おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


中国国防白書

  中国国防白書
写真は、尖閣を日本の領土と認めた中国の外交文章 

 JIJI.COMには、『海兵隊増強、尖閣に高まる脅威=上陸作戦能力向上-中国国防白書』と題して、24日に公表された中国の国防白書は、上陸作戦を担当する海軍陸戦隊(海兵隊)が3大艦隊と同等に格上げされたことを初めて明記した。中国軍は沖縄県・尖閣諸島への上陸作戦を視野に入れ、陸戦隊を増強しているとみられている。白書は台湾に対する「武力行使」に言及し、尖閣や南シナ海を「中国固有の領土」と改めて強調。陸戦隊の増強は、日本を含む周辺国への脅威となりそうだ。とある。

 まずもって、明確にしておこう。 尖閣諸島は、間違いなく日本固有の領土だ。それを、1970年代、尖閣諸島沖に1000兆円とされる石油資源が埋蔵されている事が分かると、中国は、いきなり領有権を主張し始めた。

 1970年中国自身が発行した中国の地図には、尖閣は日本の領土と書いてある。にも拘らず、日本の排他的経済水域を無視して、資源探査を行い、日本の領海を侵犯し、公船を出し、尖閣周辺に石油や天然ガス掘削の為のやぐらを建設する。完全なる国際法違反だ。

 2016年の時事ドットコムの記事には、、『中国外交文書に「尖閣諸島」=日本名明記、「琉球の一部」と認識』と題して、沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐり中国政府が1950年、「尖閣諸島」という日本名を明記した上で、琉球(沖縄)に含まれるとの認識を示す外交文書を作成していたことが27日分かった。時事通信が文書原文のコピーを入手した。中国共産党・政府が当時、尖閣諸島を中国の領土と主張せず、「琉球の一部」と認識していたことを示す中国政府の文書が発見されていた。

 尖閣諸島を「台湾の一部」と一貫して主張してきたとする中国政府の立場と矛盾することになる。

 中国自身の資料でも、尖閣諸島は日本だったではないか。

 中国がこんなことを言い出すのは、日本に住む売国人とでも言おうか、そうした連中が居るからだ。日本のやる事に中国と韓国が反対をすれば、その2か国を以て世界が反対をしていると言って来た連中だ。民主党、社民党、立憲民主党、挙げれば切りが無いが、一つに括れば、日本の野党と言う事になる。

 例えば、立憲民主党だ。立憲民主党と言えば、護憲と叫ぶだけではない。日本を守る自衛隊も不要だと言うのだから驚きだ。その代表格が、辻元議員かな。韓国人から献金を受けながら、説明責任すら果たさない。これでは、レーダー照射問題では、事実を認めようとせず、韓国の代弁者となるのは、当然と言えばそうかも知れない。

 辻元清美氏が関連する事件は、実に多い。東日本大震災当時、トモダチ作戦と称して、アメリカ軍が物資を輸送しようとすれば、首相補佐官などと言う肩書きで、着陸許可を出さなかった事でも知られる。仕方なく、アメリカ軍は、ホバリングと言って、着陸せずに物資を現地に投下すると言う方法で対応した。

 嘘八百と言う諺が有るが、「言いたいこと八百」とでも言おうか、辻元清美氏は言論の自由を振り回す。だが、フジテレビの朝の番組での事だ。辻元清美氏の民主党政権時代には、政権から報道に対して、圧力が度々あった事が暴露された。政権に付いているときは、言論統制をしていた訳だ。で、辻元清美氏は、言論統制反対を振り回す矛盾ぶり。それが怖くて、テレビは、彼らの代弁者になるのか。

 残念なのは、2つ。そんな辻元氏を好意的に報道するテレビ。それに騙される有権者。だから、議員でいられる訳だ。そう言う人は、こうした事実を事実として知る事なく、低俗テレビに囲まれて、一生を終えるのだろうかね。

 そうそう、その時中国は何をしていたか。 国の安全保障面では、中国が盛んに日本の尖閣諸島沖に出没し、日本の領海を侵犯する。そればかりか、東日本大震災が日本を襲うと、その隙を狙って、中国は尖閣に上陸を試みる為、なんと軍の出動準備を進めていた。マスコミに対する圧力が有ったのか、日本で何故か報道されなかった、事実だ。

 それに対して、アメリカ軍は、最大限の警戒態勢に入った。ヒッカム基地に展開しているC17輸送部隊は、緊急体制を取るように命令が下り、ステルス戦闘爆撃機F22は、出動態勢を整えた。グアムの基地も、沖縄の嘉手納も同様だ。海軍では、第7艦隊の「ブルーリッジ」が、出動態勢に入る。

 「友達作戦」と称して、福島に展開した部隊とは別に、程なく日本に到着したアメリカ軍は、尖閣諸島周辺に展開した。日本の上空には、無人偵察機や偵察衛星が中国上空にも配置された。民主党の菅総理が、自衛隊全員を福島に集結させたため、日本は、中国に対して、丸裸状態だった。尖閣に上陸を試みる中国に対して、にらみ合いが始まる。マスコミでは報道されなかった、もう一つの事実だ。この情報は、NHK特派員であった、日高レポートの内容だ。
posted by おやじ at 2019/07/25 06:15

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=3074

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog