> 天下りを容認  天下りを容認。これって良いの?
2010年6月
天下りを容認  天下りを容認。これって良いの?
これって、改革の逆行。確か民主党のマニュフェストには、「天下り根絶」が明記されていたはず。今度の選挙でそれを見直したのかな? 政府が策定中の国家公務員の出向や再就職の指針などを盛り込んだ「国家公務員退職管理基本方針」の全容が21日、明らかになったと。それを閣議決定とある。それによると、「現役の天下り」容認だそうだ。民主党には困ったもんだ。
そう言えば、最近上級公務員ではないが、従来の公務員の天下り先ポストと見られる職種が公募された(ハローワーク)。給与も民間の水準からすると、極めて高い。募集要項を見ると、意欲だとか、どちらかというとアナログ的資格要件が並ぶ。よし、それではと読み進めると、最後に公務員で何々の経験者が望ましいとなっている。つまり、それ以外の人は望ましくないと言う事。しかも、紹介状もいらない。となると、これって特定の人の天下りを国民がうるさいから体裁を繕って公募したんだけどって、言い訳しているって事?

NiconicoPHP