おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2018年12月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


辛口(政治・経済・外交)の記事一覧


 2726件中1~5件表示  次のページ
  ファーウェイの3
 JIJI.COMには、『元カナダ外交官、中国で拘束=ファーウェイ問題と関連不明』と題して、有力シンクタンク「国際危機グループ(ICG)」(本部ブリュッセル)は11日、中国など北東アジア担当のマイケル・コブリグ氏が中国で拘束されたとする声明を発表した。

 コブリグ氏はカナダの元外交官として北京や香港での勤務経験があり、中国語が話せるという。
 中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)がカナダで逮捕された事件との関連は不明。とある。

 「江戸の仇は、長崎で」ではないが、中国の事だ、ファーウェイの副会長がカナダで逮捕された事の仇かなと思う。ある人が、こんな事を言っていた。日本や自由圏の人たちは、言論の自由が有るから、「俺の意見はこうだ。お前の意見はどうなんだ」とか。My way, your way. だが、中国では、中国共産党の幹部がすべて。それを My way, No way. 自分がすべてで、他を認めないと。

 確かに、ファーウェイの副会長がカナダで逮捕された時は、逮捕理由に関して、「対イラン経済制裁を回避する金融取引に関与した疑い」と挙げている。これは、日本で言う別件逮捕かも知れない。だが、逮捕されるには、一つの罪状だけでなく、いくつも有り、そのうちの一つを使った、その一つで、逮捕には十分な理由が有った。そう言う事だろうと解釈する。

 その事を中国は、散々非難をしていた。所がどうだ、中国が元カナダ外交官を逮捕した時は、理由も、所在も明らかにしない。まさに、My way, No way. だ。それが国際法も守らない、中国だと、言う事なのだろう。

 ファーウェイの製品に限らず、中国製と言えば、レノボのパソコンが有る。そうした製品には、パソコンから情報を盗み出す仕組みが組み込まれているとされる。日本で売りまくられているパソコンだ。ノー天気の日本人が買いまくる製品だ。

 前にも書いたが、 G Dataがスパイウェア(マルウェア)入りと公表したのは中国製の低価格スマートフォン「Star N9500」。記事作成時点では、Amazon.comで159.99ドル(約1万6300円)で販売されている低価格スマートフォンで、ヨーロッパ全土に普及しているモデルです。なお、このN9500は、バックドアが仕込まれていることが判明したSamsung製スマートフォンGalaxy S4を無断でコピー(複製)した製品として知られています。

 G Data製アンチウイルスソフトを利用するユーザーからの情報を得てG Dataセキュリティラボが調査したところ、N9500の中にGoogle Playサービスとプリインストールアプリに偽装したスパイウェア「Uupay.D trojan」が発見されました。このスパイウェアは、ハッカーが遠隔操作でユーザーの個人情報を盗んだり、無断で電話をかけたり、スマートフォンに搭載されたカメラやマイクを操作して撮影・録音することが可能で、盗まれた情報は中国国内にあるサーバに送信されているとのこと。

 ベルリンに拠点を構えるモバイルセキュリティコンサルティング会社GSMKのビヨーン・ラップCEOは「このようなスパイウェア入りのスマートフォンは人々が思っているよりも当たり前の存在です。私たちは、スパイウェアが仕込まれている可能性を想定した上で、中国製の低価格スマートフォンを購入する必要があります」と述べています。とある。そんな各国の記事が、山の様に伝えられる。

 先日、Webサーバが攻撃を受ける話をした。そしたら、アンチウイルスソフトは、何を使ってますか。そんな質問を受けた。答えは、使っていません。私が、キーボードをたたいて、調べます。飽きれた顔をされた。ノー天気の日本では、Webの説明を聞くレベルの人でも、その程度の理解だと言う事だ。
posted by おやじ at 2018/12/12 07:49
コメント(0)  トラックバック(0)

ファーウェイの2
 FNN PRIMEには、『分解したら“余計なもの”が見つかった!?日本政府も「ファーウェイ排除」へ』と題して、スマホの売り上げ世界2位の中国IT大手「ファーウェイ」ナンバー2の逮捕。その衝撃が冷めやらぬ中、中国製のスマホを排除する動きが広がっている。日本政府は各府省庁や自衛隊などが使用する情報通信機器について、安全保障上の懸念から、中国通信機器大手ファーウェイとZTEの製品を事実上排除する方針を固めた。

