> 仙石内閣  仙石内閣 <判断ミスの汚点>
2010年10月
仙石内閣  仙石内閣 <判断ミスの汚点>
当然の事だが、尖閣の有るべく姿は、「沖縄近海のレアメタル及び、尖閣の石油資源を開発して、現状の日本経済に資する」。これが有るべき姿だ。一方、あってはならない姿は、「中国漁船が日本の領海を侵犯し続け、尖閣の石油開発の進まない」こと。仙石官房長官の采配は、結果として後者の選択のようだ。

衝突事故が起きる前は、福田内閣時、中国と共同開発の契約が生きている。それに対して、中国が契約を理由を付けて、履行しない状態が続いていたようだ。ならば、契約不履行を理由に次のカードは、日本独自の開発を進めても良いはずだった。それと比べれば、明らかに外交的敗北は、あるべき姿おも後退させた。

仙石官房長官。この人は、政権内では切れ者で、頭の良さは、右に出る人は居ないと言われている。その人が、なんと歴史に残るバカな判断をしたものだ。バカでなければ、売国政策と言われる「沖縄ビジョン」や「政策INDEX」を進めたことになる。

尖閣の石油開発も進めることが出来ず、沖縄近海のレアメタルも開発が出来ず、赤字国債を更に上積みし、仕分けショーで言い訳を作り、増税論議を始めるならば、国民にとって、この政府は有害であり、必要なさそうだ。歴史に残る汚点が増えぬうちに、解散して欲しいものだ。
NiconicoPHP