おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2019年8月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


中国人スパイ

  中国人スパイ
 JIJI.COMには、『正体は「中国政府のスパイ」=共産党の腐敗告発の実業家-米紙報道』と題して、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は22日、中国共産党最高指導部の腐敗を告発して米国に逃亡中の中国人実業家、郭文貴氏について「中国政府のスパイ」だという疑惑が浮上していると報じた。郭氏と契約上の問題をめぐり係争中の米調査会社の主張として伝えた。とある。

 記事では、「郭氏は本人が言うような反体制派ではなく、反体制派を追う中国のスパイだ」と主張されている。つまり、2重スパイと言うやつだな。郭氏は、トランプ米大統領の側近だったバノン前首席戦略官・上級顧問ら対中強硬派の支援を受けているともある。

 この記事関しての読者からのツーイートには、「スパイ防止法のない日本が心配だ。中国スパイと呑気に仲良くする国会・地方議員,企業関係者も居そうだが,程よく利用されるだろうな。」ともある。

 記事をまとめると、郭氏は中国政府の2重スパイで、米国に協力する中国人の名前を中国政府に伝える役割をしている。そうした事を知らずに、トランプ米大統領の側近だったバノン前首席戦略官・上級顧問ら対中強硬派が支援をしていた。と言う内容になる。

 日本でのスパイ活動と聞いて、思い出すのは、民主党政権だ。民主党の反対でスパイ防止法が作れない日本では、機密書類が勝手に持ち出される様だ。以前の時事通信の記事に、『中国元書記官を起訴猶予=外登証の不正取得事件―東京地検』、 外国人登録証を不正取得したとして、外国人登録法違反(虚偽申請)と公正証書原本不実記載・同行使容疑で書類送検された在日中国大使館の李春光・元1等書記官(45)について、東京地検は5日、起訴猶予処分とした。地検は「外交特権を有する時の行為であり、既に離任し帰国しているため」と説明している。とあった。

 この人物は、確か、中国のスパイだったよね。中国人民解放軍総参謀部の出身とされ、玄葉元外相の松下政経塾当時のご学友と言う肩書きだ。それが、日本の農水機密に関する書類を所持していた人物だ。警視庁の調べでそれが解っている。それを渡したのは、民主党になって、協議会の代表以上が目に出来る機密書類である。互いに面識もあり、渡したと疑われるが、当の本人は、そんな事は無いと言っている。鹿野道彦農水相と筒井信隆農水副大臣という現職の農水省最高幹部2人が手に出来る書類だ。不思議だ。書類が、念力でコピーされると言っている様だ。

 当時の民主党幹部は、そんな書類は知らないと言う。警察に逮捕されるも、それでは、起訴猶予となり、書類を持って中国に帰された。警視庁の調べでは、この中国人スパイ、親中団体に「研究員」と称し、更なるスパイを送り込むことも画策していたとあった。表向きは、建築家だったり、ビジネスマンだったり、色々なのだろう。だが、中身はスパイだ。その更なるスパイを送り込んだ一人が、こうした事件を起こす。

 その農水関係では、民主党時代、山田農水大臣は、TPPに反対し、彼らの先頭に立ち、中国と食料のFTPを急きょ進めた。反対の理由に、食糧安保を掲げ、現在の自給率40%を堅持せよと言っていた。

 TPPと言えば、日本では、野党を中心に反対運動が激しかった。今は、鳴りを潜めているのか、くすぶっているのか分からぬが、日本の国益になる事は、すべて反対する連中だ。一つ、一つ挙げれば切りが無いが、TPPは、アメリカの為で、日本の為ではない。だから反対だとキャンペーンを繰り広げた。そのアメリカが、TPPに参加しないのだから、論理矛盾と言うか、適当な嘘もいい加減にしろと言いたくなる。

 反日と言えば、TPP関連法案を巡り、立憲民主党などが茂木敏充経済再生担当相に対する不信任決議案を提出した事を思い出す。立憲の辻元清美国対委員長などが、ごちゃごちゃ言っている様だった。テレビは、彼女のまるで代弁者だった。

 辻元清美国対委員長と言えば、東日本大震災では、トモダチ作戦と称して、アメリカ軍が物資を輸送しようとすれば、首相補佐官などと言う肩書きで、着陸許可を出さなかった事でも知られる。仕方なく、アメリカ軍は、ホバリングと言って、着陸せずに物資を現地に投下すると言う方法で対応した。

 また、辻元清美氏は、自衛隊不要論でも知られ、東日本大震災では、首相補佐官などと言う肩書きで公費を使い被災地に出向き、「自衛隊が配った食料は食べるな」と言い、回収したとされる。辻元清美氏が関連する事件は、実に多い。

 「言いたいこと八百」とでも言おうか、辻元清美氏は言論の自由を振り回す。だが、フジテレビの朝の番組での事だ。辻元清美氏の民主党政権時代には、政権から報道に対して、圧力が度々あった事が暴露された。で、辻元清美氏は、言論統制を振り回す矛盾ぶり。それが怖くて、テレビは、彼らの代弁者だったなのかも知れない。

 TPPを推進する側は、TPPを国際法を守らぬ中国に対して、自由貿易を守る経済圏の構築だとしている。で、結果としてアメリカが入らない事実は、辻元清美氏の「言いたいこと八百」に嘘が入っている事になる。その辻元清美氏が、TPP関連法案で、茂木敏充経済再生担当相に対して不信任決議案を提出した訳だ。いったい誰のために、それは、中国か。

 東日本大震災の時、辻元清美氏が、アメリカ軍に着陸許可を出さなかった話や、自衛隊不要論を振り回し、「自衛隊が配った食料は食べるな」と言い、回収したと言われる。その時、中国は何をしていたか。

 国の安全保障面では、中国が盛んに日本の尖閣諸島沖に出没し、日本の領海を侵犯する。そればかりか、東日本大震災が日本を襲うと、その隙を狙って、中国は尖閣に上陸を試みる為、なんと軍の出動準備を進めていた。マスコミに対する圧力が有ったのか、日本で何故か報道されなかった、事実だ。辻元清美氏の民主党政権時代には、政権から報道に対して、圧力が度々あった事が暴露された。それかも。

 それに対して、アメリカ軍は、最大限の警戒態勢に入った。ヒッカム基地に展開しているC17輸送部隊は、緊急体制を取るように命令が下り、ステルス戦闘爆撃機F22は、出動態勢を整えた。グアムの基地も、沖縄の嘉手納も同様だ。海軍では、第7艦隊の「ブルーリッジ」が、出動態勢に入る。

 「友達作戦」と称して、福島に展開した部隊とは別に、程なく日本に到着したアメリカ軍は、尖閣諸島周辺に展開した。日本の上空には、無人偵察機や偵察衛星が中国上空にも配置された。民主党の菅総理が、自衛隊全員を福島に集結させたため、日本は、中国に対して、丸裸状態だった。尖閣に上陸を試みる中国に対して、にらみ合いが始まる。マスコミでは報道されなかった、もう一つの事実だ。

 あの時米軍がいなかったら、日本は、中国によって、チベットの様にされていたかも知れない。それが現実だ。この話は、NHK特派員であった日高氏の日高レポートからだ。

 野党の議員に、自分がスパイに操られていると言う自覚は無いのだろう。だが、裏では中国のスパイによる影響が強いと言える。不勉強の野党に情報を提供し、野党は、彼らの意のままに動く。こうした事件を挙げれば、多すぎて書き切れない。野党議員にその自覚が無くとも、やっている事を評価すれば、野党議員は、売国人といえる。
posted by おやじ at 2019/08/09 06:40

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=3088

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog