おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2017年12月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


ロシア外務省

  ロシア外務省
 JIJI.COMには、『北朝鮮のテロ支援国家再指定、世界的な「大惨事」招く恐れ ロシア』と題して、ロシア外務省は23日、米国が北朝鮮をテロ支援国家に再指定したことについて、朝鮮半島情勢を世界的な「大惨事」にエスカレートさせかねない「PR戦略」と批判した。とある。

 予想通りと言えば、良いのか、想定の範囲内と言えば良いのか、早速にロシアが懸念を表明する。中国が制裁を強化すれば、ロシアが穴埋めをする口実の為と考えればよい。それを知っている中国は、制裁には本気で取り組まない。結果として、北朝鮮への制裁は、効かない。

 ロシアも中国も、民進の心で動く一過性の民主主義とは違い、長期スパンで考える。トランプ大統領の任期は4年だが、すでにそれを割っている。中間選挙で失敗すれば、アメリカは、外交で力を失う。それを見据えての、時間稼ぎが中国、ロシア、北朝鮮で始まっている。そう見るべきだろう。

 朝鮮と言う国は、民族と言えば良いのかも知れないが、北も南もバランス外交を根っこに持つ。彼らのバランス外交とは、アメリカ、中国、それのロシアを加え、娼婦の如く、パトロンにくっついたり離れたり、そう言う立場に自国を置く。

 韓国は、二枚舌政権の文大統領がアメリカと中国の間で、国の安全保障と言う大事を天秤に掛ける。北朝鮮は、中国とロシアから利益を模索する。ただ北は、安全保障に関して、バランス外交ではなくて、核が有れば守られると核抑止力を過信している感が有る。そこがある意味立派と言えば立派だが、今国際問題になっている。

 こうして膠着状態が続き、時間が経てば、北朝鮮は、ミサイルも、核も、潜水艦も使える兵器として完成度を増す。韓国は、それを受けて、核武装に走る。朝鮮半島情勢は、そこまで進むかも知れない。

 日本を取り囲む国々が核武装を終え、核を背景に力の外交を展開する。困るのは日本だ。娼婦のごときしたたかなバランス外交もできず、かと言って、教条的な国内の反対運動で核武装もできないだろう。そうした連中は、アンチアメリカ感情や、アンチ安倍感情を持って、森友だ、なんだで騒いでも、北の核に対して、さほど関心もない。これが今の野党政治だ。騒ぐマスコミ、騙される国民の構図が、それに拍車をかける。

 北は、核を手放さない。韓国もやがて核武装する。或いは、北を主軸に朝鮮半島が実質的に統一されるかも知れない。反日日本人を内部に抱える日本は、反日政策を掲げる国々に囲まれて、将来は、経済も、外交も、厳し立場に置かれるかも知れない。
posted by おやじ at 2017/11/25 07:44

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=2546

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog