おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2020年7月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


喝采のウソ

 喝采のウソ
 サーチナには、『「満場の喝采」はウソ!? 習主席の国連演説、実際の会場は「空席だらけ」だった=香港メディア』と題して、 香港メディア・蘋果日報は28日、中国の習近平国家主席が26日に国連サミットで演説し、大規模な途上国支援を発表したことに対して「実際の会場はガラガラだったのに、中国政府系メディアが『満場からの熱烈な喝采』などと“ホラを吹いている”」と報じた。

 記事は、訪米中だった習近平主席が「世界的な指導者」というイメージを打ち立てるべく、米国との外交活動終了後にワシントンからニューヨークへと移動して154カ国の政府首脳が参加する国連サミットで演説を行ったと説明。これに対して「中国内地の市民が見た報道は『皇帝の御成り』といった色彩にあふれ、CCTVや新華社、中国新聞社などの大手メディアがこぞって『数度にわたり熱烈な拍手と歓声』、『今回のサミットで最大の喝采』などと必死に誇張した」と伝えた。

 その一方で、習主席の演説に対して一部在米華人からは冷や水を浴びせられたとし、元大陸メディア関係者という経歴を持つニューヨーク在住の活動家・北風氏が「少なくとも半数が空席」という、習主席演説時の会議場の様子を撮影した画像をネット上に掲載したと紹介。また、約10分間の演説を紹介したCCTVの映像についても習主席のアップ以外に「中国代表団とアフリカの某国代表団しか写さなかった」としたほか、演説時には少なくとも3分の2は空席で、以前フランシスコ・ローマ法王が同じ場所で演説したさいの満席の状況には程遠く「両者のコントラストは、中国政府に気まずい思いをさせた」と解説した。とある。

 米国の国会での演説を断られ、やむなく、国連サミットで演説をする事で、体面を保とうとした訳だ。所が、現実は、ガラガラで、誰も落ち目の中国に興味を示さない。中国の報道機関だけが、偏向報道に徹したと言う話だ。

 米国で演説などせずに、日本に来て演説をすれば、媚中派や親中派、それにチャイナスクールの連中が、こぞって盛り上げてくれただろうに、分かってないね。

 とは言っても、世界の変わり身の早さと言おうか、日本はその辺のところを見る必要がある。これが意味するところは、外国資本が、中国から引き上げるぞと言うサインに他ならない。ぐずぐずしていると、とんでもない事になるぞと言う警告でもある。

 中国のバブルは、シャドウバンキングで出来ている。シャドウバンキングとは、銀行でない金貸しだ。闇金と言った方が分かり易い。彼らの顧客は、銀行の融資では審査が通らない内容の怪しい地方政府であり、個人でもある。胴元は、なんと、軍が持つ金と言われている。

 そこに本気でメスを入れれば、バブルは崩壊する。そこで、中国が取った措置は、シャドウバンキングを銀行として許可した。ただし、条件として、共産党の配下に入ればと言う事だ。これが意味するところは、共産党が軍を抱え込むことを意味する。軍が今の共産党を生んだが、解放軍とはそう言う意味だ。党より軍が上だと思っている。そうやって生まれた共産党が、親の軍を抱え込んだことになる。それが成功したんだろうね、だから習近平氏は、先の抗日70周年記念の軍事パレードに望めた訳だ。

 だが、裏のシャドウバンキングを表の銀行と看板を変えても、バブルの本質は何ら変わっていない。金利の高いシャドウバンキングから金を借りれば、返済がやがて来る。返済できなければ、焦げ付き、それが増えれば、崩壊する。

 所がだ、なぜか焦げ付かない。条件をのんだシャドウバンキングには、身元が良く分からない金持ちが居て、金を工面してくれるそうだ。しかも刷りたてのお札でね。こんな救済策がいつまで続けられるのか分らないが、お札を大量にすれば、インフレになる。何年もの間、ほとんど1%程度で済んでいたインフレが、ここに来て2%台になった。軟着陸できるのか、バブルがパンと割れてしまうのか、共産党のかじ取りに全てが掛かっている。こうした情報は、中国のシャドウバンキングを解説した本に書いてある。

 情報統制と、何でもできる権限があれば、中国国内のバブルは、壊さずに、もしかしたら、軟着陸できるかもしれない。だが、外国資本が引き揚げれられれば、経済成長は、望めない。それが、今の中国が置かれた立ち位置ではないかな。

 次は、中国から日本への、日本のハイテク技術を狙って、接近が開始されるのでは、ないかな。日中友好とか、戦略的互恵関係とか、新聞をにぎわすようになるのではないか。互恵と言ったって、日本は、人物金を出したが、中国は何をしてくれた。それを中国では、互恵と言うのか。外務省のページを見ると、未だにODAと称して、中国にものすごい額の金銭的無償援助をしている。媚中派や親中派、それにチャイナスクールが中心になって継続している。私に言わせれば、バカと言うか、国民がちゃんとその辺をチェックしないとね。
posted by おやじ at 2015/09/29 06:46

トラックバックURL
http://ohayou.jp:8080/blog/tb.php?id=1772

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog