おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2018年4月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


毒ガスの使用

 毒ガスの使用
 JIJI.COMには、『米、シリア決議案採決要請=ロシアと交渉難航も―国連安保理』と題して、シリアの首都ダマスカス近郊、東グータ地区ドゥーマで化学兵器が使用された疑惑を受け、米国は国連安全保障理事会で、独立調査団を新設する決議案を10日午後3時(日本時間11日午前4時)に採決するよう要請した。

 安保理は決議案の調整を続けているが、ロシアは「一部に受け入れられない要素がある」(ネベンジャ国連大使)と決議案を批判。同国が拒否権を行使する可能性があり、採決に至るかは予断を許さない。とある。

 航空機を使って、化学兵器を投下できるのは、アサド政権か、ロシアのどちらかと限定できる。そんな地域で化学兵器が使われた。可能性を考えると、アサド政権が、化学兵器を使った事は、おそらく事実なのだろう。使えば国連を巻き込む騒ぎになる。そこで使うに当たって、事前にロシアに通告していた可能性も否定できない。安保理で何かの決議が出れば、ロシアが拒否権を行使してくれる。アサド政権には、そうした思惑が働いての化学兵器使用とも考えられる。

 こうした事態に、アメリカが乗り出すのか、国連の場での避難で終わるのか、今後の動向が注目されるところだ。アメリカが乗り出せば、アメリカと言えど、同時に2か所での戦闘は難しい。北朝鮮問題での戦闘行為の可能性は薄れる。

 ロシアがアサド政権の毒ガス使用を黙認した裏には、そうした思惑が有ったのかも知れない。これも国家間の外交と捉えれば、9条が有れば、平和だなんて、根っこの無い花瓶に刺したお花の、お花畑理論は、国際社内では通じない。
posted by おやじ at 2018/04/11 06:52

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=2677

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog