記事の個別表示(修正可)
タイトル  IT人材不足
本文  
  IT人材不足
 AI!ニュースには、『<IT人材不足が深刻化> 10年後、78.9万人不足に?!』と題して、IT人材不足に関して、経済産業省は2016年6月に27年度調査研究レポートとして、IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果を取りまとめた。

 経済産業省によると、「IT人材(IT企業とユーザー企業の情報システム部門に所属する人材の合計)は現在91.9万人なのに対し、17.1万人が不足している」と推計。

 2019年以降は労働人口が減少する一方で、IT需要の拡大傾向が続くため、人材ギャップが更に悪化するという。

 そして、このままIT市場が高率で成長した場合、約10年後の2030年にはIT人材の不足数は78.9万人にのぼると予想している。とある。

 更に、共同研究の結果、今後10~20年以内に「日本の労働人口の約49%が、技術的にはAIなどで代替可能になる」という。

 また、この共同研究で日本はアメリカよりも「AIやロボットで代替できる仕事をしている人が多い」事実も明らかになった。ともある。

 まあ、言われている事は、そうだろうなと単純に同意できそうだ。まず、AIやロボットで代替できる仕事が多いと言う部分だが、かつて熟練工の溶接が、今では、ロボット溶接が主流だ。かと言って、人が行う溶接が無くなった訳ではない。人がやる仕事が少なくなり、溶接技術を持っていれば食える時代ではなくなった。同様な事が、さらに拡大する。

 そう考えれば、何もAIだからと言わずに、そもそも、そう言う事だと言う事なのだろう。

 AIに代替される職業が何か、一覧表で示されているが、そうした時代に向かうには、当然にしてAI技術者が不足する。AI技術者ってどんなスキルを持った人かと言えば、1.Webのスキルを持った技術者。2.IoTのスキルを持った技術者。3.IT業界で実践的で、先端のビジネススキルだそうだ。そこには、共通してプログラミングと言うスキルが根底にあるように思う。

 プログラミングと来れば、どの言語と言う事になる。器用な人は、いくつもの言語を操るが、人間の頭は、そうした事に向いていない様だ。Web一つに関しても、表示には、HTML+CSSと言う言語だが、それを操るには、PHPだ、何だで、いくつもの言語が存在する。PHPが堪能だからと言って、現状のIoT技術者が使うプログラミング言語とは、まるで違う。

 そうした混とんとした中で、Microsoftは、一貫して独自の戦略を展開しているように見える。大きく分けて、ビルゲイツが始めたBASICと別の所から派生したC言語によるプログラミング戦略だ。今のBASICは、C#と言われる言語とも共通性がある。どちらを選択しても、変わりはないと言う事だ。

 Microsoftは、それを、言語名に Express を追加して無料で配布している。こうした言語に慣れれば、Webでは、ASP.NETと言うやり方で技術者として活躍できるだろうし、IoTでは、ハードウエアを操る言語として使えるし、コンピュータを操る言語として、IT業界で活躍できることも然りだろう。PHPだ、なんだカンダも、普通に考えれば、やがて、Microsoftの戦略に従って収束して行く気がする。

 所が、Googleにも戦略が有る。IT業界に君臨する企業には、それぞれの戦略が有る。個々の人は、Microsoft程には、賢くはない。個々の企業が言うがままに、その方向に歩んでしまう。問題は、その数だね。数がこれからの歴史を決めるからね。
...101102103104105106107108109110...