おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2019年11月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


本当の罪

  本当の罪
 東海テレビには、『死刑は回避も…中国で麻薬密輸罪 76歳元市議に『無期懲役』の判決 「知らなかった」と無罪主張』と題して、 中国で覚せい剤を運んだ罪に問われおよそ5年にわたり判決が延期されていた愛知県稲沢市の元市議会議員に無期懲役の判決が言い渡されました。

 元稲沢市議の桜木琢磨被告(76)は2013年、広東省広州市の空港で持っていたスーツケースからおよそ3キロの覚せい剤が見つかり、違法な薬物を運んだ罪で起訴されていました。とある。

 本人は、まあ、政治家として社会主義に憧れていたのか、中国に行く。その帰りだ。覚醒剤を密輸する気など無く、入手すらしていない。それで無罪を主張しているが、裁判が非公開の中国では、そうした真実よりも、このケースをどう扱うのか、そちらが優先される。山崎豊子の取材に基づく小説ではないが、そうした実態が、脳裏を過る。

 事件は、日本に戻る際の税関で発覚したようだ。マリ人からスーツケースを渡され、そこに覚せい剤が仕込まれていた。ノー天気の日本人、海外に出ても、その本質は変わらないと見えて、うかつと言えば、そこが問題だ。

 目を他の記事に向けると、河北新報には、『日本人も香港で逮捕されれば、中国に連行さ…』と言う見出しが目に付く。香港の民主活動家、周庭さんの指摘だ。日本人の政治的無関心。周さんは日本の学生団体との著書で「日本人は普通選挙のシステムに頼りすぎて『自分はこの人を選んだので、後は任せておけばいい。自分は何もしなくていい』と考える」と指摘。民主的な制度があっても、政治に無関心では意味がないと訴える。とある。日本には、日本共産党と言う政党が有る事を忘れてはならない。まさにそんな日本人のノー天気が、不幸を呼ぶ。

 海外旅行などで、長い行列に入り、税関検査を待っていると、荷物をたくさん抱えた人を目にする。明らかに、2つの手と、カートでは運びきれないほどの荷物だ。そんな人に、「申し訳ないが、荷物を一つ預かって貰えないか」と頼まれれば、お人好しの日本人は、ノー天気なその性格から、犯罪に巻き込まれるなどと言う心配を持たない。かくして、このニュースのような事件が起きる。

 事件が日本の地で起きれば、そうした主張は、確認され、無実が確定するかも知れない。だが、場所が中国だ。中国は、言わずと知れた法治国家ではなく、人治国家だ。共産党幹部の意向が、日本人の生死をも握ろうとしている。それが、記事に有る、およそ5年、20回にわたり判決の延期を繰り返すに現れているやに思える。それでも、北大教授の招かれて中国に行ったら、ホテルで拘束された。共産党が関係する事件では、そんな話よりは、マシと言えるのかも知れない。
posted by おやじ at 2019/11/09 07:18

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=3126

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog