おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2018年10月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


遺骨の返還

  遺骨の返還
 日テレNEWS24には、『トランプ氏が正恩氏を高評価「約束守った」』と題して、北朝鮮が朝鮮戦争で死亡したアメリカ兵の遺骨を返還したことを受け、トランプ大統領は27日、金正恩委員長が「約束を守った」と高く評価した。とある。

 一方で、残る遺骨を交渉カードにとのニュースの流れている。トランプ氏が、ことさら、高く評価とは、選挙を意識した時、非核化を始めない北朝鮮に対して、遺骨返還以外に褒める箇所が無いからとも言える。

 そんなトランプ氏の立場を読んだ北朝鮮が、残る遺骨を交渉カードの使う。まあ、猿の惑星で人気投票で選ばれた大統領と、命がけの権力闘争で伸し上がったトップとの、脳みその差が、こんな所にも出てしまうのかと、民主主義の限界を感じるね。

 遺骨と言えば、日本が拉致された家族を返せと言えば、北朝鮮はすでに死んだと答え、その遺骨を返還した。所が、DNA検査をしてみれば、それは、他人の遺骨で、単なるカモフラージュだった。アメリカは、そんな細かい事はどうでも良いのか、DNA検査まではしていない様だ。

 大量の国民が死ぬ北朝鮮では、人の骨は腐るほどある。適当に送れとなっても、アメリカは、高く評価で終わるのかと思えば、記事には、北朝鮮の遺骨調査のため、アメリカ軍の派遣を検討しているともある。アメリカは、トップが危うくとも、事務方は、しっかりしているんだね。

 その点、日本はどうかと言えば、返還された遺骨のDNA検査を外部業者を使って行ったが、日本人を派遣して調査させろとは言わない。日本の事務方は、官僚社会主義と揶揄され、世界で最も重い税を国民に課しながら、それに見合う働きは、無さそうだ。自国の安全保障も他力本願だが、拉致被害者の事も、所詮、他力本願の様だ。

 直接、人気投票で代表を選ぶ民主主義ではなくて、選挙で選ばれた議員の中から互選で代表を選ぶ、そんなフィルターを重ねた民主主義の方が、代表の脳みその質は良くなる。そんな気がする。ただし、官僚社会主義は、民主主義では無いからね、いただけない。
posted by おやじ at 2018/07/29 06:36

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=2781

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog