おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2012年12月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2012年12月26日の記事一覧


 愛国有罪
 予定では、26日の今日から安倍内閣が発足する。日本テレビ系のニュースでは、『自公連立政権、26日発足へ 両党が合意』とある。まあ、この内容なら、前から分かっている話した。記事は、 自民党・安倍総裁と公明党・山口代表は25日午後、会談し、26日に連立政権を発足させることで正式に合意した。

  自民・公明両党が合意した連立政権の文書では、景気・経済対策について「大型の補正予算と来年度予算を連動して編成・成立させ、景気対策に万全を期す」「物価目標2%を設定し、大胆な金融緩和を断行することによりデフレからの脱却を図る」などとしている。

 一方、公明党が選挙公約で「原発ゼロ」を掲げていた原発・エネルギー政策では、省エネや再生可能エネルギーの加速的な導入などで「可能な限り原発依存度を減らす」との表現にとどまった。

 また、憲法に関しては「憲法審査会の審議を促進し、憲法改正に向けた国民的な議論を深める」との表現となっている。

 自公で、方向が違う原発政策と憲法改正は、玉虫色の表現に留めたとしている訳だ。だが、この二つ、玉虫色で済む話ではない。

 例えば、原発政策に関して、新規建設も、内容によっては認めるとする自民党と、ゼロの公明党では、まるで方向が違う。論理的には、安全と言う条件の下、新規建設も認めるとするのが、理性的だ。問題は、どんな安全条件なんだ。原子力村の反省は、どうなった。そもそも、福島の事故に関して、十分な解析が出来ていないではないか。

 それらをどう進めるのだ。明確になっていない。全体を玉虫色で包み、これらをないがしろにして良い話ではない。

 一方の、公明党の原発ゼロは、感情的にはそうだろうの範囲だ。だか、感情で飯は食えない。馬鹿でなければ、分かる。それに、原発で発電をしようがしまいが、核燃料は、持ったままだ。その扱いに触れず、安全は担保できない。子供だましも好い加減にしろとなる。

 憲法改正も、必要だろう。中国が、尖閣諸島沖の1000兆円の石油資源を略奪したくて領海、領空を侵犯する。その中国は、歴史を紐解けば、国境に接する国々とは、ことごとく武力紛争を起こしている国だ。尖閣上陸をやがて試み、その時は、武力を行使するだろう。領海を侵犯し、領空を侵犯する中国に対して、危害を加えれば、日本の国内法で逮捕されるパイロット、これでは、国は守れない。憲法改正の元、法の整備が必要だ。

 これら大事な2つを、公明党が、足を引っ張る事にならなければ、良いが。票が欲しいのと、日本を危機の淵に追いやるのと、天秤に掛ける様なことは、止めて欲しいものだ。有権者も、論理で考える事が苦手な者もいるが、彼らは、詐欺に引っかかるのと同じで、取り返しの付かない事態は、望まないはずだ。

 中国は、愛国無罪。日本は、売国無罪では、日本を彼らから守れない。

posted by おやじ at 2012/12/26 07:21
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog