> 米の伝来  米の伝来  <日本から朝鮮へ>
2010年8月
米の伝来  米の伝来  <日本から朝鮮へ>
最近は、遺伝子工学でそのルーツを探ることが可能になった。私たちが毎日食べる米、実は、日本の米が朝鮮半島に伝わったことが判明したそうだ。

日本の稲作開始は陸稲栽培で6700年程度前まで、水稲栽培で3200年程度前まで遡ることが判明している。一方、朝鮮半島では水稲栽培は1500年程度前までしか遡れない点、九州北部と栽培法が酷似していることや遺伝子学的に日本の古代米に満州から入った米の遺伝子が交雑した米が多いことなどから、水稲は日本から朝鮮半島へ、陸稲は満州経由で朝鮮半島へ伝わったことが判明した。とある。

でも、 韓国の学者は学術的見地よりも感情が先に出ており、意地でも朝鮮半島から日本に米が伝わったことにしたい様だ。例の歴史歪曲に似ていますね。


http://tahyuka.hp.infoseek.co.jp/rekiikako8-inasaku.html  <=参照先

NiconicoPHP