おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2017年8月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


二階氏の忖度

 二階氏の忖度
 時事通信には、『慰安婦合意「国民受け入れぬ」=韓国大統領が二階氏に―来月の首脳会談に期待』と題して、訪韓中の二階俊博自民党幹事長は12日夕、文在寅大統領と青瓦台(大統領府)で会談した。

 慰安婦問題に関する日韓合意について、文氏は「国民の中でなかなか受け入れられない情緒があるのは事実。解決には時間が必要だ」とした上で、「日本が韓国国民の情緒を察する努力が重要だ」と指摘した。再交渉には言及しなかった。とある。

 更に記事では、二階氏は慰安婦問題に関し、「歴史問題でいろいろな見方があることは承知している。その中で日韓関係を前向きに進めていきたい」と述べた。韓国側の説明によると、文氏は「歴史問題は知恵を絞って解決し、他の問題は別途、発展させなければならない」との姿勢を示した。ともある。

 文在寅大統領が、慰安婦問題に言及した背景には、これを蒸し返し、得点を稼ぎたいと言う思いが背後に有ると思われる。それに対して、中国、韓国の2か国を以て、世界と表現する二階氏は、それに応えるかの様に「歴史問題でいろいろな見方があることは承知している。」とし、さらに、「その中で日韓関係を前向きに進めていきたい。」と述べた訳だ。

 つまり、来月の首脳会談に期待とある事から、再交渉を約束したとも受け取れる。来月の首脳会談にその話題を出しなさい、私は、地ならしをするからと言うサービスの為に、訪韓したとも受け取れる。

 二階氏とはどんな人物なのか。記憶に新しいのは、中国大好きの二階幹事長は、総務会長の時、3000人を連れて中国詣をした事でも中国を如何に大事に思っているかが、窺い知れる。まさに、中国、韓国の為に何かをする政治家だ。

 東シナ海の日中中間線でのガス田開発問題では、麻生外務大臣が中華人民共和国によるガス田開発強行に断固対応する姿勢を示すと、この「日本の対応に“こそ”問題がある」、「強硬に対応するなら勝手にやればいい」と述べたと、「国民が知らない反日の実態、二階俊博の正体」にそう書かれている。典型的なチャイナスクールの政治家だ。日本の国益より、中国を優先する政治家だ。ネットを検索すれば、

 「ガス田を中国に献上しようとする」

 東シナ海の日中中間線でのガス田開発問題では、麻生外務大臣が中華人民共和国によるガス田開発強行に断固対応する姿勢を示すと、この「日本の対応に“こそ”問題がある」、「強硬に対応するなら勝手にやればいい」と述べた。とか、

 「江沢民の銅像を建てようとする」

 和歌山県田辺市の新庄総合公園に、江沢民の揮毫と講話を中国語で刻んだ

 「日中国交正常化30周年記念碑」 

  建立計画が中止に追い込まれた。

  2月21日の県議会での一般質問に答えて、木村良樹和歌山県知事は「計画は白紙に戻す」と表明した。

  計画は地元選出の二階俊博衆院議員が計画し、
 「日中友好交流推進協議会」を県と市に作って建立資金を集めていたが、  同協議会は解散、集めた資金は返納されることになった。こんな内容が、山の様に出て来る。

 ネットで調べれば、その実態が浮かび上がる。ずばり、中国や韓国の為に、日本の国益をへこます政治家としての実態がそこに有った。
posted by おやじ at 2017/06/13 05:51

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=2382

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog