> 郵政民営化見直  やばい、郵政民営化見直し法案
2010年6月
郵政民営化見直  やばい、郵政民営化見直し法案
国民新党が国会で成立を目指して、民主党と取り扱いを巡って協議を重ね、選挙後に成立を目指している郵政民営化見直し法案。こっれてどうも凄くやばそうだ。法案が通れば、おそらく為替は、円高にシフトするだろう。株価が下がり、日本からまた、職場が国外に出て行く。円高なのに、有効求人倍率が1を割る。もちろん、日本の国民のためには、廃案が良いと思う。でも、国民のためでないなら、誰のため。。。。まさか、郵政官僚の天下り指定席を作るため?
<2010/6/14>え、郵政改革法案の可決を目指す国民新党側に、全国の郵便局長らが過去3年で総額8億円を越える資金を提供していた。。。。これって、特定の勢力から巨額の資金提供を受け、その勢力の望む政策を実行するのは、露骨な利益誘導ではないか! え! 総務政務官が、郵便局長が中心の団体の代表!? 明らかに、公平性に問題。元郵政改革・金融相は、やり手だね。頭の中に、国民の事をインプットして欲しいね。
NiconicoPHP