おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2017年8月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


外交の逆効果

  外交の逆効果
 Record Chinaには、『安倍首相の韓国外交は逆効果、日韓関係改善は困難—香港紙』と題して、2017年6月15日、香港紙・東方日報によると、自民党の二階俊博幹事長が訪韓し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談した。冷え込む日韓関係の改善を図る狙いだが、今後も多くの困難がつきまとうと予想される。

 朴槿恵(パク・クネ)前大統領の在任後半の日韓関係は蜜月期と言えるもので、慰安婦問題で合意が得られるなど、安倍外交にとっては一大勝利となった。しかし、新たに大統領となった文在寅氏は選挙中、合意の見直しを明言。日韓外交そのものを見直すことを意味している。

 合意撤回など、文政権が大きく方向転換することへの懸念から、安倍首相は二階幹事長を360人からなる特使団とともに韓国に派遣。しかし、経済的な利益で協調を誘う試みは逆効果となり、文大統領から「国民の大多数が心情的に慰安婦合意を受け入れられないのが現実だ」と言い放たれる結果となってしまった。とある。

 日本が何かをしようとすれば、中国と韓国が反対をする。戦後の常だ。そうした反対を、中韓が大好きで、中国と韓国の2か国を以て世界と表現する政治家がいる。自民党の二階幹事長もその一人だ。その一人と言うよりは、その先頭だ。その二階氏が、韓国に渡り、文政権の御用聞きとして日本の政権に注文を付ける。売国的行為と言っても良い。

 こうした外交を、記事では、香港紙・東方日報が「日本の計画は空振りに終わってしまったと記事は伝えている」と紹介した。

 戦後70年を経過して、血みどろの戦いをしたアメリカとは、友好関係を築いた。所が、戦争もしていない韓国とは、未だにぎくしゃくしている。韓国は、日本と戦争をしていないのに、戦勝国と言ったり、反日政策を掲げ、それに基づいて勝手に歴史をねつ造する。竹島周辺では、日本を仮想敵国として、軍事演習会を行う。数ある世界の国々で、中国、韓国、それに北朝鮮の3か国が、日本を敵視し、外交が上手く行っていない。と同時に、この3か国を以って世界と表現する政治家が、日本にはいる。

 結論から言えば、こうした政治家が居るから、外交が上手く行かない。太陽政策は、相手を選ぶ。韓国が北朝鮮に対して、太陽政策を示せば、その資金で北朝鮮は、核開発を進めた。日韓併合時代、日本国民の血税で韓国を近代化すれば、感謝どころか、しっぺ返しを食らう。戦後のスワップ協定も然りだ。中国に払った、ODA6兆円も然りだ。

 今回、二階氏が何を手土産に韓国に渡ったか、記事ではうかがい知れぬが、結果は、慰安婦問題の蒸し返しを持ち帰った。そんな事を重ねているから、戦後70年も経っても、隣国なのに、真の友好関係が築けていない。

 国民が選挙で政治家を選ぶときは、チャイナスクールの政治家や、日本に有って、ミンス党などと揶揄される民進党を選ばなければ、日本の外交は、改善するのではないか。売国奴の様な彼らを選ばなければ、日本の国益は、保たれるのではないか。そろそろ、歴史がそれを証明しそうだ。
posted by おやじ at 2017/06/17 06:29

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=2386

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog