おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2017年12月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2017年12月1日の記事一覧


 北朝鮮の木造船
 毎日新聞には、『<北朝鮮船>松前沖の木造船、海保が立ち入り 全員帰国希望』と題して、北海道松前町沖で29日に見つかった木造船について、第1管区海上保安本部(小樽市)は30日午後2時半ごろ、知内町沖約6キロの海上で立ち入り検査を始めた。1管の調べでは、乗組員は北朝鮮の男性10人で「1カ月ぐらい前にかじが故障して流された」と話し、全員帰国を希望しているという。1管は1日も検査を続ける。とある。

 意外と思うのは、「全員帰国希望」を読んだ時だ。食うにも困るだろうに、なぜ、あんな北朝鮮に帰るのかと。そこには、洗脳や家族がどうなるか分からないなどの恐怖が付きまとうのだろう。或いは、乗組員が北の工作員かも知れない。

 海上保安庁は、北朝鮮の船が本当に漂着したのか、工作員を載せて、上陸の為に漂着を装ったのか、調査しているのだろう。後者だとしても、証拠を残すはずはない。目の前に有る船や乗組員を調べても、証拠になる様なものは、出てこないだろう。

 こうした北朝鮮からの漂流船は、何もこれ一艘ではない様だ。共通して言えることは、漁船なのに魚がいない。燃料はたっぷりあるが、食料がない。これらを解釈すれば、中国は、国際社会を騙し、口では制裁を言うが、制裁に一滴の石油も加えていない。そんな様子が見えて来るのではなかろうか。

 そもそも、漁船と言っているが、魚を取った形跡が有るのか、乗組員が漁の知識が有るのか、ちゃんと調べて欲しい物だ。
posted by おやじ at 2017/12/01 07:28
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog