> 小沢有利か。。。  小沢有利か。。。
2010年9月
小沢有利か。。。  小沢有利か。。。
小沢vs.菅。 一つの椅子をめぐり2人が討論。国民の側に立てば、小沢が徐々に有利か。 

菅首相: 菅首相は、政治とカネの問題で、小沢を批判する事で立ち位置を有利に展開しようと考えているようだが、自身の得点は、稼げない。雇用、雇用、雇用と3連発して連呼するも、そもそもの、雇用が無いのは、円高に原因が有る。円高対策では、びっくりするほど無能・無策ぶり。官僚の操り人形になっている所も問題だ。要は、何もしない、何も出来ない、ただ見ているだけのアキカン(菅首相)。

小沢: 剛腕と言われるので、実行力は有りそう。問題は、方向が正しいか。間違えば、菅の何も出来ないより、ひどい結果になる。政治と金の説明も、今一。要点は、官僚の改革が本当に出来て、ムダの排除が出来るかに掛かっている。失われた20年、積みあがって900兆円の借金は、官僚政治の結果だから。

現行、日本最大の問題点: 円高でしょう。円高が、産業の空洞化を招き、雇用を無くし、税収をダウンさせている。円安なら、雇用が生まれ、人が足りないので、賃金も上がる。景気が良くなるので、税収も増す。なのに、円高対策が出来ない菅首相は、そもそも首相の資格無しと思われる。

政治と金問題: 小沢は、色で言えば、灰色。無職透明の菅とは、違う。ただ、黒いしみを見つけることが出来なかった。それを以って直ちに有罪のごとく断を下すのは、冤罪事件と同じで、こちらに問題が有りそう。検察審査会でも、市民グループと称する方々が、「市民感情から言って」と言うことで、起訴相当としている。感情で、人を裁くのは、魔女狩り。この方が、よっぽど大問題。それより、国民新党の郵政改革法案で献金を受けている方がよっぽど実害が有り問題。この問題は、材料の一つだが、決め手では無い。
NiconicoPHP