 岩屋防衛相は7日午前「実際には今のところ使っておりませんので、ふぁ、ふぁ…?ファーウェイさんはね」と話した。

 与党関係者によると、「政府がファーウェイの製品を分解したところ、ハードウェアに“余計なもの”が見つかった」という。とある。

 日本もやっと重い腰を上げたか。日本の仮想敵国は、日本の領土を狙う国、すなわち中国だ。その防衛に必要な防衛装備品にファーウェイを使っていたのでは、笑えないね。

 別の記事に目を移すと、JIJI.CONには、『エリクソン、ソフトバンク携帯障害を謝罪=原因特定、英でも接続不調』と題して、スウェーデン通信機器大手エリクソンは6日、日本のソフトバンクで起きた大規模な通信障害の原因が、自社のソフトウエアにあると発表した。とある。

 この前の通信トラブルね。原因は、通信会社が導入していた二つのソフトウエアの認証期限切れともある。

 日本のそうした物の根幹は、日本製ではなく、他国が開発したもの。日本が、ソフトウエアの分野で、周回遅れと言われる訳だ、しかも何周もね。その理由は、私に言わせれば簡単だ。AIを例に説明すれば、日本のAI研究で税金を思うがまま食らっているのは、理化学研究所だ。理化学研究所と言えば、例のSTAP細胞騒動で話が有った所だ。当時の記事を拾うと、読売新聞には、『理研、終身雇用を4割に…「任期付き」から選抜』と題して、日本最大級の研究機関・理化学研究所(理研)は、60歳の定年まで働ける長期雇用の研究者を、将来的に全体の4割に増やす方針を決めた。

 任期付きで雇用されている研究者を選抜し、定年まで雇用する新制度を4月から導入する。などとある。

 そう言えば、STAP細胞で、記者会見に出て来た連中は、白髪頭のジジイばかり、そんな印象を持った。そんな連中が、政府から、税金で補助を受け、AIすなわち人工知能の研究をする。

 税金で飯を食うようになった理研は、社会の役に立つような研究成果が出なくなった。そんな事が云われて久しい。その原因が、養老院でもあるまいし、年を取った白髪の研究者の終身雇用の墓場となったためではないのか。爺に、ソフトの開発は無理だよ。

 分け有って、年配の人に有るシステムの使い方を教える事になった。右クリックでメニューを出して、と言うと。出ませんと言う。ふと見ると、マウスパッドの右側をチョンと叩いている。もっと分かり易く言おうと思って、そうではなくて、マウスです。マウスの右側を中指でクリックしてくださいと言ったら、人差し指を中指に変えて、マウスパッドの右側を突く。笑えない話だ。

 Windows3.0が出て、Windows98が出てと、20年以上経過している。PC-8001やPC-9800シリーズを加えれば、もっとだ。20年も遡れば、その人も若かったはずだ。それでも、マウスの操作が分からない。確かに経験が無ければ、右クリックも分からないが、20年以上も、パソコンに接する事なく、生きてこれた事に驚きを感じるね。どこかの大臣じゃないが、偉かったのかも知れない。でも、問題は、年を取ってからでは、遅いんだよね。なぜって、右クリックなどと言う簡単な事すら、直ぐに忘れてしまうからね。
posted by おやじ at 2018/12/08 07:45
コメント(0)  トラックバック(0)

  ファーウェイ
 REUTERSには、『ファーウェイCFO逮捕、米制裁に違反か 米中の新たな火種に』と題して、カナダ司法省は5日、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の孟晩舟(メン・ワンツォウ)・最高財務責任者(CFO)をバンクーバーで逮捕したと明らかにした。米国に身柄が引き渡される可能性がある。とある。

 アメリカは、ファーウェイCFO逮捕の理由を明らかにしていないと、中国当局の話を繰り返し報道する。だが、逮捕以前の情報漏洩の見地から、ファーウェイの製品は使うなと言うニュースを伏線とするならば、違法にアメリカの情報を盗んでいると言う安全保障上の理由で逮捕したと言うのが、アメリカの本音でしょう。

 解決には、関税問題と同じで、知的財産権を侵害しませんとか、違法に情報を盗みませんとか、中国が確たる処置をしなければ、、第二、第三段が出てくると考える方が自然かも知れない。

 情報を盗む仕組みが組み込まれていると指摘されるファーウェイ製品は、日本で売りまくられている。ノー天気の日本らしく、誰も気にも留めない。日本の情報は、駄々洩れなのかも知れない。

 そう言えば、サーバーを運営している役割上、とある人のパソコンの挙動が可笑しいので、パソコンにウイルスが感染してませんかと問う。答えは、問題ないと返ってくる。半年もそうしたやり取りが続く。サーバーの管理画面を渡している訳で、その画面をウイルスに感染したパソコンでいじられれば、問題が出る。それが心配で確認している訳です。

 所が、サーバーがいよいよ可笑しくなったので、管理画面を封鎖。スキャンを実施して画面コピーを送れと、さもなくば、、、と付した。やむなく、スキャンをしてくれたようだ。それでも結果の画面コピーは送ってくれず、ウイルスに感染していましたと、簡単なメール。この例は、異常なのか、そんな物なのか。私には、あきれた話だと思うが。

 様々な記事をひっくり返すと、中国で組み立てられた製品は、ヤバい。そこには、情報を抜き取る目的でマルウエアが仕込まれている。そんな記事を目にする。事実、自分の経験では、中国製とは知らず、漢字かな変換のSimejiをインストールした時の話がある。ブログにも書いたが、まさにそうした事が有ると確信した。もっとも、そうしたマルウエアを使って、サーバーを乗っ取るとか、そうした事はさすがに無い様だ。だが、そうした物を使うと言う事は、国家間の関係が悪化すれば、そうした事が簡単にできてしまうし、それに加担する事になる。パソコンのユーザーでありながら、何かに付け、パソコンに無知だと看板を上げ、ノー天気をふるまう行為は、実に無責任な話だと思う。
posted by おやじ at 2018/12/07 10:14
コメント(0)  トラックバック(0)

  新防衛大綱
 FNNには、『新防衛大綱 政府が原案提示 宇宙・サイバー優先的に強化』と題して、政府は5日、新たな防衛大綱の原案を、有識者会議と自民・公明両党に提示した。

 これに関連し防衛省は、戦闘機F-35Aについて、今後、日本国内で組み立て作業を行わない一方で、工場を地域の整備拠点として存続させる方針を固めた。

 防衛省は、政府の有識者会議に対し、新たな防衛大綱の原案を提示した。

 この中では「優先事項」として、宇宙・サイバー・電磁波といった「領域横断」での能力獲得をあげ、「あらゆる分野での陸海空自衛隊の統合の推進」が必要だと強調している。とある。

 サイバーね。サイバーと言えば、コンピュータ、あの蓮舫議員の「2番じゃダメなんですか」を思い出す。今では、コンピュータと来れば、日本が苦手とする分野になりつつある。それも、一歩二歩の遅れではなく、隣国と比べても、周回遅れだと言われている。

 アメリカが中国製の通信機器は、情報を盗むためのマルウエアが埋め込まれているので、使うなと日本に警告を出した。にも拘らず、その対象となったHUAWEIのスマホや、レノボのパソコンが売られまくっている。DoCoMoですらそうだ。なんでかなと考えると、野田総務相の影響カナ? と結びつけたくなる。

 野田総務相と言えば、同盟国のアメリカにも行かず、中国詣でに熱心な大臣だった。携帯電話の最先端技術をぶら下げて、その技術を渡すのが目的で、ゴマすりに行く。そうした中国詣でがお好きらしい。中国が、アメリカとの知的財産侵害で揉めれば、その知的財産の最先端と言われる5G技術、それは中国にない技術で、それをお土産に、日本の総務大臣として、野田氏が中国詣でに出かけた。5Gの製品ではなく、5Gの技術を渡す事が、目的でだ。5Gには、そんな経緯がある。

 5G技術とは、次世代の高速大容量の通信技術と言われる。野田元総務相がマスコミに次の首相ともてはやされたご仁だ。その大臣が、情報漏洩問題で大臣を交代させられた。そうした醜態をマスコミが報道せず、次の首相候補などと担ぎ上げ、先の総裁選挙では、立候補もしていないのに、首相にふさわしいのは誰だと、安倍氏と並んで、世論調査を行っていた。テレビが、牛耳るノー天気の日本では、情報漏洩など、どうでも良い事らしい。それでは、国の安全保障に支障が出ると、強化しようと、新しい防衛大綱言では、サイバー分野の強化う言う事らしい。

 おはようのサイトも、毎日のようにサーバー攻撃を受ける。その様子は、メニューの「パソコンTips」、「Web Attack Report」で紹介をしている。運用を開始してから、既に13年が経過した。古い技術では、耐えられない所まで来ているのかも知れない。新しくしなければと思うが、それを満足させる日本生まれの物がない。これが現実だ。

 ホームページにmailtoでディフォルトのメーラーが立ち上がる仕掛けを良く作るが、使われないと聞いた。なぜと聞くと、パソコンは使うが、メーラーの設定が出来ていない。その状態で、mailtoでメーラが立ち上がると、何をして良いか分からず、パニックになると聞いた。では、メールはどうしているのかと聞くと、Webを開き、gmailのサイトから、webメールを使うと言う。これが有る意味、日本の本当の実情かも知れない。
posted by おやじ at 2018/12/06 07:27
コメント(0)  トラックバック(0)

  課税強化で溝
 産経新聞には、『GAFA課税強化で溝 G20 米中反発、英国は独自導入』と題して、 1日閉幕した20カ国・地域(G20)の首脳会議では、国境を越えて活動するIT企業が「課税逃れ」と批判されている問題も議論された。グーグルやフェイスブックなど「GAFA(ガーファ)」と呼ばれる巨大IT企業を抱える米国や、ネット通販大手アリババ集団などを擁する中国は課税強化に反発。一方、英国は10月に大手ITに対する独自の「デジタル課税」の導入方針を示すなど各国の間には溝がある。来年の議長国を務める日本は着地点を示す橋渡し役となり、存在感を高める狙いだ。とある。

 その日本、ある幹部の話として、「ネット上の電子商取引などの付加価値がどこから生まれるのかといった問題を含め、法人税を根源的に見直す」ともある。すっかりその気になって、課税する気でいる様だ。

 パソコンにスイッチを入れるのは、メールのチェックも有るが、検索サイトを使って、知れべ物をする。何回調べても無料だ。課税を掛けると言う事は、周り巡れば、これが有料になる可能性を含む。現実、Googleは、「無料でサービスを提供できるのは、我々が必要のない税負担をしないからだ」と言っている。

 そう言えば、昔、財務省は、メールに課税を検討した話が合った。郵便が有料なので、メールに課税しても受け入れられると考えたのだろう。一通に付き5円とかね。しかも受け手がね。迷惑メールだって課金対象だ。所が、反発に有って、導入に失敗した。財務省幹部に言わせれば、「ネット上の電子商取引などの付加価値がどこから生まれるのかといった問題を含め、法人税を根源的に見直す」とは、江戸の敵は、長崎でと言う様にも聞こえる。

 こうした話が出ると、慌て者は、グーグルやフェイスブックなどは、海外の企業だから良いではないかと言う。日本には、独自で検索エンジンを持つ企業が無い。検索サイトを構築するには、インデックスを作る必要がある。それに対して、音符も読めない歌手たちが、自らをアーティストと言い、著作権保護を盾に、インデックスは、著作権違反だと猛反対した。先進国で、日本と言う自前の検索サイトを持たない国が、出来上がった訳だ。

 迷惑メールも含めて、100通くらいは来る。5円払っていたら、毎日500円だ。365日では、18万円にもなる。同様に、検索が有料になれば、いくら払う事になるのやら、想像もつかない。これは、国民の為になるのか、そうではない事は、明確だな。日本の愚案を諸外国は飲まない。そこで、金に汚い財務省は、日本だけ導入なんて事も有り得る。国際競争が有る中、それは、日本の為になるのか。かつての検索サイトの議論の二の舞えを繰り返さないようにして欲しい物だ。
posted by おやじ at 2018/12/03 07:45
コメント(0)  トラックバック(0)
 2726件中1~5件表示  次のページ

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog