> 武装監視船は  領海侵犯、その後どうした?
2010年9月
武装監視船は  領海侵犯、その後どうした?
その後、報道がされない、中国の領海侵犯問題。中国は、「漁業監視船」を派遣すると命じたのだが、中国が管理する武装した組織が、日本の領海に入ったのか、現在進行形なのか、報道がない。国民に正常な判断をされては、民主党の大臣、政治家は困るので、情報統制に入ったのだろうか。情報統制? まさかと思うが。

民主党の大臣の経歴をネットで調べると、実に興味深い。今回の尖閣諸島の対応にしても、ある大臣は、海保の要請に対して、渋った挙句、やっと船長逮捕を認めたようだ。この大臣、北朝鮮とも友好と協力関係を築くべきと主張している。だから、竹島の問題も、日韓併合もどんな考えか、ここに書かずとも分かると思う。

中国は、自国の覇権主義に従い他国を侵略するには、次の段階を踏むと言う
1.領有権の主張
2.領海侵犯
3.武装した組織の派遣(日本は、何も言わないから、レベル3に入ろうとしているのか?)
4.実質支配(駐留)

この全共闘大臣(学生時代は全共闘)、小沢前幹事長と仲が悪いらしい。だから、小沢発言の「歴史上も尖閣諸島が中国の領土になったことは一度もない」をどんな思いで、聞いたのだろうかね。民主党は、経済対策もダメなら、外交もダメだね。
NiconicoPHP