おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2019年2月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


マクロンの野望

 マクロンの野望
 毎日新聞には、『ゴーン被告「退場後」にらみ 日産とルノー駆け引き激化』と題して、日産自動車と仏自動車大手ルノーが、両社のトップに君臨したカルロス・ゴーン被告(64)の「退場後」をにらみ、「駆け引き」を活発化させている。ルノーの筆頭株主である仏政府が、日産を経営統合させる意向を日本政府に伝えたことについて、ルメール経済・財務相は20日、「(経営統合は)俎上(そじょう)に載っていない」と否定し、日産に配慮する姿勢をみせた。一方、仏政府の統合構想に対し、日産は反発を強めている。とある。

 経済が専門のはずが、経済で失敗をしているマクロン大統領は、何としても日産が欲しい。そもそも、経緯を辿れば、日産のゴーン問題は、マクロンが作った様な物だ。そのダメ大統領が、ここで、目立つ何かの成果をと言う事なのだろう。一企業の話に政治を持ち込む。

 これに対して、日本側は、甘ちゃんで、数々の交渉事では、譲歩が大好きなのか、無関心なのか、世耕経済相があたるようだ。だが、本人は、民間企業の事なのでと、何もしない積りか、過去の譲歩の歴史をなぞるつもりか、方向すら見えない。これでは、日産を取られてしまう。取られれば、経営効率は低下し、競争に負ける事になるのだろう。

 今の日産が好調なのは、日産ノートが好調だからだ。配当も良い、5%を超える。配当性向を見ても、それでも無理はしていない。しばらくは、大丈夫でも、ルノーがしゃしゃり出れば、それも怪しくなる。怪しくなれば、資金調達が難しくなる。難しくなれば、フランス国民の税金を投入する事になるのだろう。マクロンの経済は、また失敗する事になるのだろう。

 ここまでは、誰でも考え得る話だ。ここから先が未知数だ。そんな日産に代わってか、スバルが注目される。配当も、5.6%と良い。リスクを抱える日産か、スバルか、悩ましい所だ。
posted by おやじ at 2019/01/22 07:06

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=2919

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog