おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2019年6月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


ドメイン利権

  ドメイン利権
 ITmediaNEWSには、『「ラブライブ!」サイト乗っ取りの手口 “10連休”に危険潜む?』と題して、 4月5日未明に、人気アニメ「ラブライブ!」シリーズの公式サイトが何者かに乗っ取られた。同サイトのURLからページを開くと、「我々の方法は、移管オファーを行い元所有者が移管オファーを承認しただけだった」という文言が確認できた(5日午後3時時点でページは開けなくなっている)。とある。

 記事の中程には、『汎用JPドメインの扱い 10日以内に返事しないと……』と中間見出しが、記事の内容をよく表している。つまり、「ドメイン移管」と言う制度をJPRSが作った。JPRSと言えば、天下りを連想させる。彼らが、新しい収入源としてこんな制度を考えたんだろうね。

 ドメインを欲しい側が、「ほしい旨」を申請する。その申請に対して、登録業者が、そのドメインを持っている側に確認をする。その返事が10日以内に無ければ、勝手に移管手続きをしてしまうと言う。そんな事が出来てしまうのだから、全く持って怪しからん話だ。それがいやなら、金を払えと言う訳だ。そうしたメールが、私の所に、毎日のように来る。表題は、『【要確認】ご登録情報を至急ご確認ください』とある。

 つまりだ、直ぐに金を払わないと、オタクのドメインを売り飛ばしますよと脅されているのも同然だ。売り飛ばされるのが嫌なら、『登録情報に対する保護設定』と称して、金を払えとなる訳だ。官僚社会主義の利権を絵に描いたような、姑息な構造で金を集める。これが日本だ。

 メールには、『本日、人気アニメ「ラブライブ!」の公式サイトが何者かによって乗っ取られる事案が発生し、各種ニュースにて取り上げられています。』などと、いけ、シャーシャーと書かれている。

 ある日、来るのかな。毎日、山の様に来る広告メールにまぎれて、その確認メールとやらが。今日も、中古ドメインと称して、沢山のドメインが売りに出されている。こうして、「ラブライブ!」サイト乗っ取り事件は、所有者の意思に反して、乗っ取られたと言う事なのか。
posted by おやじ at 2019/04/06 07:40

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=2973

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog