おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2019年8月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2019年8月の記事一覧


 21件中1~5件表示  次のページ
   「反日」
 文春オンラインには、『全52問】”文在寅の韓国”を理解するためのQ&A ベストセラー「反日種族主義」の韓国人学者がわかりやすく答える!』と題して、

 この夏、韓国の「反日」が止まらない。

 これまでの徴用工、慰安婦などの歴史問題を飛び越えて、日本製品の不買運動など経済分野、さらには、GSOMIA破棄という安全保障分野にまで対日強硬策が拡大している。連日のように“暴挙”ともいうべき政策を繰り出す文在寅大統領、そして彼を支持する韓国社会は、いったい何を思っているのか――。とある。

 その中で、文政権は、「過去もっとも反日的な政権である上に、自分の政治的利益のために反日的な情緒や認識を利用しようとしている」と指摘。「もっとも重要な特徴が『大韓民国は生まれてはいけない国だった』と考えていることです。つまり、本来は社会主義の人と手を握って、『統一祖国』を建国しなければいけなかったのに、親日派と手を握ってしまったがために、南と北に国が分かれてしまったという考えです。ですから、その分断の責任がある『親日派』は清算しなくてはいけないという訳です」ともある。

 文春が、李氏に52の質問をぶつけ、インタビューを行った記事だ。その全問は、「週刊文春デジタル」で公開されているとしている。あいにく、有料記事なので、全文は読まなかった。

 日本が韓国を併合したのは事実だが、それはいわゆる植民地ではない。西欧各国が、アジアに植民地政策を通じ、富を吸い上げたのと違い、日本の韓国併合は、全く違った物だった。むしろ逆で、日本は、韓国を自国と同等の扱いとして、経済的に遅れた韓国に対して、道路や学校など様々な公共施設を日本の費用で建設した。

 そればかりでなく、長い間、清の属国として扱われ、韓国語はもちろん、韓国の文明さえも存続の危機にさらされていた。それを気の毒に思い、韓国語を奨励し、学校で韓国語を残したのは、伊藤博文ではないか。そうした事を理解しようとせず、社会主義思想に染まり、伊藤博文を暗殺したのが、朝鮮民族主義活動家の朝鮮人・安重根だ。社会主義に憧れ、朝鮮民族主義活動家である文大統領と同じと言える。

 日本でも、文大統領に似た人物がいる。社会主義にあこがれ、先の原発事故では、SPEEDIのデータを開示せず、多くの子供たちを被爆の環境にさらした人物だ。当時、テレビでは、「いま直ちに、ではない」を連発した立憲民主党の枝野幸男代表だ。話題になっているのは、ラジオ放送で、韓国の文大統領の肩を持ち、日本の外相を批判している事だ。民主党当時から、あまりにも韓国寄りなので、民主党はミンス党と揶揄された。議員の中には、韓国にわざわざ渡り、日本国民の税金である公費を使って、なんと、反日デモに参加した議員を排出する政党だ。

 真の問題は、そうした議員やら大統領に騙され、彼らに投票する国民がいる事だ。立憲民主党だろ、護憲だなんて言っちゃって、人を騙す。バカは簡単に騙される。真実は、蚊帳の外に置かれたままだ。それを探したり、理解しようともしない。そんな国民が、両国の真の問題かもしれない。
posted by おやじ at 2019/08/30 07:14
コメント(0)  トラックバック(0)

  世界の金利
 日本経済新聞には、『米「逆イールド」再び 国債にマネー集中』と題して、世界の長期金利が一段と低下している。米国では27日、長期金利が短期金利を下回り景気後退の前兆とされる「逆イールド」が再び発生した。すでにマイナス金利の日欧でもさらに金利が下がっている。米国と中国の貿易摩擦の先行きが見通せず、安全資産とされる国債にマネーが集中する。米国の金利低下が続けば、円高を通じて日本経済も下押しされかねない。とある。

 今日の為替はどうなのか。106円を示し、105円の上と106円の下を行き来している状況だ。9時までには、まだ時間は有るが、傾向としては、円高、株安の方向は、変わりそうもない。こうした変化が、一時的であれば、株安は、株を買う絶好の好機となるが、長期化すれば、やがて企業業績にも悪影響が及び、リスクを高める。

 トランプ政権が、知的財産保護や貿易不均衡を訴え、中国製品に関税を掛ける。それに対して、中国は、関税の応酬ばかりでなく、為替を操作して元安テコに、自国の産業を守る目的で、輸出量を確保しようとする。普通に考えれば、長期化は避けられない状況と言えるかも知れない。

