おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2019年2月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2019年2月5日の記事一覧


 北朝鮮と取引??
 日テレNEWS24には、『トランプ氏「北朝鮮と取引できる」米朝会談』と題して、アメリカと北朝鮮の2回目の首脳会談について、トランプ大統領は「北朝鮮と取引できる可能性はかなり高い」と述べ、自信を示した。

 トランプ大統領は3日に放送されたインタビューで「北朝鮮は経済大国になるチャンスがあるが、核兵器を持っていては無理だ」と指摘。次の米朝首脳会談で非核化の進展に向け、合意できる可能性があると自信を示した。とある。

 先の非核化を目的とした米朝会談では、成果を強調するトランプ氏とは、裏腹に、北朝鮮の非核化は、1mmも進んでいない。そんな状態で、2回目の米朝会談を予定する。その事自体が、民主主義のバカが始まったと言わざるを得ない。

 米朝会談を何回重ねようが、北朝鮮は、核を手放さない。なぜって、専門家が言うように、北の核は、南北統一の為の核だからだ。北が優位に立ったままで、南北を統一する。その時、アメリカに手出しをさせないための核だからだ。

 そもそも人は、嘘を付く。共産党と言う人治国家は、人治だから嘘で出来上がっている。民主主義が猿の惑星と揶揄されるならば、共産党は、嘘の国家と言える。共産党国家と、民主主義国家が話し合えば、騙されるのは、民主主義国家と相場が決まっている様な物だ。

 かと言って、制裁を続けても、制裁破りが横行する。だが、制裁が効果を発揮しているからこその話だ。国連の安全保障会議の報告では、韓国の文政権が制裁破りをしていると報告された。文政政権は、日本の野党と同じだが、社会主義国家を目指す政権だ。レーダー照射問題でもそうだが、そう言う政権は、人治だから、嘘が常道だ。制裁を継続すれば、文政権は、やがて変わる。次の政権になれば、韓国の事だ、文氏を国家反逆罪か何かで、逮捕するのだろう。それまで待てばよい。それが出来ないトランプ氏だから、猿の惑星の代表と言う事になる。

 そうした情勢に面して、日本は何を備えるべきなのか。「話し合えば、解決する」なんて無責任な言葉遊びを披露して、遊んでいる場合ではない。備えると言う行動に移す時ではなかろうか。
posted by おやじ at 2019/02/05 07:52
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog