おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2018年8月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


核開発報告

  核開発報告
 REUTERSには、『北の核開発報告、トランプ政権に義務付け 米議員が法案提出』と題して、米下院の共和・民主党議員は6日、北朝鮮の非核化を巡る進展の「基準」設定に向けて、核開発プログラムに関する詳細な報告書の提出をトランプ政権に義務付ける法案を提出した。ロイターが公表前の法案を確認した。

 米朝首脳会談の開催を来週に控え、議員の間ではトランプ大統領が合意を急ぐあまりに過度に譲歩する可能性があることが懸念されている。

 同法案は下院外交委員会メンバーのエンゲル議員(民主党)や国土安全保障委員会のマッコール委員長(共和党)らが提出。

 法案成立後60日以内に、北朝鮮の核開発プログラムの状況を巡る報告書の提出をトランプ政権義務付ける。報告書には核兵器や弾道ミサイルの配置場所および研究・開発・製造施設の所在地を盛り込む必要があるほか、180日ごとに報告書の情報を更新するよう求める。とある。

 トランプ政権が中間選挙を意識してか、北朝鮮との合意を具体的検証もせず、急いでいる様子は、ニュースで伝わっている通りだと思う。中身のない拙速な合意で、終わってしまう懸念は、日本ばかりでなく、米国国内からも上がっている事に少し安堵する。

 法案の中身は、核兵器や弾道ミサイルの配置場所および研究・開発・製造施設の所在地を求めている。逆に言えば、トランプ政権が合意しようとしている内容には、これらが無かったと言う事になる。まさに、北朝鮮が、形容詞、副詞を沢山盛り込み、適当な作文をすれば、それで満足だと言う内容だったのだろう。

 法案は、議会に通るのか、通らないのか、それはこれからだ。だが、共和党のマッコール委員長からも出ている事から、大統領と言えど、無視はできない。

 法案が通り、こうした報告書が義務付けられたとしても、そこには、検証作業がない。北朝鮮がうその報告をまとめても、現実の検証作業がなければ、やはりただの作文だ。法案が通っても日本としてみれば、満足できるものではないだろう。

 安倍首相とトランプ氏がCVID求めていた時には、北朝鮮の非核化への青写真が頭に有ったはずだ。それが、明らかに変わった。その背景に何かあるはずだ。それが中間選挙と言う期限だとは思われない。クリントン政権やオバマ政権が、中国の裏金で骨抜きになった如く、同じような事が起きていないとは限らない。

 アメリカ議会もまた、中国の裏金に汚れた議員がいる事は、日本にチャイナスクールが居て、中国の為に働くのと変わりはない。中国の影をしっかり見定める事が、世界の安全保障にとって、平和を実現する確かな物となるだろう。
posted by おやじ at 2018/06/07 07:02

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=2732

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog