おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2020年7月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


脱安全原発

 脱安全原発
 脱原発が、どうやらマスコミが選んだ選挙の争点の様だ。だが、大間違い、日本を悪い方向に導くぞ。

 原子力の燃料になるウランの流れをおさらいしよう。ウラン鉱の採鉱・精錬は、鉱脈を持たない日本は、していない。この工程での公害、核汚染は、心配はない。出来たウランは、ウラン濃縮事業と燃料加工事業を経て、原子炉で使われる燃料になる。使った燃料も燃料再処理工程を経て、再利用可能部分と、低レベル放射性廃棄物に分けられる。

 この低レベル放射線廃棄物の処理方法は、埋めるだけだが、適当な場所が無く困っている。

 今ここで、政治が強制的に脱原発を進めたとする。理屈じゃないんだ、やなんだと。すると、新たな問題が出てくる。既に大量に持った使用済み燃料は、どうするんだ。燃料再処理工程を経ていない物は、高レベル放射線を出し続けるぞ。まとめれば、そこで福島の惨事を再現する。どうするんだ。

 脱原発を進めようが、進めまいが、日本にある大量の放射性物質は、存在したままだ。最もまずいのは、脱原発を掲げ、その扱いを疎かにする事ではないのか。その意味では、青森県の六ヶ所村再処理工場も稼動させねばならない。ウラン燃料を減らすには、原子炉の運転か、再処理を進め、海外への燃料の売却しかない。そこが抜けたマスコミは、脱原発をあおり、国民を危険にさらす気か。

 となると、今必要なのは、利権構造の絡まない正しい安全管理の基準の制定ではないか。民主党が政治判断で再稼動を許可したのは、以ての外。今も正しい安全管理の基準を論じないまま、マスコミに踊らされたポピュリズム政治は、脱原発を掲げる。おまけに、その政党を作ろうとまで、はしゃぐ。

 科学的常識は、人の思いや、政策では変えられない。当たり前の事だ。だが、核燃料に関して、それを忘れていないか。マスコミの担当者は、文系か。科学的常識は、政治では変えられない。脱原発騒ぎで、安全基準つくりが、おろそかになるのが、もっともまずい選択ではないか。

posted by おやじ at 2012/11/28 07:10

トラックバックURL
http://ohayou.jp:8080/blog/tb.php?id=744

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog