019/11/24 07:47
コメント(0)  トラックバック(0)

  赤字国債
 産経新聞には、『政府、赤字国債3年ぶり増発へ 10兆補正求める与党も容認見込み』と題して、 政府は22日、策定中の令和元年度補正予算案で赤字国債を発行する方向で調整に入った。与党からは、災害復旧や景気の下ぶれリスクなどに対応するため、10兆円規模の財政支出を求める声が強まっており、国債を発行して歳入不足を補う。年度途中で国債を増発すれば3年ぶりとなるが、与党も容認する見込みだ。とある。

 消費税増税があると、赤字国債の増発が始まる。気が付けば、日本の借金は、1000兆円を超えている。そんな事の繰り返しが、今回も例外なしで始まった。ウィッカーの法則だ。「政府は、税収を使い切るために肥大化する」、或いはまた、パーキンソンの第二法則である「支出の額は、収入の額に達するまで膨張する」。そうした下地に、何らかの加減で予定外支出がちょっとでも増えれば、それを赤字国債で補填する。失われた20年を超え、失われた30年とも言われた消費税増税の歴史でもある。

 失われた20年では、経済は停滞し、4万社あった建設業は、2万社に減少した。増えたのは、役人天国と揶揄され、彼らの天下り先ではないかと揶揄された独立行政法人と公益法人だ。その数、なんと30000社。町でよく見かける何々建築会社は、40000社から、失われた20年で淘汰が進み、20000社に減ったのに対し、30000社とは、町で良く見る建築会社の1.5倍有る計算になる。30000社も本当に必要か。はなはだ疑問だ。

 国の予算を見れば、国会の承認が必要な一般会計と役人の裁量で使われる特別会計がある。驚くことに、特別会計は、一般会計の数倍もでかいのだ。これが、30000社を食わす、財源となっている。その中身にも特徴がある。ただ単に支出だけを合計すると、なんと、500兆円をはるかに超える。本来は、使途目的が明確なはずの特別会計だが、ある会計費目の支出は、別の会計費目の収入として計上されている。つまり、自分たちの都合で目的外に使ってしまう実態がそこにある。財務省が言う「金に色は無い」というやつだ。
posted by おやじ at 2019/11/23 09:50
コメント(0)  トラックバック(0)

 在韓米軍の撤収
 Yahooニュースには、『在韓米軍の撤収が現実味…韓国が被る「致命的なダメージ」』と題して、韓国紙・朝鮮日報は21日、韓国政府が米国の要求する防衛費分担金の大幅増額に応じない場合、「トランプ政権は在韓米軍の一個旅団を撤収する方向で検討を行っていることが19日(現地時間)までに分かった」と伝えた。 

 衝撃的な情報である。米国は米韓防衛費分担金特別協定(SMA)に向けた交渉で従来の5倍に相当する50億ドル(約5400億円)の負担を韓国に求めているが、これに韓国は強く反発している。 

 米議会は、現在2万8500人規模の在韓米軍を2万2000人以下に削減することを禁じている。しかし、米軍の1個旅団は3000-4000人に相当し、削減しても米議会が定めたルールにも抵触しない。 とある。

 記事では、「致命的なダメージ」と言うが、在韓米軍の縮小ないしは、撤収は、社会主義革命を望む文大統領にとって、自分のイデオロギーを実現するためのストーリーの一部でしかない。トランプ大統領の外交におけるアホさ加減を見抜いた文大統領は、そんなことは、百も承知だ。それが故、GSOMIA破棄、マスコミを使って自国民の洗脳、反日政策の推進など、どの政策のどの方向を見ても、矛盾するどころか、完璧なまでにイデオロギーの政権として、振舞っているではないか。

 安全保障問題に関わることなのに、トランプ大統領は米軍を削減すれば経費が浮くと、その程度の認識だ。そうした事を知って、まさに文大統領にとっては、このチャンスを逃すはずはない。在韓米軍は、両社の方向が一致をし、削減という方向になるだろう。

 記事では、削減されれば、北朝鮮の心理戦は勢いづくだろう。民主主義社会は、そのような心理的揺さぶりには意外と弱いものなのかもしれない。と結ぶ。

 そうだろうね。おそらくは、韓国のマスコミも、リベラルとか言っちゃって、社会主義が理想だなんてバカなことに憧れる連中が居るはずだ。彼らが記事を書けば、日本の朝日新聞の記者の様に、慰安婦問題で捏造記事を書いたように、記事を書く。なにも、北朝鮮のスパイからネタを貰わずとも、自ら書く。きっとそんな事が起きる。マスコミの真実を報道しない自由。その上で、捏造記事でも書かれたら、民主主義はころりとだまされる。歴史を歪曲して、反日教育を施す韓国だ、確実にそっちに走りそうだ。
posted by おやじ at 2019/11/22 07:32
コメント(0)  トラックバック(0)

  金正恩の焦り
 現代ビジネスには、『トランプの「無視」に、金正恩が焦り、文在寅が右往左往し始めた…!』と題して、北朝鮮の金正恩委員長が、「米側の北朝鮮制裁などの敵対姿勢の再考を促す期限」とした年末が刻一刻と近づいてきたが、米国は北朝鮮など構ってはいられないとの態度である。とある。

 記事を読み進めると、今年の冬には北朝鮮食糧事情が一層悪化し、餓死者と凍死者が大量に発生する懸念がある。その場合には北朝鮮の国内が不安定化し、国内的な統制の強化、対外的には強硬手段に出てくる可能性がある。とか、ワシントンはクリスマス休暇まで、トランプ大統領の弾劾一色となるのは確実だ。とても北朝鮮のことを構ってはいられない。などの情勢の記述が並ぶ。

 焦る北朝鮮は、何か挑発的なことを始めるかも知れない。そうした場合、日本はどうするのだというのが、記事を通しての内容だ。ノー天気の日本人、香港では、デモ見学に出かけた日本の学生が、拘束された。日本の野党は、さくらを見る会に知人を呼んだと、知人を呼んだ事は、怪しからんと予算委員会もそっちのけで騒ぐ。桜現物に出かけるときは、普通、知人と行くでしょう。そもそも民主党が政権を担当していた時、君らもやっていたではないか。こうした事をネタに飯を食う朝日新聞。日本も、ここまでノー天気だと、アホだね。

 北朝鮮は、トランプ大統領が北朝鮮に構ってられないと来れば、日本にちょっかいを出すのではないか。日本列島越えのミサイルとか、日本の排他的経済水域内で、日本の漁船を拉致するとか、ノー天気の日本は、その時どう対応するのか。きっと、9条がある、話し合えば、何でも解決すると、野党を中心に、それを繰り返すのだろう。なぜ話し合わないのだと、与党を攻め、それを毎日のように報道する新聞、キャンペーンも始まるかもしれない。だが、今、今年の冬に来る北朝鮮の脅威にそなえようとすれば、専守防衛から逸脱する気か、怪しからんと野党を中心に騒ぐんだろうね。

 隣の文政権の政策は、日本では異常と映るが、韓国では、依然高い支持率を堅持している。歴史を歪曲し、それをネタに反日教育を徹底する。そんな情報環境に囲まれれば、人々は、それが真実だと勘違いをする。日本で最大の新聞社の朝日新聞が、慰安婦問題で在りもしない捏造記事を書けば、それが国際問題となり、事実じゃないのかと受け入れられてしまう。

 そうした事を差し引いても、この冬、北朝鮮の何かが有るかも知れない。それに今備えなくて、どうするのかな。
posted by おやじ at 2019/11/20 06:58
コメント(0)  トラックバック(0)
 15件中1~5件表示  次のページ

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog