おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2020年7月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


中国の意図

 中国の意図
 J-CASTニュースには、『中国、日本国債大量売りの意図 3割減は「有事」への準備なのか』と題して、中国が日本国債の保有を減らしている。

   中国は、リーマン・ショック後の世界的な景気低迷や欧州の債務危機に伴う「超円高」のときに日本国債の残高を増やし、海外で最も多く日本国債を保有する国になった。ところが、2013年12月末にはおよそ14兆3000億円と、前年に比べて3割も減らしていた。とある。

記事では、その考えられる理由として、

①中国が日本国債を減らしたことは間違いないようで、中国が日本国債を「売り」に転じた要因の一つとみられるのが、12年秋からの円安だ。として、円安による国債の価値の目減りを嫌ったと考える。

②あるいは、尖閣諸島や歴史認識をめぐる問題があるとみている。日中両国が激しく対立しているのに、「虎の子の外貨準備で日本の借金を穴埋めするなんてとんでもない、といった批判が起こるのを恐れている」と指摘。「日本と軍事的にぶつかった場合に備えているとの説もある」とも報じている。

③また、考えられる売却理由は「単純に日本国債の先行きに不安を持っているから」ということになりそうだ。日本の財政不安から、長期金利が上昇して国債価格が暴落する可能性が高まっていると判断すれば、今のうちに少しずつでも減らしてリスクを分散しておこうという動きは理解できる。

④、「海外に振り向けていた資金を国内に振り向けることで、景気浮揚につなげていくことは考えられます」と推察する。
   中国は不動産市況の悪化に苦しんでいる。それが金融市場に飛び火すれば、経済不安が一気に広がるおそれがある。

などの理由を掲げている。

 実態は、まさに4つの内の一つではなくて、4つが理由と考えられなくもない。特に注目すべきは、日本との有事の備えだ。

 読売新聞には、『中国国家主席、国境警備隊に「鉄壁の警備」指示』と題して、中国共産党機関紙・人民日報によると、習近平(シージンピン)国家主席は27日、北京で開かれた陸海の国境警備隊責任者の全国会議で演説し、日本などを念頭に「領土と主権、海洋権益を断固として守り抜き、鉄壁の警備隊を築き上げよ」と指示した。ともある。

 0.4%の幹部が、富の70%を所有する中国。中国共産党の幹部が、蓄財を継続し今の支配体制を維持するには、成長経済を維持する事が絶対条件となる。成長がなければ、残る99.6%の国民に富が回らない。成長の為には、資金と資源が必要だ。その資金は、日本国債を売る事で調達出来る。資源は、尖閣諸島沖に埋蔵されている1000兆円と言われる石油資源を日本から略奪する事によって、得る事が出来る。習近平国家主席の指示は、まさにその準備をせよと言う事に他ならない。

 戦争は、起きる物ではない。戦争は起こす物だ。中国は、偶発を装って、戦争を仕掛ける気でいる。となると、日本国内の売国奴とその協力者を擁して、その下準備も怠らないはずだ。

 日本と中国の軍備の差は、質においては有利なものの、物量に有っては10倍の開きがあるとされる。それを考慮に入れれば、中国の略奪から、自国を守るには、日本1国では、防ぎようがない。その意味で集団的自衛権は、必要だ。そこにくさびを入れるのが、中国にとって最も望ましい狙い所となる。

 そうした中国の要請に応えるためか、公明党の山口委員長は、わざわざ中国に出かけ、「尖閣棚上げ論」をぶち上げる。「棚上げ」とは、中国の希望に沿って、日本固有の領土である尖閣を、日本人の手の届かない棚の上にあげなると言っている事になる。中国さん、どうぞと。これは、売国だろう。その公明党は、当然にして集団的自衛権には、反対だ。与党に有りながら、国の安全を考える協議を引き伸ばし、内容を無力化する。可能であれば、時間切れおも視野に入れ、未だに閣議決定する事すら出来ない状態を作っている。

 衝突は、起きる物ではない。起こす物だ。例えそれが、偶発を装ってもだ。そんな偶発を日本から仕掛ける訳が無い。日本には、その必要が無い。だが、中国にはその動機が有る。必要性が有る。公明党にはそれを支える思想が有る。

 ウクライナの例でも分かるが、国内に隣国に心を寄せる集団が居れば、国の安全は脅かされる。国民は、日本の安全を守り抜くために公明党の売国などと言う勝手を許すな。
posted by おやじ at 2014/06/29 07:07

トラックバックURL
http://ohayou.jp:8080/blog/tb.php?id=1321

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog