おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


赤化政権

  赤化政権
 zakzak by 夕刊フジには、『米高官が韓国叱責!140分間にわたり… GSOMIA破棄撤回、文政権に“最終警告” 米国防長官も訪韓へ』と題して、ドナルド・トランプ米政権が、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権に「猛烈な圧力」をかけている。米国が仲介した日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効期限(23日午前0時)が目前に迫っているからだ。とある。

 記事では、文政権によるGSOMIA破棄決定を覆すには、韓国外務省や国防省の高官ではなく、青瓦台に君臨する「文大統領の側近」を直接説得すべきと判断した。そのターゲットが、金鉉宗(キム・ヒョンジョン)国家安保室第2次長だという。ともある。

 これはちょうど、日本が民主党政権になった時、中国船衝突事件での記憶が蘇る仙石官房長官だ。その時、仙石官房長官の指示で、海上保安官は、①中国魚船が、海上保安官の船めがけて突っ込んで衝突させる場面のビデオと、②逮捕に向った海上保安官に対して、凶器を以って襲い掛かる場面が録画されたとされる。ビデオは、公開を前提に編集されたが、そうした事実とビデオは封印された。

 その後、逮捕された船長は、チャーター機で、英雄の如く中国に迎えられた。その様子は、チャイナスクールの政治家の圧力で「日中記者交換協定」を締結したTV各局から報じられた。「日中記者交換協定」と言えば、中国の都合の悪い報道はしませんと、中国のプロパガンダ放送局と化した協定だとも言われる。

 事実隠蔽の指示を出した民主党の仙石官房長官と言えば、学生時代に共産革命を夢見て、学生運動を指揮した人物だ。民主党と言えば、国家公安委員長にもなった岡崎トミ子議員が、韓国にわざわざ出かけ、公費を使って反日デモに参加した事もある。売国政策と言われる「沖縄ビジョン」も有れば、裏マニュフェストと言われる「政策INDEX」など、売国政策は、山の様に有る。それは、立憲民主党に引き継がれた。

 その当時に似ている。さしずめ、GSOMIA破棄決定の主軸に当たる韓国の金鉉宗国家安保室第2次長が、仙石官房長官かな。脳みそは、真っ赤なのだろう。説得しようと耳から情報を入れても、脳みその色は、そう簡単には変わらない。

 GSOMIA破棄決定を覆すか、覆さないかは、その後の徴用工問題を占う試金石になると言う。韓国にとって、GSOMIA破棄決定を覆す方が、簡単だからだ。それをしないとなれば、根っこまで赤化した文政権は、北朝鮮主導による朝鮮半島の統一に向かうと宣言をしたも同然だとい合われている。核を持ち、反日国家で統一をする。それが、彼らが目指す朝鮮の統一国家だ。

 さすがに、そんな韓国に対して、今の立憲民主党は、表立って、韓国に渡って反日デモに参加する議員は、でない。だが、どうでも良い問題で国会を空転させ、日本の国益を毀損させる取り組みは、今も変わらない。赤化した脳みそのシミは、そう簡単に脱色できる物では無いらしい。
posted by おやじ at 2019/11/10 07:37

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=3127

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog