おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2020年7月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


菅官房長官

 菅官房長官
 毎日新聞に因れば、『<防空識別圏>菅官房長官「自衛隊の航空機も従来通り飛行」』と題して、菅義偉(すが・よしひで)官房長官は28日の記者会見で、中国が設定した防空識別圏内を自衛隊の航空機が従来通り飛行していることを明らかにした。政府関係者によると、自衛隊機に対する中国軍機による緊急発進(スクランブル)は確認されていない。

 菅氏は「中国による防空識別圏の発表後も、同空域を含む東シナ海において従来通りの警戒、監視活動を実施している」と表明。そのうえで「中国への配慮のために、これを変更するつもりはない」と述べた。

 菅氏の表明は、米軍が爆撃機を同識別圏内で飛行させたことを明らかにしたことに続き、日本としても一方的な防空識別圏設定を容認しない姿勢を中国側に明確に示す意図がある。

 中国が23日に設定を発表した防空識別圏には、沖縄県・尖閣諸島の上空が含まれているが、尖閣諸島周辺空域では、海上自衛隊の哨戒機(P3C)、航空自衛隊の早期警戒機(E2C)などが連日飛行している。

 防衛省幹部は「訓練や実任務で必ず飛行する空域だ。中国の識別圏の有無にかかわらず、通常通り飛行するだけだ」と語った。

 中国国防省は28日、自衛隊機の飛行を把握しているとの談話を発表したが、「識別圏内全部を監視する能力があるかは疑わしい」(防衛省幹部)との指摘もある。

 日本の防空識別圏は、戦後、米軍が線引きしたものを1969年にほぼそのまま引き継いだ。北方領土や竹島は圏外で必ずしも領土や領空とは一致していないが、尖閣諸島は当初から含まれていた。とある。

 官房長官の独り言の様な談話で、「求める」発言から、記者会見で「変更する積りはない」と一歩進んだ感が有る。だが、米軍と編隊飛行をするなど、あえて、ふざけるなと中国に示すような、行動はとらない様だ。

 中国の次の行動は、無人機か、何かを持って、領空侵犯すれすれを飛行するだろう。当然にして、日本はスクランブルを掛ける。その時、不測の事態をどちらが恐れるかのロシアンルーレットが始まる。万が一、接触など事故が起きた場合、米軍をバックに持つ日本に対しての報復は有りえない。口では、身勝手な理屈を並べ、吠えるだろうが、それを理由に手を出せないと言うのが、現実だろう。

 日本の自衛隊の中には、挑発する中国に対して、挑発に乗る隊員も有るやも知れない。中国も同様だ。偶発的事故は、当然にして、起こりうる話だ。それが起こる時は、日本の防空識別圏内で起こる。国際社会は、それをどう受け止めるか。当然にして、非難を受けるのは、中国と言う事になる。

 ふざけた中国、これを機にガンガンやってられば、良いんだ。遠慮する事などない。何かあっても、損をするのは、侵略を目論む中国だと言う事をこの際きっちり教えてやれ。

posted by おやじ at 2013/11/29 07:03

トラックバックURL
http://ohayou.jp:8080/blog/tb.php?id=1111

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog