> 雰囲気壊した  信頼関係壊した中国
2010年10月
雰囲気壊した  信頼関係壊した中国
温首相との個別会談が、ドタキャンにされたようだ。理由として、中国外務省の胡正躍次官補は同日夜、「日本側が首脳会談の雰囲気を壊した。責任は日本側が完全に負うべきだ」と記者団に述べた。日中首脳会談を拒否する姿勢を示した。この会談を、日本が雰囲気を壊したと言うなら、中国は、信頼関係を壊した。

養老孟司は、著書で「話せばわかる」は大嘘と書いている。その通りだ。日本の領海を侵犯し、海保の船に体当たりし、ネットに流れるうわさでは、海上保安官を海に落とし、モリで突くなどの行為。その後は、手段を選ばぬやくざのようだ。やくざに話して分かるなら、警察は要らぬ。会談がパーなら、それもよし。

経済学でスイッチング・コストと言う考えがある。それが、いわゆる戦争抑止の考えだ。今回は、アメリカによる尖閣は安全保障の範疇と確認されたので、中国の覇権がそこで止まった。日中間で中国が、ちゃんと約束を守る、国際法を守る、その様にするには、9条の改定から始めなければならない。

売国政党と揶揄される民主党が、反日デモに参加した岡崎トモ子国家公安委員長や、腰抜け外交でビデオも開示できぬ仙石官房長官らに、日本の国益を守れるか心配だ。菅総理は、そうした側近の声より、国民の声に耳を傾けて欲しい。ここは、日本人が住む、日本なのだから。
NiconicoPHP