> 北方領土に飛び火  腰抜け外交、北方領土に飛び火?
2010年11月
北方領土に飛び火  腰抜け外交、北方領土に飛び火?
次は、北方領土か。西日本新聞の記事に、“北方領土で「大幅譲歩」の憶測。。。”が掲載されていた様だ。そこに、ロシアのメドベージェフ大統領が、日本の北方領土である国後島に上陸する計画であることが31日、現地消息筋の話で明らかになった。仙石官房長官の腰抜け外交は、北方領土にも飛び火するのか。

そもそも、北方領土の解決が遅れたのは、日中平和友好条約で、「覇権条項」なるものが条約に盛り込まれた事による。条約が締結された1978年、中国は、ソ連と対立をしていた時代。要するに、反ソ同盟の仲間入りだ。これで、北方領土返還は遠のいたと見られた。

所が、最近の中ソの接近。その仮想敵国は、日本と言わんばかりの反日活動。とろい日本がバカと言えば、その通りだが、チャイナ・スクールの官僚、政治家に何故か、反省が無い。憶測によれば、この日本にとって必要の無い「覇権条項」、ハニートラップに引っかかった政治家の譲歩と想像できる。

尖閣問題で何が解決したか? 何も無い。ただ、国際社会に腰抜け振りを披露しただけ。中国から、ヒントを得たロシアは、北方領土で日本の腰抜け振りを試すだろう。民主党、しっかりしてくれ、日本人じゃ無いのか。
NiconicoPHP