 日本を取り巻く環境で、やばいのは、ホルムズ海峡、韓国の赤化、中国の為替操作など、挙げれば切りが無い。中国の立場に立てば、元安は、エネルギーの調達コストを押し上げる。いつもなら、イランを陰で後押しして、ホルムズ海峡を不安定にすることが、中国の国益としたかもしれない。だが、今回はそうはいかない。それを知ってか、イランも、妥協点を探る方向に舵を切るのではなかろうか。

 文政権率いる韓国の赤化は、留まる事を知らない。旧朝鮮労働者の問題も、行き着く所まで走るのだろう。それに対して、日本は、報復処置を取らざるを得なくなる。それは、金融だろう。韓国経済は、国際社会から信用を無くし、景気後退が進行する。場合によっては、再び、ディフォルトの憂き目を味わうが、今度は、日本は韓国を助ける事はしない。歴史は、バカに依って作られる。文政権が作る新しい歴史が、始まる。

 韓国の国民は、日本で報道されているニュースを知らない。赤化だからね、いつも言える事は、赤化は、情報統制とセットになる。真実を知らされないまま、中国の属国へと舵を切る事になるのではないか。

 そう考えると、長期化、韓国の赤化、韓国のディフォルト、やばいのは、その辺かな。
posted by おやじ at 2019/08/29 07:47
コメント(0)  トラックバック(0)

 韓国と連携?!
 zakzak by 夕刊フジには、『韓国と連携する国内の反原発派… 福島第1原発の処理水問題、日本は事実の国際的な説明を』と題して、東京電力は、福島第1原発について、放射性物質トリチウムを含む処理水のタンクが2022年夏ごろに限界が来るとの見通しを示している。政府の小委員会は保管継続の方針との報道もある。韓国が海洋放出計画の有無などについて説明を求めているが、そもそも処理水はどのように対応すべきなのか。とある。

 こうした水は、多核種除去設備(ALPS)を使って汚染水からセシウム、ストロンチウムなど62種の放射性物質をおおむね取り除いているともある。残るは、トリチウムだが、これにも基準が有り、海への放出は、原子力規制委員会も認めているそうだ。

 それに対して、反原発派は、東電が嘘をついて放射性物質入りの処理水を海に流そうとしているとあおる。煽ると有るが、現実は、反原発派が、事実と異なる嘘を付いている事になる。まるで、日本の野党と同じ手法だ。

 問題の部分は、反原発派のこうした動きに乗じて、韓国は、日本政府を攻めたいようだ。国内反原発派と韓国との協力・連携に近い動きだといえる。ともある。

 近年の韓国の行状には、あきれる。文政権の嘘は当たり前で、そんな韓国と連携を組み、日本を落とし入れる。有り得ないだろうと思うが、それは、常識を備えた人の感覚で、現実には、そうした人が居る。そう言う事だろう。立憲民主党などは、民主党時代に、議員が、わざわざ韓国に渡り、日本国民の税金である公費を使って反日デモに参加する。有り得ないだろうと思うが、実際に有った話だ。そんな議員を選んだ国民が多数いる国が、日本だ。有り得ないだろう。だが、現実に起きた話だ。

 振り込め詐欺にころりと騙される。有り得ないだろうと思うが、現実にある話だ。反原発派の嘘にころりと騙される。有り得ないだろうと思うが、これも現実ではなかろうか。何せ、その時々で真実を確認しようがないからね。

 話は変わるが、宇宙のチリから地球が生まれて、何億年も経過している。火星も同様だ。火星は、かつては、今の地球と同様に、大気も有り、水の惑星だったと言われている。その火星が、冷え、大気を失う。

 星が冷えると、内部のマントル対流が止まり、地磁気が消失する。すると、太陽風に晒された大気分子は、はじかれ、宇宙に散乱する。こうして、火星は大気を失い水を失ったとされる。

 一方、地球内部は、未だに高温の液体だ。マントルの対流が有るから、地磁気が生まれ、地球の大気は、太陽風から守られる。地球を未だに液体にしているのは、内部に存在する放射性物質が有るからだとされる。地球そのものが、生命をはぐくむ原子炉なのだ。

 放射性物質は、地球からの贈り物と考え、使った後は、地球に戻す。できれば、出来るだけ地球深くに戻す。それが正しい処理方法だと思う。批判して、騒いで、邪魔をする。そうではなくて、猿とは違い、物を考える人間ならは、一つ一つ解決策を探す。そう有るべきだろうね。
posted by おやじ at 2019/08/28 06:20
コメント(0)  トラックバック(0)

