おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2020年7月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


中国、南シナへ

 中国、南シナへ
 中華思想を背景に、中国の覇権主義が、本格化している。読売新聞には、『中国空母、南シナ海へ初の遠洋航行…緊迫化必至』と題して、中国国営新華社通信などによると、中国初の空母「遼寧」号が26日午前、山東省・青島の基地を出航し、訓練のため南シナ海に向かった。

 昨年9月の就役以来、渤海や黄海を越えて南シナ海まで遠洋航行するのは初めて。

 習近平政権は、沖縄県・尖閣諸島を含む東シナ海に防空識別圏を設定し、中国の指示に従わない航空機には武力行使も辞さない方針を示したばかり。南シナ海の防空識別圏についても、「適切な時期に発表する」(秦剛・中国外務省報道局長)としている。東シナ海と南シナ海で、制海権・制空権を確保しようという習政権の動きは、日本だけでなく、南シナ海の領有権を争うベトナムやフィリピンとの関係も緊迫化させるのは必至だ。とある。

 中国のそうした脅威からアジアの平和を守るには、中国の経済成長を止める事が大事だ。中国の経済成長は、日本の産業技術をコピーする事で達成された。チャイナスクールの官僚や政治家のかじ取りによって、媚中反米勢力と結託し、日本の産業技術を有る時は、合法に、あるいは違法に持ち出す事によって、今日の産業が形造られた。

 従って、出来上がった産業成果物は、日本と競合する物が多い。そうした製品を作るための部品産業が日本国内に残っている間に、ASEAN各国と協力をして、産業を立ち上げるべきだ。覇権主義と言う侵略思想を持つ中国に、経済的な力を与えてはならぬ。それが、アジアの平和を維持するための方法となる。

 中国の物作りがASEAN各国にシフトすれば、中国の経済成長は止まる。止めれば、それまで世界の市場で競争を余儀なくされ、苦戦してきた日本の製品は、息を吹き返すだろう。それが国家戦略だ。

 問題が有るとすれば、日本に巣食う売国奴とその協力者だ。彼らは、中国との経済的なつながりを強調するだろう。だが、それは日本からの持ち出しに他ならない。端的に言えば、対中貿易は、赤字だ。部品を売って、かつて日本の産業だった製品を買うからだ。売国奴による日本の産業技術の持ち出しが、日本を苦戦に強いる、そうした現状がある。

 中国の成長が止まれば、軍拡の予算は、削減される。もっと良い事は、0.4%の幹部が、富の70%を所有する共産主義国家が、経済的困難を迎えれば、民主革命だって起きるかも知れない。中国が民主主義国となれば、アジアの平和は、より安定的な物となる。世界の歴史を見れば、民主主義国同士は、戦争をした事が無いからだ。

posted by おやじ at 2013/11/28 07:28

トラックバックURL
http://ohayou.jp:8080/blog/tb.php?id=1110

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog