おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2013年1月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2013年1月23日の記事一覧


 中国の侵攻
 産経新聞には、『南シナ海の領有権問題 フィリピンが中国を提訴』とある。フィリピンのロサリオ外相は22日、南シナ海の領有権を争う中国を、国連海洋法条約に基づき国際裁判所に提訴したと発表した。これにより領有権問題は新たな局面を迎える。
 外相は「フィリピンは平和的な交渉のための政治、外交的なあらゆる手段を尽くしてきた。法的手続きが永続的な解決をもたらすことを望む」と述べた。
  提訴の内容は「中国の南シナ海の(領有権)主張と、フィリピンの領有権を侵害する違法な活動に異議を申し立てる」というもの。フィリピン側は同日午後、マニラの中国大使館を通じ、中国政府に提訴した事実と内容を通告。外相は中国に「提訴に応じることを希望する」と促した。とある。

 国際法を守らず、侵攻を進める中国、その為には、武力も行使する中国、提訴に応じることは、まず考えられない。だが、じりじりと侵攻を深める中国に対して、その事を国際社会に対して、アピールする狙いがあるのだろう。

 一方の日本は、TVの低俗番組に笑顔を絶やさぬ。TVが言えば、ゴキブリだって食しかねないノー天気、平和ボケ振りだ。尖閣諸島を侵略したい中国に対して、けしからんと明確に態度を表明している政党は、意外と少ない。売国民主党は、もとよりダメ。公明党も、棚上論だと。これも売国だな。維新の会の橋下代表は、共同管理だと。これも売国だな。

 産経新聞の記事には、中国がいよいよ尖閣を取りに掛かる時、3つのシナリオを防衛省は想定していると言う。

その1.海上保安庁の巡視船と監視船が「偶発的」に衝突するのをきっかけに中国は監視船を大挙して送り込む。
 前進待機していた海軍艦艇も展開。中国初の空母「遼寧」と新鋭国産空母の2隻が近づき威圧する。巡視船は退かざるを得ない。

その2.尖閣のみならず中国が石垣島と宮古島にも同時か波状的に侵攻するシナリオもある。混乱に乗じ潜入した特殊部隊は宮古空港と石垣空港を占拠する。空港を奪えば自衛隊は増援部隊や装備・物資を輸送する拠点を失うためだ。

その3.日米の行動を阻止するため、空港のある石垣島や宮古島を制圧することも想定される。
 米国に介入を断念させるという中国の「究極の狙い」。中国は宮古海峡に加え、台湾-フィリピン間のバシー海峡も押さえられる。中国にとって海洋進出の「防波堤」は消え、東シナ海と南シナ海での覇権確立を意味する。

 つまり、尖閣を手に入れるためには、石垣島と宮古島にも侵攻すると言うのか。沖縄の仲井知事のような、売国奴見たいな人を沖縄県民は、良くも選んだね。民主党の「沖縄ビジョン」は、現実のものになるかもね。

沖縄ビジョン:
1.沖縄を本土から自主・独立させる
2.一国二制度とする(法律を分ける)
3.アメリカ軍の基地を外へ
4.円ではなく、沖縄が決めた通貨
5.中国語の受け入れ
6.アジアの特定の外国人3000万人の受け入れなど(中国人など)


posted by おやじ at 2013/01/23 07:59
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog