おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2018年5月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2018年5月3日の記事一覧


在韓米軍の撤退?
 JIJI.COMには、『文大統領、在韓米軍の撤退を否定 「平和協定とは無関係」』と題して、韓国の文在寅(ムン・ジェイン、Moon Jae-in)大統領は2日、「在韓米軍(USFK)は韓米の同盟関係に関する問題であり、平和協定とは一切無関係」と述べ、北朝鮮との間で平和協定が締結された場合、在韓米軍は撤退せざるを得ないとの見方を否定した。とある。

 北朝鮮が使っていた非核化は、朝鮮半島の非核化。そこには、韓国に駐留する米軍の撤退が含まれている。その意味で、非核化に関して、「北朝鮮の非核化」と「朝鮮半島の非核化」の2つの解釈が存在していた。

 むろん、日本やアメリカが求める非核化は、「北朝鮮の非核化」だったはずだ。だが、トランプ氏が拙速に「朝鮮半島に非核化」に賛同するツイッターを書いてしまった。その事から、トランプ氏の無知が、韓国の駐留米軍の撤退を承諾してしまうのではないかと危ぶまれた。

 文大統領は、どちらかと言えば、民族主義を掲げ、北朝鮮寄りだし、イデオロギー的には、社会主義者だ。南北統一を赤化によって行う事も脳裏に有ったはず、そのための準備として、韓国憲法の自由民主主義から、自由を削り、民主主義に修正する案を持っていたとされる。トランプ氏が拙速にツイッターを書いた裏には、そうした文大統領の思惑が元での説明が有ったはずだ。

 その文大統領が、今になって、「在韓米軍(USFK)は韓米の同盟関係に関する問題であり、平和協定とは一切無関係」と述べた訳だから、これは、ニュースになる。

 もっとも、南北統一が、社会主義的イデオロギーの赤化によってなされるのではなく、統一政府の様な上部概念によってなされ、その下に、韓国と北朝鮮と言う2体制を包括するならば、平和協定も意味を持つのかも知れない。もっとも、北朝鮮が、統一政府を受け入れ、約束を守る事が条件だが。
posted by おやじ at 2018/05/03 06:37
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog