> え!保釈  必要なのは黒幕の罷免 <尖閣問題>
2010年9月
え!保釈  必要なのは黒幕の罷免 <尖閣問題>
今日のニュースにも有ったが、検察に船長の釈放を指示したのは、仙石由人官房長官ではないかと。関係者の話から、検察単独で外交も含めた判断は出来ないと書かれていた。船員と証拠になる船をさっさと返したのも官房長官だし、ビデオの公開も渋っているのも官房長官だ。何れにしろ、外交上の失敗と言わざるを得ない。

まず、やるべきことは、官房長官の罷免ではないか。そうしなければ、真実も出てこない。事の真実を隠して、的を得た対策など立てられるわけが無い。何をしようとしても、足かせになるだろう。リスクを嫌い、誰かの決定を待つ菅首相は、決断が出来ない。外部からの圧力が必要と思う。野党の活躍に期待したい。

一方、レアアースに関しては、通関を一時的に止めるだけでなく、中国は輸出その物を止めるための準備を進めているようだ。代替技術開発や、ベトナムや他国の鉱山開発を急ぐべきだ。チャイナリスク回避の官僚は指導を進めるべきだ。

米国と日本で共通に抱える問題として、中国元に対して高いことだ。米国へ行った際、なぜ協力して元の切り上げを申し入れないのか。経済音痴もいい加減にして、勉強をして欲しい。元が高ければ、中国の輸出と資源の輸入の貿易バランスが保たれ、今回の強行に及ばなかった可能性もある。
NiconicoPHP