おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2012年10月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2012年10月12日の記事一覧


 田中法相
 
産経新聞には、『自民・安倍総裁 「院としての対応考える」 田中法相の問責提出も』、自民党の安倍晋三総裁は11日の記者会見で、外国人からの献金や暴力団幹部との交際疑惑が報じられている田中慶秋法相・拉致問題担当相について「法相は法の番人だ。基本のところが分かっていないということであれば、院としてどう対応していくかということを考えなければいけない」と述べ、参院での問責決議案提出を検討する考えを表明した。とある。

 田中慶秋法相と聞いて、「この人は、誰なの?」が、始めの感想だ。「外国人からの献金」、しかも中国、これって、チャイナスクールの田中真紀子を入閣させた野田総理のお門違いの配慮? 

 この人は、検察に“圧力”をかけた過去があるそうだ。1999年、三浦市が発注した下水道工事の汚職事件で、三浦市議が斡旋収賄で逮捕された際、横浜地検の捜査担当幹部に手心を加えるよう要請したことが発覚し、問題となった。そんな人が、法相だとしたら、野田首相の任命責任は、看破できない。

 尖閣問題での対応の失敗、国連での不手際、今は、何もしない無策無能ぶり。そして、人事のこの不手際。そもそも、野田首相の能力そのものに問題が、あるのだろう。

 韓国に出かけ、公費を使って反日デモに参加した岡崎トミ子を国家公安委員長に据える民主党だ。維新の会と同じく、ろくな人材が居ないのか。売国政党と言われる看板どおりの政党なのか、はたまたその両方なのか、どちらにしろ、政権の座にあっては、ならない政党だ。

posted by おやじ at 2012/10/12 06:55
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog