> 直球勝負
直球勝負
 
> 直球勝負 > ヒエラルキーの恐怖
ヒエラルキーの恐怖
 企業人としていつも頭にあることがある。業界でNO.1になるには、我々はどうあるべきか。売上げを上げるには我々はどうあってはならないか。今回頂いた「直球勝負」という言葉を通して、この言葉で連想することを書いてみたい。

 まず連想することは、野球だろう。それも強腕の持ち主が想像される。江川卓は、かつて直球ストレートで勝負するピッチャーで名を馳せた。松坂大輔もそうである。そこに共通するのは、力の卓越。もちろん彼らは、変化球も持つバランスの取れたピッチャーであることに間違いはない。これに対して変化球はいわば、業師。相撲でいうならば、技のデパート、舞の海。彼が勝つと何故か嬉しくなるのは、力に対する羨望と潜在的劣等感があるためか。

 先日、社用でメキシコのカンクンに行くチャンスに恵まれた。気候は暖かく、海はきれいに澄み、国際リゾート地にふさわしい土地だ。日本からの観光客も多く、日本の若い女性の姿も多く見かける。だが、メキシコは経済難にあえぐ国で、日本の経済援助が数百万ドル単位で行われている貧しい国だ。ここでは、一般の人々の暮らしは貧しい。ヒエラルキーの頂点に立つほんの一握りの人たちが富の恩恵に浴している。海の資源は豊富だが、観光地ゆえに、人々は釣り船を出せても、漁港は持てない。ある日、友人と魚釣りに出た帰り、彼がシャワーを浴びている隙に洋服を盗まれたことがあった。人々は暮らしのため、盗みを働かなくてはならないほど激しい競争にさらされている。それでもメキシコは国際間の経済競争では負ける。この国を企業に例えるならば、社員は必死に働くが、競合他社に勝ち、優れた売上げを上げている企業には思えない。日本の若い女性に海外旅行ができるのに、ここの人々ができずに生活に窮しているのはなぜか。
 彼らの努力が不足しているのか、日本の若い女性より、彼らの個々の能力や教育や生活のための知識が劣るのか。
どうも私には、そうとは思えない。

 テレビで「小さな留学生」という番組が放映された。中国から来た小学生の話だ。日本語をまったく知らずに来て、日本を学び、再び中国に帰った小学生のドキュメントだ。印象的だったのは、中国では成績の優秀な者が級長となり、特権が与えられる。ヒエラルキーのために努力し、勉強をしている。しかし日本は、学級委員になりたければ手をあげればよいのだ。その違いをその子が中国に帰ったとき、クラスの仲間に話していた。中国は国際間の経済競争では明らかに負けている。企業でいうなれば、企業間の競争で負けているようなものだろう。個々の社員の努力が不足しているためか、個々の能力が競合他社と比べて劣るのか、やはり私にはそうは思えない。どうも考えるに、ある種の特権を持ちヒエラルキーの上に立つ人たちの規制があり、人々は自由な発想で経済活動ができず、結果として国際間の競争の場では劣性を余儀なくされてしまうのではなかろうか。

 ならば、負ける企業のイメージは、組織と言うきっと大きなヒエラルキーがあり、社員は上位職になるために働き、ある種の規制が上司からあり、個々の社員の企業活動における自由な発想が制限されている会社ではなかろうか。
 一方、優れた会社は、組織の中でいろいろなことができ、上司よりは、客や競合会社や協力会社などにまっすぐ立ち向かい、外に対して業績を上げることができる社員が、主役として構成された会社が理想ではないかろうか。
 
> 直球勝負 > チャレンジ精神の得点
チャレンジ精神の得点
 第2段目の「直球勝負」は、内角高め、胸元いっぱい、デッドボールすれすれを放ってみたいと思います。

 「2人の領袖」という理論があるそうです。何かに成功すると6点がもらえ、無事失敗がなければ、2点。たとえ大失敗して損害を与えても寛大な評価ですから、マイナス1点で済むゲームです。1人は、果敢に挑戦を繰り返し、成功報酬の6点にチャレンジします。もう一人は危険を冒さず、失敗をしないようにするため、一切のチャレンジはしません。最終的にどちらの持ち点が大きくなるでしょう......という理論です。結果は、何もしなければ、持ち点は最大になり、チャレンジを繰り返せば、持ち点は減少することになります。これは、報酬を得られる成功の確率が2分の1より小さいためです。
 これをサラリーマンの個人に例えると、いろいろプログラムを持って仕事に果敢にチャレンジするより、堅実に誰でもできる程度のことをやる方が持ち点、すなわち出世の早道だよ、ということになります。いささか、気持ちに何かがよぎるのを感じるのは、私だけでしょうか。

 我が家のことで恐縮ですが、私の家には猫がいます。我が家に来た当初は、何にでもじゃれつき、虫を見つけては食べてしまい、障子は破くし、私に叱られぱなしの悪戯猫でした。ところが最近は、年を取ったせいか猫じゃらし程度では、はしゃぎません。だんだん犬のように呼ぶと来るようになりました。私が帰ると鳴きながら寄ってきて、自分のお尻と背中をこちらに向け、いわゆる従順の姿勢をします。
 彼は、誰が餌の配分を握っているか知っているので、ついお刺身をふんぱつしてしまうほど、なかなか可愛い猫です。そんな我が家の猫も、いわゆる制空権ではありませんが、近所の縞猫に制庭権ならぬ、庭取りに負けてしまいます。年のせいで仕方はないのですが、この辺りは一時、彼の持ち場だったはずです。サラリーマンではありませんが、市場を開拓するためのチャレンジよりは、従順で可愛がられる方がきっとおいしい餌を頂けるのでしょう。しかし、企業としての制庭権ならぬ、マーケットシェアを失うのかも知れません。

 先日、駅で痴漢を目撃しました。正確に言うと、痴漢を捕まえました。夜も11時をだいぶ過ぎた頃でしょうか。歩いている若い女性のスカートの中へ、後ろから来た中年の男性が手を入れるのを目撃しました。女性がその男性を追いかけ捕まえようとしたら、彼は、逆に女性を力いっぱい突き飛ばします。周りには何人か人は居るのですが、皆、知らん顔で通り過ぎます。2度も突き飛ばされながら、さらにその女性は果敢に男性を捕まえようと向かっていきます。その光景を見て、自分でも何故かは分かりませんが、私はやっかいなことにその男性を捕まえる方に廻ってしまいました。痴漢捕り物を見ても終電車に間に合った通行人、痴漢をした男、痴漢をされた女性、それと私、ある意味でそれぞれがチャレンジをした3人と通行人。誰の持ち点が最大でしょうか。

 企業にとってチャレンジは死活に関わるほど大切ですが、個人に帰ると「2人の領袖」の理論が働き、チャレンジには難しさがありそうです。人間は、本能として急な外的変化に遭遇すると取りあえず静観し、様子を見ます。そうすることが賢いと自分に言い聞かせ、バカな誰かが活路を切り開くのを待ちます。活力を失わない企業であり続けるためには、「個人のチャレンジに対して与えられる評価は、彼自身と市場や社会だけが資格を持っている」、ということを理解することではないでしょうか。
 
> 直球勝負 > 企業が勝つための本物とは何か?
企業が勝つための本物とは何か?
 3球目である最後の決め球は、いよいよど真ん中に投げます。

 企業がシェアを広げてゆくためには、企業自身に本物の実力が備わらなければなりません。個人に帰れば、本物とはプロフェッショナリズムを持ち、望む結果を出せることでしょう。仕事を進める手順にPlan、Do、See(あるいはControl)があります。それにCheckを加えたりします。個人がこのサイクルを廻し切れば良いのですが、実際の実務では分化が進み、PlanとDoを担当する人、SeeとCheckを担当する人などがいてさまざまです。Planがなくても、実際に行動しなくても、See(Control)とCheckを担当することは可能です。本物は何かを考えるとき、この辺に現実としての難しさがありそうです。

 太陽電池の実験をしています。JPEA(太陽光発電懇話会)によれば、2010年に設置される太陽電池は、現在のおよそ50倍を越えることになります。成長する膨大な市場だし、この市場で参入できる商品があれば、大きなビジネスを約束されます。しかしながら、なかなかPlanとDoは大変です。温度、電圧で評価を進めたら、電流の評価でなければ意味の無いことが分かりました。自分でオペアンプの回路を設計し、プリント基板を作り直し、データの取り込みのため、マイクロコンピュータのプログラムを変更します。
 夏が終わるまでにと思い実験を進めれば、突然の雨で装置が濡れ、電気で腐食を起こして回路が切れるなど事故を起こします。それでも何とか、データが採れました。次はSeeとCheckです。夏の間にROI(発明登録申請)を書こうとすると、他薦自薦で発明者にいろいろな方の名前が挙がってくるのには驚きました。これが、わが社の新しい文化・体質なのでしょうか。結果として発明者を譲ることはやめ、断固私がなることにしました。

 昼休みに、普段の運動不足を解消するため、本社を出て外を散歩しています。本社から5分ほど歩いた所に建設中の場所があります。これから家を建てるのでしょう。場所は道路に面しています。ところが、壊される前の建物が思い出せません。散歩で以前に見ていたはずです。どんな建物がどんな風に建っていたのでしょうか。ふと分からなくなります。人に例えれば、ビジネスの基礎を築き、活躍して今日を作った一角の人でも、次のステージに移行すれば、やがて忘れてしまいます。建物は建っている間は、存在感があり役に立ったのでしょう。
 ところで、建物は誰が作ったことになるのでしょうか。大工さんですか。施主さんですか。ゼネコンですか。ビジネスも同様です。基礎は誰が築いたことになるのでしょう。多分、初めに計画を立てて、実行に移した人ではないでしょうか。

 何かあったときに、「話し合えばわかる」などとよく聞きます。テレビ討論の番組で、17歳の少年問題について民主党の若い女性議員が、問題を起こす生徒と先生の間でよく話し合うことが必要だと説いていました。司会者が教育専門家に意見を求めると、彼は「この問題は、話し合いでは解決しません。話し合いは、相手に支配(Control)を求める行為だからです」と言ったことが、私には印象的でした。新進気鋭の女性議員に多くの時間を割いてしまいましたので、それを言った教育専門家からは、ならば、どうすれば良いかを聞くチャンスがありませんでした。
 教育を考えるとき、私には良くしゃべる議員さんより、彼の方が本物だと感じられました。多様化が求められるなかで、企業がシェアを伸ばすためには、これからの人材は、声の大きさや調子の良いパフォーマンスでリーダーシップを取ってゆくTV時代から、IT革命を迎える時代では、企画(Plan)と行動(Do)ができ、そして結果が出せる本物志向に移行することが必要ではないでしょうか。
 
NiconicoPHP