  円相場の推移
 JIJI.COMには、『対ドル円相場の推移』と題して、 6日の東京株式市場は、先鋭化している米中対立を嫌気した売りが先行し、日経平均株価の終値が前日比134円98銭安の2万0585円31銭と3営業日続落した。取引時間中には下げ幅が600円を超える不安定な取引だった。とある。

 残念な事に、6日は、予定が入っていて、この変化をチャンスとして捉える事が出来なかった。久々の大きな変化だ。円高が進み、株価が値を下げた。記事では、それを「米中対立を嫌気した売りが先行」と表現している。

 嫌気ね。私は、この変化をチャンスと見ているのに、投資家は、嫌気と見る。値が下がったのでは、手持ちの株を売る気もない。私は、値が下がった株を買いたかった。だが、予定が入り、何も出来なかった事が、幸いではないかと言われている気がする。そうかな。

 中国は、明らかに為替操作をしている。今に始まった事ではないが、アメリカが関税を掛ければ、為替を操作して、元安に誘導する。結果として、中国からの輸出量は、確保される。円安の理由の一つが、円と元の比率だ。昨日の円高は、チャートを見る限り、そんな所にも原因がある。

 今日の円相場は、これを書いている時点で、106円台と落ち着きを見せている様だ。株は、半値戻しをするのだろう。株を安い時に買う。この原則を実行するには、今日は、その日にはならないかも知れない。チャンスを逃したな。
posted by おやじ at 2019/08/27 07:00
コメント(0)  トラックバック(0)

 GSOMIAの破棄
 日本経済新聞には、『米国務長官、韓国の日韓軍事協定破棄に「失望した」』と題して、ポンペオ米国務長官は22日、韓国が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めたことについて「失望した」と表明した。訪問先のカナダでの記者会見で語った。米国防総省も声明を出し、韓国の決定に「強い懸念と失望」を示した。米政府高官が同盟国に失望を表明するのは極めて異例だ。とある。

 日本でマスコミが言って来た事は、韓国の文政権の2枚舌外交は変わらずとも、経済や民間レベル、それに国民同士は、互いに冷静で反日、反韓は、限定的。ましてや、軍同士は、しっかりした信頼に基づき、やっていると。従って、GSOMIAは、自動継続されるだろうと。

 所が、蓋を開けてみると、韓国は、GSOMIAの破棄を決めた。そればかりか、韓国の国防大綱には、潜水艦や空母の必要性も謳っている。北朝鮮を脅威と考えても必要のない装備だ。それは、あたかも、彼らの仮想敵国は、北朝鮮ではなくて、日本だと言っている事になる。

 どのチャンネルと開こうと、韓ドラばかりだ。そんな日本のマスコミに、韓国に関しては、報道しない自由を駆使した嘘が有るのか。それとも、単なる憶測違いか。韓国の日本を敵視する様な海軍力増強に関しては、日本のテレビの報道を見た事が無い。

 竹島の歴史を考えてみよう。竹島は、島根県に属する島だ。そこには、日本の漁民が住んでいた。1952年、韓国は勝手に李承晩ラインなる物を制定し、勝手に竹島を韓国側水域に含めた。竹島に軍を送り、竹島に住む日本人を殺し、実効支配を始めた。

 韓国が、北朝鮮からの脅威に備えるのではなく、それに不必要な海軍力を急速に増強する訳は、日本を敵視するからで、他に理由は無いのではないか。韓国軍による自衛隊機への火器レーダー照射事件は、偶然の間違いではなくて、彼らにとって必然だった。どこぞの島をターゲットに、竹島よ再びと、そんな思いが有るからではないか。

 低俗テレビに笑顔を絶やさぬ国民は、テレビが言えばゴキブリだって食しかねない。そのテレビが、朝から晩まで韓ドラを流し、文政権の不条理をオブラートに包みフォローする。頼みのアメリカはと言えば、政治の素人が、政権の中枢に鎮座する。それでも、GSOMIAの破棄はさすがにまずいだろうと、ポンペイオが口を開いた。だが、おしゃべりなトランプ大統領のツイッターは、何も語っていない。素人すぎて、勉強するまで語れないのかも知れない。

 日本では、相も変わらず、9条が有れば平和だと、バカで無責任な発言が闊歩する。さあ、どうする日本人。
posted by おやじ at 2019/08/23 07:28
コメント(0)  トラックバック(0)
 21件中1~5件表示  次のページ

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog