おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2019年9月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2019年9月1日の記事一覧


  どうでも良い
 夕刊フジには、『馬鹿げている韓国「東京五輪ボイコット」 難クセを付けるなら来ない方がいい 日本は歴史認識で媚びず淡々と』と題して、韓国には「東京五輪をボイコットすべきだ」という声がある。そうすれば日本が困るだろうから、無理を言っても通る-と勘違いしているらしい。また、日本にもことなかれ主義でボイコットを恐れる関係者もいるし、逆に安倍晋三首相の失点になると期待している愚かな者もいる。

 しかし、別にどうでもいいことだ。とある。

 更に、「日本は古代にお世話になったので、韓国が兄のような存在」と言うのは、朝鮮総督府が日韓併合を円滑に進めるためのプロパガンダで始まったもので、そんな認識は明治以前にはなかった。と結ぶ。

 記事の内容に従えば、日本の国益を毀損するのは、事なかれ主義と安倍晋三首相の失点になると期待している愚かな者と言う事になる。

 安倍晋三首相の失点になると期待している愚かな者の代表と言えば、立憲民主党の枝野幸男代表かな。立憲民主党に投票した国民も同罪だ。枝野幸男代表は、ラジオ日本の番組で、韓国に苦言を呈した河野太郎外務大臣に対して、辞任要求した訳だ。まさに、彼の頭の中は、安倍晋三首相の失点になると期待しての発言に違いない。

 所が、その発言に対して批判が相次ぐと、『日韓関係を改善しようと思うならば、大臣をお辞めになるしかないですよね』ということを申し上げて、『辞任しろ』とは言っていないと思います」と詭弁を弄する。まさに、愚か者の代表だ。そんな枝野氏を国会に送る国民もまた、同類項と言わざるを得ない。

 次の事なかれ主義は、有るね。日本人には。「チャレンジ精神の得点」と言う事で、以前エッセイを書いた。痴漢を捕まえた話だが、人々は、目の前で起きている犯罪行為に対しても、無関心を装い、見て見ぬふりをする。日本人には、それが自分を守る賢い選択だと考える癖がある。

 別の言い方をすれば、相手の出方を見る。情勢を見極めてから、考える。確かに賢い選択だ。スポーツの世界でも、それではないかと思われる行動が見受けられる気がする。例えば、柔道だ。本当は十分に練習も積み強いのだが、自分から積極的に仕掛ける事をしない。結果は、格下の相手に負ける事になる。ボクシングも然りだ。相手が何発か打つと、切り返しでパンチを出す。これでは、実力に大きな差が無ければ、なかなか勝てない。

 今起きている日韓問題に関して、心の中では、韓国は怪しからんと思いつつも、黙して語らず。それをさせているのが、事なかれ主義だ。目の前で、韓国が日韓請求権協定を守らないにも関わらず、怪しからんと言う事をしない。目の前で起きている事は、文大統領が国際法を破る犯罪ではないか。「チャレンジ精神の得点」ではないが、痴漢を目撃する人々と言う立場だ。こうした事が、日本の国益を毀損している。
posted by おやじ at 2019/09/01 07:51
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog